2009年02月26日

2月26日の推奨銘柄

AIトレナビでの、デイトレ推奨銘柄を掲載します。
掲載する内容は、銘柄名、日足、需給データとなります。

需給データとは、相場に与えるエネルギー量(力)を数値化して強い順に主力、 大口、一般、小口と表示したものです。主力のエネルギー値が、プラスであればその後の株価の上昇につながります。また、売買高と主力のエネルギー値が、近い値であればより強いといえます。

日立化成(4217)
0226_4217






ディスコ(6146)
0226_6146






ミクシィ(2121)
0226_2121

gwijpn at 09:34コメント(0)トラックバック(0)本日の推奨銘柄TOP3 

2月26日本日のマーケットウォッチ

昨夜のニューヨーク市場は住宅販売の落ち込みから下げて寄り付いたが、その後財務省の金融安定計画を協力的な発表に好感され、金融株の買いのリードで相場も引け前には一時前日比より高かったが、引け間際に売りに被されダウ終盤は80.05ドル・1.09%安、S&P500も8.24ポイント・1.07%安、ナスダックは16.40ポイント・1.14%安で引けた。相場の値ごろ感を抱く投資家が少なくない中、銀行国有化の脅威は全く消えたわけではなくので、売り買いの拮抗が続く感じがする。昨日、急上昇した日経平均株価は短期では強く転換したものの、トレンドは下降のままで、本日7583ポイント以上・或は明日に7513ポイント以上にならないとトレンドも転換しないので、要注意である。それから、売買高が増えないのも上昇の期待が欠ける一因でもある。

gwijpn at 08:33コメント(0)トラックバック(0) 

2009年02月25日

2月25日の推奨銘柄の結果

東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発しました。大引けは前日比192円高の7461円でした。東証1部の売買代金は概算で1兆3954億円。売買高は22億3209万株。値上がり銘柄数は1132、値下がりは469、変わらずは98でした。

AIトレナビでの、大手法人投資家の買い越しが、本日引け後でエネルギー値が一番大きいのが、クボタ(6326)の7,322,666でした。

AIトレナビでの、本日の日足後の明日の買い参考銘柄は、オリンパス(7733)、ニチコン(6996)、りそなHD(8308)

推奨銘柄は、どの銘柄も売りが優勢になりました。


八十二銀行(8359)
0225_8359




塩野義製薬(4507)
0225_4507t




ニチイ学館(9792)
0225_9792t


gwijpn at 16:26コメント(0)トラックバック(0)本日の推奨銘柄TOP3 

2月25日の推奨銘柄

AIトレナビでの、デイトレ推奨銘柄を掲載します。
掲載する内容は、銘柄名、日足、需給データとなります。

需給データとは、相場に与えるエネルギー量(力)を数値化して強い順に主力、 大口、一般、小口と表示したものです。主力のエネルギー値が、プラスであればその後の株価の上昇につながります。また、売買高と主力のエネルギー値が、近い値であればより強いといえます。

八十二銀行(8359)
0225_8359






塩野義製薬(4507)
0225_4507






ニチイ学館(9792)
0225_9792

gwijpn at 09:22コメント(0)トラックバック(0)本日の推奨銘柄TOP3 

証券業界を35年間歩んできた男の目。 By がん太

先週の頭はポカポカ陽気で春到来を思わせたが、後半一転しての真冬へ逆戻りの一週間であった。 株式市場も東京、米国NY市場も大荒れの相場環境となっている。

米国を見ると、景気建て直しへの公的資金が議会通過にも懸かわらず、GM・クライスラーの 自動車2社への公的資金注入策による救済問題の進展もなく、地方銀行の倒産が相次なか、 巨大銀行シティとバンカメの国有化懸念が浮上して来た。 また、雇用問題は第二次世界大戦後以来の最大危機を迎えている。 NY株式市場のダウ平均は6年4カぶりの安値を付けている。 日本市場も、米国動向の影響を大きく受けており、上場企業の倒産も起き始めた。 米国同様、雇用問題も深刻度を増している。 また、中川昭一財務・金融担当大臣辞任により政局混乱は勿論、外国為替市場の円相場が 円安・ドル高方向に振れ、株式市場は売りの下げ相場となりTOPIXは1984年1月5日以来、 25年ぶりの安値へとなった。

米国に端を発し100年に一度とも言われる世界経済危機は、事の重大性を秘め第二幕入りし、 オバマ大統領の誕生と共に対策が打ち出され始めた時である。 政策の効果が効き世界に安心が広がるには、暫くの時間が必要となるだろう。

株式市場だが今年に入り節分天井を形成したパターンとなったが、 その後はご承知の通リの下げ相場となっている。一番底・二番底を確認するまでは、 容易には買い転換は来るとは思われない。 一部の外人、特にオイル・ダラーは買い待機と聞く。

16日政府は、追加経済対策に向けた2009年度補正予算案の編成で、公共事業計画を09年度に 集中実施する方法で検討に入った。日本版「グリーン・ニューディール」であろう。 光ファイバー網整備や公共設備の耐震化などが浮上している。需要創出や雇用促進に 重点をおく経済対策を打ち出す方向だ。

○学校校舎耐震      ○道路・橋梁整備、  ○光ファイバー網整備
○LPG等海上備蓄基地   ○新エネルギー関連

の公共事業が取り上げられよう。株価で一部の銘柄は既に動き始めている。 以前から何度も言って来た。ここ暫くは、銘柄の値ごろ感での行動は慎みたい。

gwijpn at 08:56コメント(0)トラックバック(0)マーケットEYE 証券業界を35年間歩んできた男の目。Byがん太 

2月25日本日のマーケットウォッチ

昨夜のニューヨーク市場は、発表された景況指標は悪いながらも銀行国有化の見方が薄れたことで、火曜の下げをほぼカバーできたほど一本調子の押し上げで引けた。金融株のみならず、建築株・小売関連・ハイテク関連・エネルギー関連が軒並み買われた。ただ、昨夜だけでは下げ相場の自律反発しか見えず、底入れかどうかはまだ数日の観測が必要である。バーナキンFRB議長は参院での発言では、経済が厳しい緊縮状態にあり、需要が正常水準まで戻るのはあと二・三年掛かるだろう、と言い放った。今晩衆院の金融サービス委員会での演説があるので、市場への圧力を与える内容しか発言できないと思われる。昨日尻上がりの日経平均株価は7000円台で抵抗を示すだろうが、下げトレンドから変わっていくのはそう容易ではないようだ。

gwijpn at 08:52コメント(0)トラックバック(0) 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ