カテゴリ:
C1D6AC64-6B3C-44C7-B36C-1255C904D891

(膝の上で大あくびのまるちゃん)

先週、タヌキ猫まるちゃんが体調を崩して嘔吐を繰り返すようになりました。
ビビり猫で、獣医さんに連れて行くと暴れまわって大騒ぎになります。
いつもお世話になっている獣医さんは事情をご存知なので、電話で状況を説明し、とりあえず薬を処方していただき様子を見ることにしました。
もう14歳になりますので、かなり心配したのですが、大好物のアジを焼いてやり、薬を挟んで食べさせて一週間、すっかり元気になりました。
いまは調子に乗って夜遊び復活です。

薬をいただきに獣医さんに行ったときに言われたこと。
「猫のためにもコロナには注意してくださいね。
一人の人間が感染すると家族内に広がります。
そうすると家の中の人間が次々と入院や隔離されます。
その間、家に残された猫を世話する人がいなくなって、人間だけじゃなくて猫も大変なことになるんです。」

言われてみれば、その通りです。
人間のことばかり考えていましたが、家族の一員であるまるちゃんだけにして、食べるものも飲み水も入れてやる人間がいなくなります。

猫からコロナが伝染するとかいう話題はあっても、残された猫や犬たちをどうするかまでのことは一切話には出てきていませんでした。

げんちゃんの終末治療のときも、ストレスを強めるだけだから無理に連れてこないで、最後は家族で見守ってあげてくださいと言っていただいた獣医さん。
今回も的確なアドバイスをいただきました。