月曜日に講習で先日、行われた第146回日商簿記検定試験の合否を取りまとめるとのこと。簿記検定の時はまったく出来栄えに自信がなかった黒紳士。


「馬鹿なんだから、落ちているに決っている」と捨て鉢になっていたが、落ちるにしても何点取れていたかは調べなければならない。自分の手応えとしては「模擬テストで叩き出した32点以上は採れているだろう」という根拠のない考え。


簿記検定は商工会議所のWebから申し込んだので、秋田商工会議所のHPへ。6月18日時点ではまだ結果が発表されておらず、新着トピックを見ると6月19日0:00~から発表とのこと。簿記検定試験の得点は気になるが、0時まではさすがに起きてはいられないので月曜日の朝に確認することにした。


明けて月曜日。最初は確認することを忘れていた。毎朝、起きたあとPCで受信メールやWebのザッピングをするのが日課なのだが、そこでふと、検定結果のチェックを思い出した。実は昨日、ドン・キのBOOKOFFで懐かしのメガドライブをGET。それに気を取られて、本当に簿記の結果については忘れていた。


金曜日の最終盤にK講師が「月曜日になると皆さん、お待ちかねの結果が分かりますね」と言っていた。その時は【自分は落ちているんだから、果たして何点採れていたかの確認だけだなぁ】と思っていた。


秋田商工会議所のHPへ。トップページの新着トピックのリンクをクリックする。昨日見たページで利用者IDと電話番号、生年月日を入力する。昨日はここまでで、結果は表示されなかった。今朝は下の方に更に項目が増えている。


画面を下の方にスクロールしていく。


受験番号3513



問1. 12点 い、いかん。5問中、2問も間違えとるやんけ!1問目では16点採るのが推奨されている。
「ここで稼がなくてどこで点を採る」と言われているのだ。終わった。





問2. 8点 10点満点中、8点なら検討したほうだ。ラッキー問題だったんだな。





問3. 30点 何かの間違いか?たしか本番の合計残高試算表の作成では、借方と貸方の合計が合わず、半泣き状態だったのだが。まさかの満点か?ありえない。ドッキリか引っ掛けに決っている。それとも採点者の人の体調が絶不調で、採点を間違えたか!?





問4. 8点 あぁ、この問題は分からないなりにあまり見直しもせず、スルーしたやつだ。埋めることは埋めたけど。ラッキーたとしか言えない。





問5. 21点 この問題のタイプの精算表は1回くらいしか解いたことが無くて、しかも零点だったやつ。見るのも嫌な問題だったが、最後の最後まで悪あがきをして埋められるところは埋めた記憶が。何せもう、一週間前のことだから闇歴史として記憶を封印させている。



ええっと、何点採れたんだ?12+8+30+8+21=79!



あれ?「受かっとる!?」Σ(´д`;)



聞きしに勝る「超簡単回」と揶揄されるほどの大盤振る舞いな第146回だったと言う今回の検定。ここにその恩恵に預かったツイてる男、黒紳士がいた。


あぁ、簿記検定、バックれなくて良かった~。