2018年02月

2018年02月28日




前職の派遣業務を終了してからはや、ふた月。あれから仕事に関する情報収集もハロワに足繁く通い、行ってはいるが目ぼしい成果はない。


「これ!」と思った求人に何件か申し込んではみたものの、書類が通らず家のポストに応募書類が舞い戻り、ため息をつく日々だ。ある時など、相手は大手の事業所だったが、返却書類の封に簡易なセロテープ止めが使われていた時などは、呆れるのを通り越して軽い侮蔑を感じたものだ。


封書の封にセロテープを使うのは、一般常識として禁止されている。封書に封をする場合は糊付けするのが常識なのだ。ましてや個人情報が記載された履歴書類が入っている封書にセロテープを使うとは、「どうぞ、中身を抜き取って下さい」と言っているようなものだ。相手の法人の健全性を疑う事態だった。


無職の希望の無い日々から抜け出そうと、家から近い福祉事業所を受けてみることにした。自分で使用できる車が無いため、どうしても徒歩圏内の求人を選ばざるをえない状況なのだ。だが、福祉介護の経験を振り返ってみると「辛い・惨め・我慢・変な奴ばっかり」という暗黒の思い出しかない。


選ぶ福祉事業所全部がブラック事業所で、新人をイジメて喜ぶオバヘル、それを諌めようともしない管理者。威張り腐っている看護師。分刻みでスケジュールが組まれ、休む暇も無い現場。自分の思い通りにならないと、新人や利用者に八つ当たりしてくるご立派な介護福祉士。など、今までの就業経験の中でワーストな職場ばかりだった。


ブラックな事業所に嬉々として勤めるほど、M体質ではない自分は身体や精神を壊す前に残酷な福祉介護の世界から足を洗った。


それから3年。PCも中級以上に使えるし、丁寧な接遇、日商簿記3級やFP技能士3級を取ってはみたものの、それを活かせる職場が無い。20代や30代、女性であれば何処かの職場に潜り込めそうだが、これといった輝かしい職歴の無い40代男性にはどこからもお呼びがかからない。


ハロワで「無資格でも歓迎。丁寧に研修します」という求人を見て「家から近いし、書類選考が無くてすぐに面接してもらるから面接の練習がてら応募してみるか」とある事業所の求人票が目に止まった。


ところが、この福祉事業所、いつもハロワに求人を出している。これは危険な匂いだ。すぐに飛びつくのではなく、取り敢えずハロワの相談員に相談してみることにした。


相談員曰く「ここの事業所は募集をしていても、応募する人がいなくて求人を出しているようです。直近に辞めた人もいないようですよ」との事。事前に厚労省の介護施設評価のデータベースもチェックしてみたが、なるほど退職者は少ないようである。だが、この福祉事業所のホームページはデザインも野暮ったく施設の行事を綴るブログもとても稚拙で活気のあるものではなかった。



この事業所の前を何度も通りかかったことがあるが、「暗そう、あまり動きが無い」と取り立てて良い印象ではなかった。センスが無いというか。だが、外から見ただけでは分からないので、覚悟を決めて応募してみることにした。


すると「今日、面接をしたい」という話しになり、午後イチからどうか?ということになった。「速攻で、面接かぁ~」と少しウザったくはあったが、書類は面接時に携行することになっていたので、快諾することにした。ここで、すぐに面接をしたがる事業所はブラック臭が漂っていることを記しておく。


帰宅し、応募書類の仕上げをして約束の時刻が近づいた。この求人の利点はただ一つ。「家から近く、歩いて行ける」のみである。条件だったら他に良い施設が何軒もあったし、特にこの事業所に思い入れもなかったが、徒歩10分以内で行けるのは楽だ。


約束の時刻、5分前に着いた。まだインフルエンザ流行期間なので持参したマスクを着用し、入館する前に着ていったコートを脱ぐ。入館し第一声は「こんにちは!」と努めて明るく挨拶をした。第一印象は大事である。


すると、応募時に対応したであろう中年女性が出迎えた。所謂、管理者という役職の人だろう。折しも昼食が終わった施設はご利用者が居間兼食堂兼機能訓練室とは名ばかりの広間から、居室へ戻る最中だった。そのご利用者は歩行器を使って歩行していたが、見当識が低いのか歩行することに没入しているようで、狭い通路の真ん中をゆっくりと移動していた。


介護職員らしきオバさん達が声掛けをしながら、ご利用者の歩行器移動を見守っていた。事前に間取りもHPでチェックしていたが、「面接場所はどこだろう?」と所在なく玄関ホールに佇んでいると、そのご利用者の先にある居室前の小ホールで面接をするらしい。


そこに案内されながらブラック事業所度チェック。ブラックな施設は掃除や環境整備が行き届かず、「便臭・尿臭」が施設内に漂っているらしい。いかんせん、装着したマスクが邪魔になり匂いを嗅ぐことが出来ない。だが、通路の途中に意味不明のソファが置いてあるのを確認。


決して広くない通路に二人がけソファが置いてあるのはいただけない。これでは手すりを使った歩行機能訓練が出来ないし、人が通る通路にソファを置いてしまっては蹴躓いて転倒してしまう恐れがある。しかも、まだインフルエンザ流行の時季。手洗いをするように指示されるかと思ったが、なにもアナウンスは無かった。「リスク管理が甘いのか?ノロやインフルの罹患者を出してしまったら大変なのに」


どうやらあまりレベルの高くない施設のようだ。案内され、対面机のイスに座って待つように指示されたので、座して待つ。やはり応接室は無く、衆人環視の小ホールで面接を行うようだ。「ちょっと配慮が無いなぁ」とここまでの印象は減点が多い。


管理者らしき女性が名刺を渡してきたので、挨拶をし応募書類を渡す。その女性の携帯が鳴り「もう一人、面接官がいるが少し遅れてくる」との事。


ハロワから申し込みをした際、事前連絡の相手はこの人だったようで、ハロワの相談員が「相手の方は応募があってすごく喜んでいたようですよ」と言っていた。よほど応募者がいなかったらしい。給料が少ない割には仕事がキツく大変な介護職。応募者も条件が良い所、風通しが良い職場を選ぶのだろう。尤も、少しでもこの業界を経験していたら、また舞い戻ろうと思う酔狂な奴は少ないと思うが。それだけ自己犠牲や我慢を強いられる業界なのだ。


応募書類を見ながらマン・ツー・マンの面接が始まった。書類は完璧に仕上げていたので、相手からの質問事項に答えながら進んでいった。この面接に臨むにあたって、一つのテーマを持っていた。それは「ぶっちゃけること」つまり、どれだけ取り繕って美辞麗句を並べたところで化けの皮はすぐに剥がれる。働いてから「こうじゃなかった。あのとききちんと確認していればよかった」と後悔するのは嫌だったので、退職理由を聞かれたら率直に「人間関係です」と答えた。


風通しが良く、働きやすい職場であれば労働者は辞めないのだ。それが立場の弱い者をイジメたり、従業員に犠牲を強いるような変なルールであったり、勘違いをして幅を効かせている馬鹿がいるから人が辞めるのだ。


この女性とは具体的な話しを少しした。「自分は喫煙者ですが、前の施設は敷地内完全禁煙でオーナーは従業員の喫煙を認めてくれませんでした。ここはどうですか?」と聞くと、ここにも喫煙従業員はいるようで、外の非常階段周りで吸っているという。


どうせ働くなら「自分で納得して働きたい」と思って、こちらも不安に思っている事や「変だな」と思っていることを質問した。10分を経過したころ、◯◯部長とやらが到着した。歳はまだ30代前半くらい。挨拶時に相手は名乗ったが、失念してしまった。


部長が応募書類を見て次のような事を言ってきた。


「どこの施設でも短い期間しか働いていない」


「2年は経験していないと駄目だ」


「すぐに辞められては困る。採用されたとして意気込みはあるか?」


正直に期間が短いのは、「パワハラ・モラハラが露骨な職場で何かあっても相談できる人がいなかった。新人イジメも酷かったので労働者の当然の権利として辞めた」と答えた。この業界の悪しき慣習を認めないのかこの人は。いかん、話にならない。


2年の経験~云々も、明らかに求人票と違う。「無資格者でも応募歓迎」と記載されていた。自分は経験者とは言え、ブランクもある。どこの施設も仕事を覚えるには1ヶ月以上は必要だ。2年くらいの介護キャリアが必要とは「なんだ、この青二才は速攻で即戦力になる介護の達人でなければ採用しないのか?」


相手の本性が見えてきた。意気込みを聞かれたが「やってみない事には何とも言えない」良い施設であれば能力を十二分に発揮出来るし、グレーやブラックだったら辞めるまでのこと。「そんな先の事なんて分からないので嘘を言うことは出来ない」と答えた。


この部長とやら。現場は人手不足で困っているらしいのに、青臭い理想論をかざしてくる勘違い野郎のようだ。なるほど、言っていることは立派だ。だが、人間には個性があるように誰しも理想通り生きてはいけない。十人十色の考え方や生き方、行動原理がある。決して褒められた職業経歴の黒紳士ではないが、仕事に関してはいつも手を抜かず一生懸命にやってきた。


福祉介護の理念に受容・共感の精神がある。これは相手のことを理解し、ありのままを受け容れ相手を尊重するということだ。ここまで失敗続きの人生を送っている黒紳士が意を決してトラウマ級の闇歴史がある介護に復帰しようというのに、応募者を否定することに躍起の青二才くん。


この御仁の登場以来、「もうここで働きたい!」という熱は冷めてしまった。上の考え方を押し付けられては堪ったものではない。先の女性が口添えしてくれると思いきや、厳然たるカースト制度があるようで、管理者の女性は押し黙ったままだった。


質問はあるか?と聞かれたが、もうこの事業所の底が見えてしまったので辞去することにした。女性が玄関まで送り出してくれた。


やはり外から見たとおり、ガッカリな事業所だった。少なくても上に立つ者は広い見識を持ち、謙虚で無くてはならない。たいそうご立派な理想論を解いたところで絵に描いた餅であっては現場で実際に働く人間には酷だ。


という訳で、福祉業界復帰は立ち消えになった。理想や理念は高いが、現実は酷い業界であることに変わりはなかった。やはり、この業界に復帰するのはやめておこう。なお、先のセロテープ事件の当該社も◯会◯◯協議会という大手であったことを追記しておく。






(17:14)

2018年02月18日




寒い日が続く毎日。


すっかり寒がり体質になってしまった黒紳士。外出時には完全防寒スタイルは欠かせない。 


だが、外を歩いている人を見ると案外、薄着!?の人が多い。


風が強くて吹雪模様のような天候でも、帽子を被っていない人をよく見かける。それだけ頭髪が多く生えていて頭が寒くないのかどうかは分からないが、吹雪いてる時、強風で傘は役には立たないのではなから傘を持つのを放棄するのは分かる。強風で何本も傘の骨を駄目にしたことがある秋田人は多いハズ。


傘を持たないのなら「外套のフードを被る」という手段に移行するのかと思いきや、NOフードで歩く人がいるのはどうも解せない。降雪にも降ってくる雪の種類によって違うが、積雪に繋がる牡丹雪が降っている時などに頭に雪を積もらせてあるいている人は豪気というか、ただ単に傘を持ち歩くのが面倒なのか理解に苦しむ。


いずれにせよ、頭髪が濡れるのは嫌なので自分は外出する時は常にニット帽を被り、降り積もりそうな雪の時は傘を差して歩く。強風が吹く時など、体感温度が下がるため、風邪をひいてしまうリスクが高くなる。


話は変わって、BS11で放送されていたΖガンダムが放送終了を迎えた。今更、ストーリーをどうこうと言うつもりはないが、エウーゴ勢のカツやエマ中尉が戦死してしまい、最後は宿敵・シロッコをカミーユが倒す姿が描かれていた。歴代ガンダムシリーズの主役パイロットの中でニュータイプ能力が1番なのはカミーユだったそうだ。


たしかにカミーユのニュータイプ能力は傑出していて、敵のビーム・ライフルをサイコ・バリアーみたいなので防いだり、最後のシロッコへの特攻もニュータイプ能力で倒したような感じだった。ただ、パイロット能力的にはあまり目立ったシーンは無く、ストーリーも最終回近くになっても雰囲気が盛り上がらず、演出が薄かったような感想だった。


Ζガンダムが終わり「次は機動戦士ガンダムZZかな?」と思いきや、後釜に座ったのは、


機動戦士ガンダム00(ダブルオー)!!



2007年作品というから、かれこれ10年くらい前の作品か。


あれ、ナレーションの声はアムロ・レイ役だった古谷徹さんではないか!しかも年代は宇宙世紀というやつではなく、西暦2307年とな!初見の作品だったが、どうやらガンダムというモビル・スーツが出てはくるが、アムロやシャアが活躍したシリーズとは違う世界が舞台らしい。(ガンダムに詳しくはないので、違ってたらごめんなさい)


この00の世界は現代社会に近いらしく、EU(ヨーロッパ連合)みたいな勢力や中国みたいな勢力、アメリカみたいな勢力が存在しているらしい。紛争が起きているのは未来の世界でも同じで、GUNDAMを操る私設武装組織「ソレスタルビーイング」という謎の組織が紛争に介入すると宣言したところから話は始まった。


ガンダムは1機だけではなく、4機くらいいるらしく青と白の白兵戦が得意な機体が主人公機か?ちょっと暗そうな主人公キャラクターだ。パイロットをMEISTERというらしい。自分らでマイスターと名乗っているし。戦闘シーンも最近までBS11でやっていた鉄血のオルフェンズに近いような感じだ。ビーム・ライフルでの撃ち合い主体ではなく、白兵戦や近距離射撃戦の戦闘が多いようだ。登場キャラクターの名前は長ったらしいので、まだ覚えるところまでは至っていない。


ググってみると、ファーストシーズンとセカンドシーズンに分かれ、全50話。まぁ、週に一回の放送だから、全部見終わるのに一年近くかかる塩梅だ。各勢力間の政治力争いのようなものも描かれているっぽいので面白そうだ。キャラクターも色々と出て来るので新しい楽しみとなりそうだ。









(17:24)

2018年02月11日




判で押したように代わり映えのしない毎日を過ごしている。


1月末に申し込んだ求人応募先からは、とんと音沙汰がない。求人票には「書類選考あり。書類選考通過者には2週間くらいで電話連絡。なお、応募書類は返却しません。当方で責任を持って廃棄」となっていた。「良くても悪くても、早く結果を教えてくれ!」というのが本音だ。


不器用な黒紳士。要領のいい求職者ならば、並行して2つ3つ求人に応募して保険をかけておくという芸当もありだろうが、愚直な黒紳士はいつも本命一筋、の応募方法で勝負している。(無論、応募先が駄目だった場合は、次の応募先も選定しておいてはいる)


そろそろ懐も寂しくなってきたので「早く面接してくれるところで面接して、早く働きたい!」と切実に思っている。


こんな暗いことばかりの毎日だが、ささやかな楽しみがある。


BS朝日で放送されている「新・必殺仕置人」だ。


ご存知、必殺シリーズの初期から中期の作品だ。必殺仕事人よりも前の作品らしい。必殺シリーズと言えば、恨みつらみを持った依頼者が暗殺を請け負う仕事人にお金を払い、依頼者に成り代わって仕事人・仕置人達がそれぞれ独自の暗殺スタイルで闇の仕事を遂行する娯楽時代劇だ。たまたまテレビを付けたら放送していて、それ以来毎日楽しみに観ている。


この、新・必殺仕置人は、設定が前作の「必殺仕置人」からの流れを組んでいるようだ。


なんでも、毎月2回「寅の会」なるものが開かれて、そこで依頼者からの仕置が競りにかけられる。その競りも、1番最低価格を付けた者が仕置を獲得するというもの。相手に武芸や剣術の心得があった場合、仕置人にも生命の危機や捕縛の危険があるだろうから、仕置料は高いに越したことはないと思うのだが。


登場人物も豪華で、お馴染みの


中村主水 作品によって役職はまちまちだが「昼行灯」と同僚達からからかわれるほど、普段は冴えない同心。婿養子のため、家に戻れば妻と義母から疎んじられるキャラクター。だが、裏の顔は凄腕の剣客で必殺シリーズの顔ともいえる存在。演者の藤田まことさんは、他にも「はぐれ刑事」シリーズでも有名だが、やはり中村主水=藤田まことが黒紳士にはしっくりとくる。しかし、裏稼業で稼いだ仕置料はどうやって使っているのだろうか?観ている限り、豪遊出来そうなほど仕置料は多くはないが、塵も積もれば山になる。どこか家族に見つからないような所に溜め込んでいるのかも知れない。


念仏の鉄 なんと山崎努氏!山崎氏が必殺シリーズに出ていたことは知らなかった。山崎氏と言えば、「故・伊丹十三監督作品の映画によく出ていた」くらいしか印象が無かった。この作品は1977年に放送されていたそうなので、41年前!?の山崎氏はとても若く見える。この念仏の鉄という仕置人。仕置スタイルが近接戦闘方式なので、いつも仕置シーンではハラハラさせられる。主水は刀での斬撃・刺殺だが、鉄は骨外し。骨接ぎで得た人体骨格の知識を元に、相手の腰骨や喉を指先で破壊し、死に至らしめる。wikipediaより。相手が手練れの剣客だった場合は、負傷するリスクが高い。



巳代松 冷静な主水、エキセントリックな鉄と比べて、人情味溢れる鋳掛屋の仕置人。暗殺スタイルはギミック感満載のなんと火薬竹鉄砲!だが飛び道具のはずの火薬鉄砲だが、射程距離がなんと2間(3.6メートル)しかないという残念武器。なので、仕置シーンでは毎回「いかに相手の意表を突いて、射撃するか」にかかっている。演者は中村嘉葎雄氏。あまり、氏の若かりし頃のドラマを観たことがなかったので、巳代松の活躍は観ていて楽しい。


正八 非戦闘員。普段は絵草紙屋を営んでおり、その店の地下室が仕置人の会合場所になっている。仕置はしない代わりにその見る軽さから、斥候や密偵をして情報収集をしている。演者の火野正平氏のキャラクターをそのまま踏襲しており、若い町娘とみると放っておけないらしい。火野氏と言えば今や全国を自転車行脚するおじさんだが、若い時分の演技を見ると脱力系の演技だが、仕置人ではいい存在感が出ている。


と、つまらない平成ドラマを観ているよりも40年前の時代劇の方がずっと面白い。残り放送回数も少なくなってきたが、次の放送が楽しみだ。





 

(16:58)

2018年02月05日



カレンダーは2月、如月になった。前職の派遣社員を退職してからはや、1ヶ月を経過した。1月の秋田地区の有効求人倍率は1.29倍とはいうものの、 "「資格の必要性や採用条件によって職種間のアンバランスが続いている」としている。"というのが現状。おまけにこの数値にはパート求人も含まれているのだから手放しでは喜べない。


下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、ではないが気になる求人があったのでハロワから申し込み、進展を待っている状況だ。書き溜めておいた履歴書に志望動機やら自己PRやらを書き込み、発行してもらった紹介状と職務経歴書、カバーレターを同封して応募先に送付した。


応募書類を送付時にタブーとされている事項がいくつかあって、


1.履歴書記入の筆記具はフリクションペンを使ってはいけない。


これは、前回の職業訓練を受講して分かったこと。履歴書の書き方という授業の際、ハローワークのWebサイトを見ながら講師のKさんが解説してくれた。それまでに「書き損じがあったら、最初から履歴書を作り直さなければならない。そんなの時間と資源の無駄だから、フリクションで書けばいいじゃん!俺って頭いい!」と何枚かの履歴書をフリクションで書いて応募していた。(当然、書類選考でお祈りをくらった。当然といえば当然か)


2.送付する封筒の宛名はプリンターで印刷してはいけない。


悪筆な黒紳士。応募先の住所はプリンターで印刷した用紙を貼り付けたり、プリンターで封筒の表面に宛名を印刷したりしていた。(これも何社か送付した)だが、ググってみると宛先・宛名も自筆で書くのが一般的のようだ。汚い字で書かれた宛名よりも、綺麗に印字された書体の方がよっぽど見栄えもいいと思うのだが。「まったく、求人募集をしている企業の採用担当者はどんだけ偉いんだよ!」と言いたくもなる。


なので、上記の事を実践すると応募書類を拵えるのにすごく時間がかかる。尤も、黒紳士が応募書類を送りたくなる求人なんて、ごく稀にしかないが。


話し変わって、求職活動以外の時間はけっこう暇をしているのでよくお袋からお使いを言いつけられる。ミッションが与えられると暇つぶしにもなるし、何より目的が出来るので二つ返事で引き受けている。


大概のミッションは近所のスーパーへの買い出し。そこでいつも思うことなのだが、50歳代以上のご婦人はスーパーで買い物カゴを乗せたカートを押していることが多い。ご婦人は鞄やバッグを持って来店することが常だし、何日分かの食料品や日用品を買うのだから買い物カゴは重量になる。カートを使うのに反対ではない。


しかし、狭いスーパーの通路。混雑時にはそこかしこにカートがウジャウジャいると、通路は渋滞模様になる。おまけに中高年のご婦人の悪いクセとして、周りの状況を確認せず、カートを急発進・急停車を平然とやってのける。温厚な黒紳士だが、しょっちゅう買い物カートからショルダータックルをくらっているので心中では「このぉ、◯ソばばあ、周りをよく見て歩げ!」


これはそのまま自動車の運転にも言えることだろう。おばさんドライバーは安全確認をせず、ノールックで脇道から本線に合流したり、横断歩行者がいるにも関わらず、歩行者の直近まで最接近したりする。何度も横断歩道を渡っていて冷や汗をかくシチュエーションがあった。


ぐぬぬ、スーパー店内ならば大きな心で見逃してやってもいいが、自動車を運転しているのがノールックドライバーだったら、動く凶器ではないか。


そこで思いついたのが、見聞色の覇気!ちょうど週刊少年ジャンプ誌上では、麦わらのルフィが難敵、将星カタクリとの一騎打ちの真っ最中。このカタクリというキャラクター、四皇ビッグ・マム海賊団でも最強クラスの敵将。見聞色の覇気の使い手で、この能力を鍛えすぎて近未来まで見えてしまうという。


見聞色の覇気とは、






と、冥王レイリーが教えてくれている。言わば、格闘技でいうところの見切り。一般的な解釈で言えば第六感!?漫画で言えば、DRAGON BALLの"気"。


あちこちで出て来る概念だが、中高年のご婦人はこいつが弱い。加齢により、視覚・聴覚・臭覚に衰えが出てきているのは分かる。周囲の状況判断に味覚は必要ないが、触覚は使えるではないか!あっ、でも今の寒い時期。中高年のご婦人は寒がりが多いから、服装も防寒重視の重量装備。空気の流れで他人の気配を感じろと言っても無理な話しか。


いや、であってもスーパーはそのおばさん独りの貸し切り状態ではない。前後左右から他の買い物客の出現は予想できる。自動車の運転でも、「道路脇の駐車車輌の影から歩行者・自転車の出現を見越して運転しろ」と習うではないか。う~ん、こう考えてみるとスーパー内でカートをぶつけてくるおばさんはタダの我侭キャラ!?覇気も使えない市井の小市民なのか。


海賊王ゴールド・ロジャーが通った航路をグランドラインと言い、その後半の海を新世界という。新世界では生半可な実力では渡ることのできない実力がものを言う荒海なのだ。現実の世界だって厳しい世界であることに変わりはない。黒紳士は見聞色の覇気を磨いて新世界を渡りきってやろうと思っている。(また一つ、歳をとったオジさんが何を言っているんだか)








(17:19)