イニシエーション・ラブ
イニシエーション・ラブ


初めて乾くるみさんの小説を読みました。
今調べたら、45歳かな。
で、驚きました、男性だそうです。


合コンで知り合う男女の話。
少しずつ仲良くなって、お付き合いすることになる。
彼の就職先が東京になり、遠距離恋愛。
彼女の妊娠、中絶。
少しずつすれ違う。


あれ、昔の彼はそんなものの言い方しなかったよね?
飲んで暴れる人だったっけ?
本が好きって言ってたのに、本を蹴飛ばすなんて・・・

・・・

いろんなハテナが浮かんでくるけど
「東京という場所が彼を変えてしまったんだわ」
と納得させながら読む。

だって
まさか
そんなどんでん返しが待っていると思わないから。

私の場合は、最後のページを読みながら
あれ?あれ?あれ?あれ??(つд⊂)ゴシゴシ
とわけが分からなくなり、
最後の2行で
「だまされた(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?」

もう一度頭から読み直しです

途中で何度も疑問に思ったのに、
まさか騙されると思っていないので納得させて読み進める。




でもだめですね

「問題点はその都度きちんと考え、解決しなければ騙されてしまうんだなぁ」

と、人生の教訓にもなった1冊です