2006年08月09日

石井鐵工所2

トーヨーカネツ、日本甜菜精糖、そして石井鐵工所。テーマは明白です。エネルギー関連です。カネツ(LNG)と甜菜精糖(バイオエタノール)は、代替エネルギー関連。
石井鐵工所は石油プラントに強い会社ですが、決算・財務内容が急速に回復してきていて、いわゆる復活銘柄として着目しています。

しかし、最近株価が冴えません。よく調べたら監査法人が中央青山だったんですね。今度の四半期決算概要は中央青山の業務停止期間に発表することになるようです。一時会計監査人は選任済みのようで問題ないと思いますが、一連の会計不信からこの銘柄にも慎重論が出ているかもしれません。
ただ、監査法人変更がらみ(?)で下方修正を連発した新興銘柄と違い、石油関連銘柄には好業績の根拠があります。もし、へんな不安心理で売り込まれるようなら、買い増しのチャンスかも? (ただ既に含み損もあるので、慎重に・・・)

投資は自己責任で。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gutiguti256/50751638