2009年02月26日

2月26日本日のマーケットウォッチ

昨夜のニューヨーク市場は住宅販売の落ち込みから下げて寄り付いたが、その後財務省の金融安定計画を協力的な発表に好感され、金融株の買いのリードで相場も引け前には一時前日比より高かったが、引け間際に売りに被されダウ終盤は80.05ドル・1.09%安、S&P500も8.24ポイント・1.07%安、ナスダックは16.40ポイント・1.14%安で引けた。相場の値ごろ感を抱く投資家が少なくない中、銀行国有化の脅威は全く消えたわけではなくので、売り買いの拮抗が続く感じがする。昨日、急上昇した日経平均株価は短期では強く転換したものの、トレンドは下降のままで、本日7583ポイント以上・或は明日に7513ポイント以上にならないとトレンドも転換しないので、要注意である。それから、売買高が増えないのも上昇の期待が欠ける一因でもある。

gwijpn at 08:33コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ