アーカイブ

2017年08月

大人の自由研究:コーヒー焼酎にチャレンジ

カテゴリ:
 コーヒー好きです。

 2年ほど前から、ハンドドリップで1日1~2杯は必ず飲んでいます。

 いろいろ豆にもこだわりたいんですが、今のところ高い豆には手を出さないことに決めていますので、それなりの豆で楽しんでいます。


 先日、ある方が作った自家製のコーヒー焼酎を飲ませていただきました。

 飲んだことがない方は、かなり違和感を持つと思いますが、実はすごくおいしいです。
 コーヒー嫌いでなければ、ほとんどの方の口に合うと思います。

 今回は水割りでいただきましたが、とてもスッキリした味で、いろんなつまみにも合います。
 サワーもアリらしいです。


 今回、その方に作り方のコツを教えていただいたので、さっそくチャレンジしてみることにしました。

 先日、子どもの自由研究はやっつけましたが、今度は大人の自由研究です。

IMG_20170827_192845

IMG_20170827_193558

分量・割合についてはいろいろ意見があるようですが、とりあえず、焼酎700mlに対し、豆70gで試してみます。

この3分の1ぐらいの豆でいい、というハナシもあるようなんですが、さてどんな感じか。


そして、どれぐらい漬け込むか。
これも人によってマチマチみたいです。

ネットでは1週間程度で”えぐみ”が出る、という意見が多いようですが、今回教えていただいたのは、1か月以上、ということなので、時々味見しながら、調整してみたいと思います。


ちなみに、焼酎は普通の「甲類」。梅酒とか漬けるやつ。35度。

豆は、コロンビアスプレモのミディアムローストを使用します。


豆は安くても十分ということだったんですが、ちょうど焙煎してから時間が経った豆があったので、それを使っています。


さて、どうなるやら。
また、経過報告します。





晩夏の山寺から仙台へ

カテゴリ:

 ついこの間登った山寺なんですが。

 山寺駅から山寺全景を。

IMG_20170826_121311
 
 今回は、仙台で相続についての講座があったので、向かう道中、山寺駅から電車に乗る際に写しました。
 撮り方が下手くそで、お寺は良く見えないですね・・・。


 ちょうど長雨が明けた直後の空模様で、上空は風が強そうです。


 お盆を過ぎて、朝晩めっきり涼しくなりました。
 いよいよ、夏も終わりですね。





生涯投資家 村上世彰

カテゴリ:

 読書も趣味の一つです。

 寝る前に横になりながら読むのは最高です。
 眠くなってきたな、と思う時にしおりをはさんで本を閉じ、すっと寝る。

 最高です。

 事情により、 ずっと一般書を読むことを抑えてきたのですが、1か月前に読書を解禁してから、20冊ぐらい一気に読んでいます。
 

 その中で、アタリ本がありました。
 それがこちらです。

IMG_20170822_095350


 若い人は、もう名前も知らないかも知れません。
 「村上ファンド」が世間を賑わせたことも、ずいぶん昔になってしまいました。


 私が投資に興味をもち始めた頃、まさにこの村上ファンドの全盛期でした。
 本書にも出てくる、フジテレビとニッポン放送間の一連の騒動時、フジテレビが実施した大規模な公募増資にも応募し購入した記憶があります。


 このファンドが、”ある銘柄に投資している”、と世間に知れれば、その途端にその銘柄が急騰する、ということは、株をやっていればみんな知っていることでした。
 
 外資をハゲタカと呼ぶ表現もこの頃に流行った記憶がありますが、このファンドもそのようなものに例えられることもあり、とにかく、皆の印象は良くなかったはずです。
 メディアに出てきても、自分の主張ばかり言う人だな、というイメージをもったことを覚えています。

 2006年に、ニッポン放送株式の売買に絡むインサイダー取引で逮捕され、のちに有罪確定となったことで、表舞台からは姿を消しました。

 その後、久しぶりに名前を聞いたのが、2、3年前。
 村上氏の長女が、事業を継いで、ある銘柄に投資している、というニュースが流れた時です。

 まだやってるんだなあ、と当時懐かしく思いました。


 この本は、これまでの著者自身の投資活動が、どんな目的で、何を目指していたのか、を中心に描かれており、あとがきにも、それを知ってほしい、少しでも理解してほしい、と書かれています。

 世間からはハゲタカと蔑視され、さらにインサイダー取引での有罪も確定していますので、それらについての言い訳、自己弁護、責任回避的な意図があるのかもしれないですし、それは、自身の著作ですので否定は出来ないとは思いますが、そういったことも読む前から念頭に入れた上で読み始めました。


 一気に読み切りましたが、読了後、私は、スッと胸に落ちる感覚がありました。

 Amazonの評価が尋常でないことも頷けます。
 
 
 
 本書の内容をまとめて3点。
 誤解の無いように前置きしますが、私は著者の考え方を礼賛するわけではありません。



 ①2000年前後~リーマンショック前までの村上ファンド時代に、世間を賑わせたファンドの投資活動の意図やその背景が理解できる。(「東京スタイル」、「昭栄」とか懐かしい・・・)

 ②村上氏自身が公益的な信念をもって投資活動をしてきたこと、そしてその信念とは「日本経済の持続的発展には、資金の循環が必要である」ということ。
  
 ③村上氏が投資先に求めることはほぼ共通しており、それは「株主価値の最大化。株主から集めた資本を有効活用しているか、していないなら株主に返せ」。アメリカでは、このような意識が高い。そして、投資家に戻った資本は必ず別の投資先に向かう。これが資金の循環。



 著者は自身が世間からどういう評価をされているかをよく認識しているようで、本書では、努めて内省的な視点で振り返っている姿勢が伺えますが、基本的に、村上ファンドの論理で記述されているので、①の事実関係や内容については異論もあると思います。 

 また、株を買い占められた経営陣からすれば、敵意を抱くのも当然ですし、このファンドが要求する内容は、原則論の押し付け的なもので、それを素直に受け入れて実践できる経営者はそうはいない、とも思います。
 本書には、取締役の累積投票制度の導入を!という主張もありますが、現実に導入する企業が増えるとは思えないです。少数株主が全く知らない取締役を連れてくる可能性があるわけですから、社外取締役の実効性すら問われている日本企業の現状で、累積投票を可とする企業が現れるとは考えずらい。


 ただ、視点を広げると、日米の株式市場における、株価の推移や平均PBR(※)の差、というまさに結果としての現実の数字がありますので、それについての著者の説明には、納得するしかないのではないでしょうか。

 ※PBR=株価純資産倍率 その会社の1株当たりの純資産 ÷ 1株の株価
  要するに、その会社の純資産に対して、株価がどの程度買われているか(評価されているか)

  アメリカの平均 3倍程度
  日本の平均   1.5倍程度

 アメリカの会社は日本の会社よりも、純資産に対しての評価が高い、とも言えるし、実際純資産に対しての利益率も高い。

 つまり、アメリカの方が集めた資本を有効に活用しているわけです。
 それだけ効率的に資金が循環している、とも言えます。
 そして、日経平均はバブル期の半分程度を行ったり来たり、に対し、ニューヨークダウ平均は史上最高値を更新し続けています。

 要するに、これまでの結果としては、「株主価値の最大化」を追及してきたアメリカ式が評価されている、ということです。


 本書の最後には、今後の日本にとって大切なことは、資金を循環させること。これが著者の信念であり、本書で得られた収益をそのような教育・啓蒙活動に使っていきたい、というくだりで締められています。



 それにしても、「投資家」というものに対する世間の目は厳しいものです。
 安く買ったものを高く売る、という行動は、どの商売でもおなじだと思うのですが、投資家、というだけで、何か、楽して儲けた、みたいなイメージがあるのでしょう。

 本書の中に、非常に印象に残った言葉があります。


 著者が、インサイダー取引に係る裁判の中で、一審の裁判官に言われた一言。

「『ファンドなのだから、安ければ買うし、高ければ売るのは当たり前』と言うが、このような徹底した利益至上主義には慄然とせざるを得ない」
※『』は、公判の中で村上氏が発言した内容だと思われます。

 これが世間一般の見方なのであり、当時私たちが著者に対して漠然と抱いていた不信感のようなものを表した言葉でもあると思いました。
 
 しかし、村上氏のような投資家は、左うちわで家でピコピコ売買しているわけでなく、徹底した調査を元に投資先を決定し、それらの経営者と面談を重ね、ファンドの出資者から預かった資産の最大化を図ることに徹しているわけです。それが仕事ですから。
 これは、商売人が物を販売したりサービスを提供する中で、徹底して安く仕入れて高く売ることと、差はないはずなのですが。
 





市民相談 当番

カテゴリ:

 たまには、行政書士としての話題を。

 私の住む天童市の市役所には、市民相談室という市民向けの相談所がありまして、毎週水曜日を天童市行政書士会が担当しています。

 行政書士会内で、担当の割り振りがあり、今日は私が当番、でした。

 予約不要ということで、ほとんどの方は直接いらっしゃいますので、即応能力が問われます。
 
 最初の頃は、「遮蔽物の無い野原で、どこからハンターに狙撃されるかわからない恐怖に怯えている兎」のような心境でしたが、今は落ち着いてご相談に応じています。
 
IMG_20170823_093052


 
 そして、お昼は市役所の食堂で日替わりランチを。
 こちら500円です。

IMG_20170823_120635

 初めて利用しました。
 小鉢や皿などを順次お盆に載せていく流れ作業がわからず、マゴマゴしていたら、市の職員の方だと思いますが、お母さんみたいな方が親切に教えてくれました。
 
 メインは、ハンバーグのデミグラスソース掛けだと 思われます。
 
 小鉢好きな私としては、小鉢と漬物の中身がどちらもナスだったのがショックで。
 
 



ギター歴24年

カテゴリ:

 行政書士でブログされている方はたくさんいらっしゃって、やはり多くの方は仕事上の気づきとか悩みとかを記事にされている方が多いようですね。

 私は、自身の人となりを知っていただくことや、実際にお仕事させていただく時の雑談用、という趣旨でこのたびブログを始めましたので、仕事に関することよりも、趣味や日常、ニュース記事などについての記事が多くなると思います。
 

 お客様、同業の方限らず、共通の趣味があったり、気になる内容があれば、お会いした時に気軽に声をかけていただければ嬉しいです。
 


 早速ですが、今日は趣味のギターについて。


 いま、ギターを始めてどれぐらい経つのかを、改めて指折りしてみたところ、24年!ですね。

 驚愕です。

 24年やってこれしか弾けないのか、という意味で。


 学生時代に、先輩が引いているのを見てカッコイイと思ったのが、きっかけで、今の今までズルズル弾き続けているわけですが、「人に聞かせる」、というのではなく、「家で自己満足に浸る」というスタイルでやってきたせいか、とにかく上達はしませんでした。

 ちなみにこれが愛用のギターです。


IMG_20170820_140716

IMG_20170820_140651


 ギブソンのCL-20という、ギブソンの中でも、かなりマイナーなアコースティックギターです。
 一応ピックアップもついているので、エレアコと呼ぶのでしょうか。

 ギターを始めた頃は、1~2万円ぐらいのモーリスを使っていましたが、15~20年ぐらい前に、このギターを楽器屋ですすめられるままに衝動買いしてしまいました。

 試し弾きさせてもらった時の音色に感動して、促されるままに割賦契約へと。


 元々、ギターには詳しくなく、今思えば、もっと有名どころのシリーズを買えばよかったのかな、と思うのですが、当時は音色に瞬殺されてしまいました。

 でも、いい音するんです。



 
 そして、前述のとおり、ずっと、部屋で自己満足の世界におりました。
 バンドやろうとして、メンバー集めて2、3回スタジオで練習したことはあるのですが、いずれも単発で終わってしまいました。

 そんなギター人生を24年も歩んできたのですが、少し前に、人前で演奏してみないか、とのお誘いがありました。
 具体的には、演奏できるロックバー的な所で、アマチュアさんが交代で演奏するミニライブみたいなやつへの参加です。

 5年前だったら、やらなかったでしょう。

 でも、仕事辞めて、開業した今の私には、怖いものはありません!、と言ったら完全に嘘なんですが、開業時、新しい世界にチャレンジする機会があったら、飛び込ませていただく、という心構えに切り替えていましたので、せっかくのお誘いに対し、快諾する次第となりました。

 
 そして、先日、ありがたく参加させていただきました。

 たった2曲ですが。

 ①斉藤和義  歌うたいのバラッド
 ②The Beatles Golden Slumbers
※選曲の理由
 ①歌詞もコード進行も一番覚えている曲だから。
 ②短いから、失敗しないかな、みたいな。 
 いずれも、へなちょこな理由です。


 他の参加者は、プロか?と思うようなうまい人ばかりです。
 サイモン&ガーファンクルのボクサーをやった方たちなんか、演奏も歌も発音もハーモニーもお見事!

 滅茶苦茶うまい人がゴロゴロしてるんですね。

(後で聞いた話ですが、こういう方々はいろんなお店から呼ばれてやってる人みたいです。セミプロみたいなもんでしょうか。)

 私と言えば、現場に到着後、場違いなんじゃないかと周りをキョロキョロし、内心は「帰りたい」思いも頭をよぎっていましたが、生ビールをグイっといって、なんとか完奏しました。

 内容は、途中脳みそ真っ白状態になって、「あっ」と止まってしまった時もあり、「がんばれ~!」と観客のお客さんに声がけされる始末で、とてもじゃないけれど、うまく弾けたとか、楽しんだ、なんていうレベルではありませんでした。


 ドアーズの曲で、Break On Through (To the Other Side) 
 という曲があります。

 私の訳としては、「壁をぶち破って、新たな世界へ飛び込むぜ」みたいな曲で、好きな曲の一つなんですが、この度は、この曲を口ずさむような意気込みで挑みました。


 実際は、「壁をぶち破る」ではなく、ドアーズだけに「ドアをソーっと開けた」という感じで終了です。


 事情があって、ギターを半年以上封印していた直後でもあったので、ちゃんと練習すれば、次回はもうちょっとうまく演れるかな、と思っているところです。

 人前で、楽しく演奏できるようになったら最高ですね。



このページのトップヘ

見出し画像
×