2009年02月27日

2月27日本日のマーケットウォッチ

昨夜のニューヨーク市場は前日金融株のリードで高く寄り付いたが、中盤から利食い売りが先行した結果、終盤までずるずる前日比以下に押し戻された。ダウは88.81ドル・1.22%安、S&P500も12.07ポイント・1.58%安、ナスダックは33.96ポイント・2.38%安で引けた。特に、ナスダックの下げが際立った。罫線の形も短期の上方修正が終わり、下降に戻った。東京市場は100円に迫る急激な円安は材料視されても、強弱材料が相殺され、売り圧力の方がやや上回るようである。本日、日経平均株価が7407を割らない限り、目先の戻りの動きはキープできるが、割ってしまった場合は一層売られやすいようになる。 余談だが、今こそ株式市場を盛り上げる政策を講じてほしいところです。現状では、売買増を刺激させ、長期投資を呼び込むのはどうやら減税・免税などのアメをやらないと投資家は戻ってきそうもない。

gwijpn at 09:01コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ