前から気になっていたエド・シーランの3rdアルバム。シングルカットされたShape Of Youはすでにダウンロードして購入済みだったが、3rdアルバム、÷ディバイドはShape~が収録されていたので、CDを買ってしまうと被ってしまう。実は黒紳士のiTunesライブラリはこのパターンが多くて、気になったアーティストの代表曲をお試しでダウンロードして買う。


シングルに満足し、そのアーティストのアルバムを買う。だがシングル・カットされる曲はCDアルバムには大抵収録されているので、ダブってしまう。まぁ、アーティストもCDアルバムを買ってもらうほうがシングル曲をダウンロードされるよりも印税的には収益が大きいだろうから、シングルをダウンロード、CDアルバムを買うという呼び水商法は仕方がないところだろう。


という訳でエドさんの3rdは購入をスルーしようと思っていたのだが、YouTubeで観たある曲がめちゃくちゃ良くてディバイドを購入してしまうことになった。これからの時季にピッタリなホットなラブ・ソング。だったら、この曲だけダウンロードをすればいい話なのだが、エドさんのアルバムは良心的な低価格だったので(税抜き1,980円)お近づきのしるしということで。1stも2ndアルバムも持っていないのに。






エド・シーラン Perfect


僕は恋を見つけた
そのまま飛び込んでおいでよ
僕についておいで
僕が見つけた女の子
きれいで、優しくて
知らなかったな、きみだったなんて
僕を待っていてくれたのが

お互いに子供だったからね
恋に落ちたとき
それが何かもわからなかった
でも、今度はきみを放さない
そっとキスしてほしい
僕が手にしているのは、きみのハートだけ
そしてきみは、視線で僕のを捕まえている

暗闇の中で踊る僕
両手の間にきみがいる
芝生の上を裸足で
ふたりの大好きな曲を聴きながら
ちゃんとしてくればよかった、ときみが言うから
僕は小さな声で囁いたんだけど
聞こえてたよね
今夜のきみの姿は完璧だよ

僕が見つけた女性は
知り合いの誰よりも強い
同じ夢を見てくれる彼女と
いつか同じ家で暮らせたらいいな
僕は恋人を見つけたんだ
自分の秘密を託すだけでなく
愛を育てるための
僕らの子供を育てるための
ふたりともまだ子供だけど
こんなに愛し合っている、何があっても
今度はきっと大丈夫
僕の手を握り、僕の彼女になって
僕はきみのための男になるから
きみの瞳に僕の未来が見える

暗闇の中で踊る僕
両手の間にきみがいる
芝生の上を裸足で
ふたりの大好きな曲を聴きながら
その服を着たきみが
あんまりきれいだったから
僕にはもったいないくらいで
完璧だよ、今夜のきみの姿は

暗闇の中で踊る僕
両手の間にきみがいる
芝生の上を裸足で
ふたりの大好きな曲を聴きながら
目に見えるものを僕は信じる
僕は出会ったんだ
人の姿をした天使に
彼女の姿は非の打ちどころなく
僕にはもったいないくらい
完璧だよ、今夜のきみの姿は



あ、あかん。何ちゅう、センチメンタルな歌詞を書くんだエドさん!ぶっちゃけ、見目麗しい女子に歌詞のような事を黒紳士が言ったならば、完璧にキモがられるなぁ、これは。お世辞にもイケメンのルックスではないエドさん。熊男然とした風貌が、黒紳士に非常に親近感を湧かせる。英国出身なのもUKびいきな黒紳士にとっては大きい。彼と黒紳士との違いは彼には溢れるソングライティングの才能がある。声質も耳に心地が良い。共感と羨望の感情を抱きつつもエドさんのフォロワーになることを決めた。


PV観てたら寂しくなってきた。あ~あぁ、あの人(本命は推察されたし)とスキー旅行に行けたらなぁ。それだけで幸せだ。