その他ヨーロッパ旅行

June 06, 2009

オーストリアを越えてドイツ・Lindauへ。

ドイツ3晴れた連休の2日目。

朝起きてからどこ行こうね〜
と話す。

スイス人に勧められたドイツのLindau(リンダウ)に決定!

 

 


 

ドイツ2

 

オーストリア・スイスに国境をまたがるドイツ最大の湖、
ボーデン湖に浮かぶリゾート地だ

 

リゾート地らしく
灯台のそばには各国の国旗がはためている。日本の日の丸も
ありましたよ〜

 

 

 

 

 

ドイツ5
城壁に囲まれた
古い建物が残るドイツらしい町並み。

ドイツ久し振りなので妙に懐かしい

 

 


 

ドイツ6

 

旧市庁舎

1422年から1436年にかけて建てられたという歴史ある建物。

壁面にはフレスコ画。

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ4

 

 

今はバラがキレイな時期。

街のいたるところに
美しいバラが咲いていた。

 

 

 

 

 

 


 

ドイツ

 

せっかくドイツに来たので
本場のシュパーゲルをランチにいただく

美味しかったあ〜

 

 


 

ドイツ1
湖をみながらのんびりとランチ。

 

ルツェルンからリンダウまでは車で2時間強。

湖自体は、ルツェルンの湖の方がきれいだけどたまには違う湖もよかったわ


一日一回、ぽちっ!と応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓
人気BLOGランキング
       「スイス情報」にも参加中。あわせてぽちっ!とお願いします。
                                   ↓↓↓↓↓↓
いつも応援ありがとうございます



gutentag555 at 00:00|PermalinkComments(4)

September 02, 2007

核シェルター

ツークスイスの1971年以降建てられた建物には
核シェルター」の設置が義務づけられている。

私がみたアパートの地下にもほとんどすべてに
核シェルターがあった。

通常は、ケラーとして使っているが、
自家発電もついている本格的なもの。

入り口の扉は、日銀の金庫か!?(見たことないけど)
っていうくらいごつい。厚さも30cmぐらいありそうだった。

 

ツーク1人口に対しての設置率は100%といわれている。

永世中立国だけに危機意識はすごい。
徴兵制もある。

美しい国」というのは、国家がしっかりしていてこそ
実現できるものよね。

核シェルター、他の国でもけっこうな設置率になっている。
日本は1%にも満たないらしい。
日本も検討した方がよいのでは??

 

一日一回、左側の「ドイツ情報」と「人気blogランキング」ポチッ!
と応援よろしくお願いします。



gutentag555 at 05:17|PermalinkComments(0)

September 01, 2007

ルツェルン音楽祭の魅力

音楽祭ルツェルンの音楽祭は現在一年で3回開催されている。
イースター音楽祭、夏の音楽祭、秋のピアノ音楽祭

音楽祭が行われるコンサートホールは、
Kuitur-und kongresszentrum Luzern
略して、KKL(カーカーエル)と呼ばれている。


音楽祭1このホールは、フランス人の建築家ジャン・ヌーベル
が建築したもので、とてもモダンなつくりになっている。

 

 

音楽祭2テラスから、湖を見渡す景色は最高!

幕間、シャンパン片手に眺めれば
気分はさらに盛り上がります。

 


(とっても混雑するので、早めにあがって
場所を確保しょましょう。)

さて、肝心のコンサートは、言うまでもなく素晴らしかった。
中は写真撮影禁止なので写真はないけど4階のバルコニー席でも
充分楽しめた。

私達が今回聴いたのは、ボストン交響楽団の演奏。
指揮は、J・レヴァイン
演目は、
1.オペラ・青ひげ公の城
2.ブラームス「交響曲第一番」

オペラは演奏会形式なので動きがなくややつまらなかった、、、
ブラームスは、最高!!!感動しました
拍手も止みならず、アンコール一曲が追加された。
あー、また是非聴きに行きたい。

オシャレをしてコンサートに行く。
夏の楽しみの一つになりそう。
すっかり涼しい秋のドイツ。そろそろNeuerWein(新ワイン)の季節。
街でたくさん売られ始めましたね〜飲もう☆
一日一回、左側上の「ドイツ情報」と「人気blogランキング」ポチッ!
と応援よろしくお願いします!



gutentag555 at 00:51|PermalinkComments(6)

August 31, 2007

通いたくなるアウトレット

アウトレットルツェルンから車で2時間弱。
イタリアとの国境近くの街Mendrisioにある
FoxTownアウトレットに行ってきた。

スイスは、地域によって言葉が異なる。
ルツェルンはドイツ語圏
車でイタリア方面に向かって走っていると
途中から標識がドイツ語からイタリア語に変わった。
同じ国なのにおもしろい。

ほとんどの人が英語を話すので我々外国人が
ドイツ語、イタリア語、フランス語を駆使する必要はない。
(スイスの人って3ヶ国語ぐらい普通にしゃべれるの。
すごい!!!)

さてさて、このアウトレットかなり良い。
まず日曜日営業しているのが素敵。(スイスもドイツ同様日曜日はお休み)
そして、入っているブランドの多さが魅力的。
GUCCI,PRADA,Missoni,Dior,Armani,D&Gなどなど。
普通のアウトレットにはないものがあるのが魅力的。
もちろん他にもたくさんのお店が入ってる。
イタリアに行けば、ファクトリーアウトレットがあるけど
スイス国内でこれだけ揃えば充分☆

私は、今回はアルマーニの黒のトップスと、ミッソーニのマフラーを
ゲットしてきたアウトレット価格でも高いけどさらにSaleになってたの。
ラッキー

アルマーニの品揃えは充実していて、特に靴は良いのがたくさん!
欲しかったけど、サイズがなくて断念してしまったけど、、、、
これから何回も通いそう!!

明日はルツェルン音楽祭の詳細をお届けします。
それはそれは素晴らしかったあ〜
左側上の「ドイツ情報」と「人気blogランキング」ポチッ!
と応援よろしくお願いします。



gutentag555 at 00:48|PermalinkComments(0)

August 30, 2007

なんて素敵なスイス

カペル橋カペル橋2

 

 

 

 

カペル橋1マンハイムから車で3時間30ほどで、
スイス中部のルツェルンに着く。

土日は共に天気がよく、スイスの夏を満喫
することができた。

今回は、とある目的のためにいったので、
月・火・水は大忙し。週末の土日だけで少し観光。

こちらは、カペル橋

 


1333年に完成した木造橋ではヨーロッパ最古の橋。
1993年に焼失し、現在の橋は翌年に再建されたもの。

花に囲まれ、湖にかかるとても素敵な橋だ。遠くに山々も見える。

ルツェルン

ルツェルン1

 

 

 

 


 

 

車で行く方に情報。
1.スイスでは絶対に速度を守りましょう。
いたるところにカメラが。罰金はおそろしい額になるでしょう。
2.信号のない横断歩道では、歩く人が
常に優先。必ず止まりましょう。

スイスはとっても物価が高い
北欧よりも高いと思う。
日本から見たら単純に倍。

それでも素晴らしい景色に、優しいスイス人。
訪れる価値あり!です。
街からほんの少し車で走っただけで、カウベルが聞こえてくる。
国際色あふれる洗練された街と山景色が一体となった不思議な国。
かなりかなりお気に入りになりました

明日は日曜日に行ったアウトレット情報!
一日一回左側上の「ドイツ情報」と「人気blogランキング」ポチッ!
と応援よろしくお願いします。



gutentag555 at 16:22|PermalinkComments(6)

June 27, 2005

ブリュッセル・アントワープ 05.05.05-0705.05

世界三大がっかりの一つ小便小僧をみに行った。やっぱり小さい!近くの土産物屋のレプリカの方が大きいと思った。あまりにも寒くて近くのショールやさんでショールを購入。これがものすごい肌触りが良くて良い買い物をした。 ドイツの生活は食のまずさとの戦いなのでここベルギーでは美味しいものが食べれることを一番の楽しみにしていった。うまい!なんでこんなに違うの?ムール貝に限らず魚介類は本当に美味しかった。夜は日本人がやっている寿司屋に。すっごい繁盛していた。地元の人も大勢いてなかなか料理が来ないので人間観察をしていると面白い外人を発見。まず箸は上から握っている。(子供がスプーンをもつかんじ。)で、なんと刺身についてきたわさびをそのまま全部食べちゃった。そして店員にわさび単独で追加注文をしている。彼に聞いてみるとわさびは多くのヨーロッパ人が好きらしい。そうこうしているとたこの刺身がきた。注文してないけどお通しらしい。たこの刺身!ああ、こんなに美味しいなんて。感動して涙がでるかと思った。そして待ちに待った寿司がきた。美味しい!、、、でもものすごくさびがきいている。私はわさびが大好きなので相当平気な方なのにこれはすごい!しばらく息が出来ないぐらい。きっとわさび大好きな地元っこにあわせているのだろうと勝手に納得。今度こそ本当に涙が出た。この時期、9時近くまで明るいので夕食の帰り道もうれしい。(店はもちろん全部しまっているけど) 今回のホテルは5星!STANHOPE 美術品とかもたくさんあって素敵なホテルでした。 翌日はダイヤモンドとルーペンスとフランダースの犬の町アントワープへ。港町といったかんじ。カテドラルには巨大なルーペンスの絵が。マリア様の顔がとても穏やかだった。ダイヤモンドはとにかく種類がたくさんあるし日本で買うより安い。とはいえ高い。ダイヤモンドとサファイヤのめちゃめちゃ綺麗はネックレスがあったけど70万ぐらいするので残念。 次はネロとパトラッッシュの像を見に郊外へ。ネロはこの町からアントワープのカテドラルへ歩いたという。5キロ以上あるのでもちろん車で。発見!小さい、、、街の中に突如小さい像が。相当迷って行っただけにかなりがっかりだった。 小便小僧パトラッシュ

gutentag555 at 20:07|PermalinkComments(3)