ねこのふうた

岡山から、建具のいち職人が、皆様からいただく木製建具の切り込み、修繕の御依頼を、ねこのふうたと共に承っていきます。

こんにちは、ねこのふうたです。

日曜日、またまたねこのふうたはひとりぼっち・・・

(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

いや、決して家人に相手にされてないわけじゃあ、ありませんよ。ねこのふうた家の場合、子供もみんな大人なんで、休日はみなさん自分の予定で忙しいようで・・・


とにかく、朝からゴソゴソとするべきことをこなしました。

といっても、仕事車の片付け、レイアウトの変更をしたりとか、庭のホースの根本のジョイントが壊れてるので、ホームセンターへ走ったりとか・・・暑さを計算に入れて、休み休み、水分取りながらじゃないとできませんね。


午前中頑張って動いて、お昼は一人で、岡山市今保にある、中華の「幸香」(こうか)さんで、栄養補給してきました。

しかし・・・

スマホを忘れるという、大罪。゜(´Д`)゜。

しかも・・・

独りで話し相手無し、新聞無し、テレビ見えない位置の席・・・

イノガシラゴロウさんにはなれません。

お店はこじんまりとしていながらも、活気のある大衆中華のお店です。画像がなくて申し訳ありませんが、平日はメインと揚げ物が付くボリューム満点の日替わり定食が人気のようです。

しかし日曜であっても、豊富な『600円定食』がありまして、まったく問題はありません。

その中の、から揚げをチョイス。更に180円追加で、白飯を焼飯に変更できる変化球。

『ホンジツこれを注文したおれは勝ち組だね』

と呟いてみます。誰も聞いてる人はいませんが・・・ハハハハハハハ

ややラードの強い焼飯は、働く男のひとのため。から揚げはやや小さ目ながら、7個も付いてる。ギンギラの夏を相手にするため。

ややが多いですが、味はきっぱりと美味しですよ。

食べることに集中するしかないので、かえって、非常に頭の中で、摂取物を吟味できましたね。

ちょっとパワーが欲しいね、って時には、良い店だと思います(^^)v


家に帰って、もう一仕事。

我が家にいる、猫以外の生き物。

陸ガメの、グーちゃん。

お顔が、中々見えてませんが・・・


KIMG0239

こっちからも見えません・・・

KIMG0240


以前は、既製品の水槽を使ってたんですが、段々と手狭になったため、この春、ねこのふうたが、テキトーに自作しました。

しかし、両サイドをアクリルでふさいで、全面も引き違いのアクリルの戸を入れたのですが・・・寒い時は良かったけど、この夏は乗り越えれそうにありませんでしたので、夏バージョンに変更です。

KIMG0238


といっても、前面のアクリルの戸をとっぱらって、格子戸もどきの百均のパネルと、余った網戸用の網を使った、手軽バージョンです。

しかーし、効果はテキメン。

3~4度くらいは下がりました♪

KIMG0236


グーちゃんのケージに、常に興味シンシンの蓮が、ケージ前の門番を、ずーっとしています。

葱のおかげで目立たんけど、オマエ・・・腹が・・・Σヾ( ̄0 ̄;ノ


なあ、ふうた

グーちゃんにも、たまには挨拶してる?

ある意味、お前のにーちゃんだぜ








こんにちは、ねこのふうたです。

朝晩、日中も、誰と会っても、

「あっちぃなあ~~」

しか、言葉が出てこなくなってきましたね。
まだまだ続くこの暑さ、負けないようにしなければ・・・


さて、今日はねこのふうた、仕事は休みでしたが、今後の打ち合わせと相談で、岡山市内の、とある建具屋さんにお邪魔していました。

近況や最近の仕事の量やトピックスについて、ひとしきり雑談をし、その後本題に移って、しばし時を過ごしました。訪問者は、ねこのふうたと、もう一人、同席者がいましたが、応対してくださった建具屋の社長さんの、独特の話術に引き込まれました。

屈託なくお話をしてくださるのですが、かならずクスリと笑えるオチを用意されているし、なにしろ一番強く感じたのが、『愚鈍であること』を、非常にさらりと表現されるところでした。

変にへりくだり、自分を卑下するのではなく、真顔と緩やかな笑顔を織り交ぜながら、いかに周りの使用人が優秀であるか、それに比べて、いかに自分が愚鈍であるか、エピソードをちりばめながら、面白げに語ってくださりました。

大小にかかわらず、経営者なら、誇るべき業績や生き方を滔滔と語る人が多いです。
同じ業種を生業としている年少者(ねこのふうた達のこと)を相手に語れば、ついつい自慢話や自身の気概について披露したくなってもいたしかたないはずなのですが・・・

いかにもサラリと、

「私ら、する(技能的)ウデがねえからねぇ~~」
「職人に、おんぶにだっこですわ~~」

と呟かれる。


そんなはずはないだろうに、と思うのですが。

でも、

この、『愚鈍であること』が演出であるとしても、周囲の人々が敬遠することはないだろうな、と思いました。

淡々とした潔さ。


普段、こんなふうに謙虚に語れているだろうか?

つい自慢話や自分の得意な分野の話ばかりして、いかに自分が優れているかを、暗に誇示していないだろうか?

他人を見たときにはすぐに気づくであろう、そんな軽々しく愚かしいおしゃべりを、自分がしていないだろうかと、不安になりました。


そんなことを考えながら、休日の残りを過ごし、家に帰れば、暑さにやややられ気味の猫達が迎えてくれます。

みんな、それぞれのお気に入りの場所で、昼寝を楽しんで・・・

KIMG0233

寝ることに関しては、飛びぬけて(?)貪欲な、葱


風太も、いつでも奇妙なカッコで寝てたっけ。

20160709_133432


こんなの。


なにがどう向いとんじゃ?的な・・・


なあ、ふうた

お前の家だから、どこででも、誰とでも、

気ままにねよう


こんにちは、ねこのふうたです。

今日、海の日、みなさんはどのように過ごされたでしょうか?

ねこのふうたは・・・

朝8時から、がっつり仕事でした(☆゚∀゚)

仕事がある幸せ、ビショビショに汗をかきながらも、同じように汗まみれで、冗談を言える仕事場の仲間、昼ご飯の法外な旨さ、差し入れのお茶のありがたさ・・・

そんな雑多なものを感じながら、1日を過ごしました。

帰宅して、シャワーを浴び、とりあえずビールを一息で飲んで、歩いて200mのスーパーに向かう途中。


すげえ空。

青と、白。

でも許さない、墨のような泣き雲。

スマホを、慌てて向けようとして、虚しさに気付いて、ポケットにしまう。

電柱から、電線。カラスと雀。赤信号。

その向こうに、今日だけの、空。

それは、スマホの画像で、映せない。

明日とか、明後日とか。

みんな、自分の目で見るもの。

ねこのふうたが、言葉では云えません。

どんなに裕福でも、知らない人は、気付かない。

なあ、ふうた、

またあした。


このページのトップヘ