パズドラ越え

こんばんは。昨年の流行といえば、半沢直樹の「10倍返し」とともに、「パズドラ」も話題になりました。

「パズドラ」とは、「パズル&ドラゴン」のことでスマートフォンゲームです。

 ダウンロード数も、2000万をこえています。

 この、ゲームをつくったのは、ガンホーという会社です。

 もともと、この会社はパソコンゲームを普及させた、会社ですが、この「パズドラ」効果でものすごくもおかっているみたいです。

 そして、「パズドラ」に続く大ヒットを狙って、今月いよいよ動きだすようです。

過去最高売上最高益を達成したガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下ガンホー)は、2013年12月期決算説明会資料を公開し、今後の展開を明かしました。





既にお伝えしているとおり、ガンホーの平成25年12月期決算は、売上高1630億6000万円(前年同期比 531.5%増)、営業利益912億2800万円(前年同期比 881.1%増)、経常利益901億400万円(前年同期比 863.1%増)、純利益547億6800万円(前年同期比 567.1%増)であり、全世界ゲーム売上ランキング・全世界パブリッシャー別売上ランキング共に1位となっています。


そんなガンホーの今後の成長戦略として、同社代表取締役社長CEO兼エグゼクティブ プロデューサーである森下一喜氏は、カズノミクスと題して3つの戦略を説明しています。


◆既存価値の最大化
昨年発売した『パズドラZ』や、今春稼動予定のアーケードゲーム『パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-』、公式グッズといった『パズル&ドラゴンズ』IPを使った展開を進め、『パズル&ドラゴンズ』自体にも新ゲームを追加すると発表しました。


◆新規価値の創造
新作ゲーム『サモンズボード』を投入すると発表しました。


◆海外展開の強化
昨年買収したスーパーセルの活用と海外支社の連携強化により、世界同時配信タイトルの開発を進めると発表しました。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


そしてガンホーは、「本質=面白いゲーム開発」とし、「パズドラを創ったガンホーこそパズドラを越えられる。オリジナルしかオリジナルを越えられない。」と締めくくりました。


新作サロン系ファッションはこちら⇒ chains2000ショッピングモール
 


※当店auポイント使えます。


ドキドキ 携帯からはこちら
  ドキドキ





新作サロン系ファッションはこちら⇒ chains2000ショッピングモール

※当店auポイント使えます。
コメントする
いいね!した人  |  コメント(0)
ツイート
記事一覧  | ジャニーズ好感度N・・・ »
ジャニーズ好感度N・・・ »
[ コメント記入欄を表示 ]
コメント
コメントする
[PR]気になるキーワード



意外なジャニーズ好感度調査

こんばんは。


今日は大寒なんですね。北海道では、-30度台まで気温が下がったとか・・・


とても、想像できない世界です。


さて、話は変わりますが、ジャニーズ好感度調査が出てました。


◆若手は亀梨が独走、SexyZoneは意外にも全員トップ10外

 この調査は、NTTレゾナント(株)が運営するポータルサイトgooが「NTTコム リサーチ」のモニター1060名に対して行った選択回答形式のアンケートを独自に集計したもの。男女比はほぼ半々で、10代から40代までほぼ25%ずつモニターを選出しています。

 前篇「ベテラン編」(http://joshi-spa.jp/61927)に続き、若手編のランキングを見てみましょう。

<ジャニーズタレント好感度ランキング(若手編)>

1位 亀梨和也(KAT-TUN)

2位 中丸雄一(KAT-TUN)

3位 玉森裕太(Kis-My-Ft2)

4位 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

5位 山田涼介(Hey! Say! JUMP)

6位 知念侑李(Hey! Say! JUMP)

7位 田口淳之介(KAT-TUN)

8位 北山宏光(Kis-My-Ft2)

9位 中山優馬(NYC)

10位 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)

 若手枠のランキングでは、ドラマ『東京バンドワゴン』の主演や、夜のスポーツニュースで野球選手にインタビューをするなど幅広い露出を見せた亀梨和也が堂々の1位に。同じくKAT-TUNの中丸雄一とのワンツーフィニッシュとなりました。

 3位にはKis-My-Ft2の玉森裕太が入り、以下Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、NYCの期待の新星がゾロゾロ。

 また、年末の紅白歌合戦に初出場を果たしたSexyZoneからは、トップ10入りはナシ。こちらは今後に期待と言ったところでしょうか。

◆男女で評価がまったく違う赤西仁

 男女別にみると、「ベテラン編」がかなり違ったのに対して、「若手編」の上位はほぼ同じでした。ただ、KAT-TUNを脱退した赤西仁が、男性で9位だったのに、女性では30位にも入っていないという興味深い結果に。黒木メイサとの結婚が事後報告だったペナルティとして謹慎させられた後に、脱退してソロになった赤西。「わが道を行く」っぽさに男性は好感を持ち、女性は「KAT-TUNあっての赤西」だったのでしょうか。

<【男性のみの結果】ジャニーズタレント好感度ランキング(若手編)>

1位 亀梨和也(KAT-TUN)

2位 中丸雄一(KAT-TUN)

3位 玉森裕太(Kis-My-Ft2)

4位 知念侑季(Hey! Say! JUMP)

5位 山田涼介(Hey! Say! JUMP)

5位 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

7位 田口淳之介(KAT-TUN)

8位 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)

9位 赤西仁

9位 北山宏光(Kis-My-Ft2)

<【女性のみの結果】ジャニーズタレント好感度ランキング(若手編)>

1位 亀梨和也(KAT-TUN)

2位 中丸雄一(KAT-TUN)

2位 玉森裕太(Kis-My-Ft2)

4位 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

5位 山田涼介(Hey! Say! JUMP)

6位 知念侑李(Hey! Say! JUMP)

7位 中山優馬(NYC)

8位 北山宏光(Kis-My-Ft2)

9位 田口淳之介(KAT-TUN)

10位 中島健人(Sexy Zone)

 意外な結果が相次いだこのGooランキング。もしかすると2014年は、ジャニーズにとって大きな世代交代が近づいていることを暗示する結果なのかもしれません。



確かに意外な結果ですね。


KAT-TUNのメンバーが活躍してますね。


3月に映画ドラえもんの主題歌リリースが決まったキスマイも大活躍。


亀梨和也君は男女問わずとても好感度がいいようですね。




193677348_1
 

新作サロン系ファッションはこちら⇒ chains2000ショッピングモール  

※当店auポイント使えます。

ドキドキ 携帯からはこちら   ドキドキ

ジャニーズ副業問題 なぜダメ?

おはようございます。

相変わらず寒い日が続きます。ノロウイルスが猛威をふるっているようです。手荒い、うがいを徹底しましょう。

さて、今日のジャニーズの話題は、副問題です。

昨年、元KATーTUNの田中聖君がジャニーズを解雇されました。

その原因が、副業問題があげられています。

飲食店の実質経営をしていたとも・・・・・・

つい最近も、これまた元KATーTUNの赤西仁君が、作詞の副業をしたというもの。もちろん、ペンネームでの作詞ですので、本人名は出てはいないので、事実かどうかわかりませんが。

さすがに、これだけで解雇とはならないでしょうが、警告を受ける可能性はあるかも。

一般の会社でも、副業を禁止しているところもあります。だから、特別厳しいものでもないのでしょうが、権利関係に敏感なジャニーズならなおさらでしょう。

未だにジャニーズは、ネットに所属タレントの写真を載せることを禁止しています。

ネット社会のこのご時世でもそこは、徹底。

ジャニーズタレントで、ブログをやっている人は表向きはいない。もちろん、事務所のサイト上ではあります。

だけど、ペンネームでのジャニーズタレントのブログは、存在するかも。

以前の話ですが、嵐の相葉君の実家の中華料理店が、相葉君の実家を売りにしていたところ、ジャニーズ事務所からクレームが入ったとか…

確かに、事務所としては権利関係については厳しいガイドラインを持っているのでしょうね。あくまでも、タレントは、会社の商品なのかもしれませんね。

193677348_1

 



新作サロン系ファッションはこちら⇒ chains2000ショッピングモール
 


※当店auポイント使えます。


ドキドキ 携帯からはこちら
  ドキドキ


プロフィール

さとし

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ