2009年02月25日

2月25日本日のマーケットウォッチ

昨夜のニューヨーク市場は、発表された景況指標は悪いながらも銀行国有化の見方が薄れたことで、火曜の下げをほぼカバーできたほど一本調子の押し上げで引けた。金融株のみならず、建築株・小売関連・ハイテク関連・エネルギー関連が軒並み買われた。ただ、昨夜だけでは下げ相場の自律反発しか見えず、底入れかどうかはまだ数日の観測が必要である。バーナキンFRB議長は参院での発言では、経済が厳しい緊縮状態にあり、需要が正常水準まで戻るのはあと二・三年掛かるだろう、と言い放った。今晩衆院の金融サービス委員会での演説があるので、市場への圧力を与える内容しか発言できないと思われる。昨日尻上がりの日経平均株価は7000円台で抵抗を示すだろうが、下げトレンドから変わっていくのはそう容易ではないようだ。

gwijpn at 08:52コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ