カテゴリ

カテゴリ:仕事(司法書士)のこと

グーグルマップの劣化著しい

カテゴリ:

 2,3か月前だったか、

 グーグルマップがゼンリンとの契約を終了したらしい

 とのニュース記事が出ていました。 



 確かに、地図上にあった店舗・施設名の表記が大幅に減っていましたので、そうなのかもな、と思っていました。
 まあ、でもストリートビューは便利だし、初めて行くお宅などの場合は、変わらず使わせていただこうと思っていました。

 が!



 最近、住所を〇号まで指定しても、〇番までしか表示されないことが多くなりました。

 というか、区画整理されている(〇丁目〇番〇号)では、ほとんど全滅なのではないでしょうか。
(もちろん、全部調べているのではないので、あくまで感想です)


キャプチャ


 これは、天童市役所ですが、
 市役所の住所(老野森1-1-1)を入れても、1-1の赤枠でしか表示されません。


 
 これだと、ハッキリ言って使えません(市役所は大丈夫ですが)。


 ヤフーの地図で検索すると、どれもきっちり出てきますので、たまたまその住所だけが悪い、ということではないと思います。



 私は、既に、住所検索をヤフー地図に切り替えました。

 でも、ストリートビューがないのでやっぱり不便。




 「プラットフォームを作ったもん勝ち」

 とはよく言われます。

 一度ネット上でショッピングモールとか、検索サイトなどの優位性を確保すると、多少サービスを劣化させたり、値段を上げても、客離れしない、というやつです。
 


 しかし、ここまでの劣化だと、グーグルマップの牙城も崩れるんじゃないかと。

 
 早くゼンリンさんとヨリを戻していただけたらと思います(話が本当なら)。







ストレス発散的設備投資

カテゴリ:

 かなり間が空いてしまいました。


 「ブログ見ています」

 私のブログを見ていただいている方から声を掛けられることがありますが、自分で開設しておきながら、「見ています」と言われると、かなり恥ずかしいです。
 んじゃ辞めれば、と自分で言いたくなるぐらいなんですが。


 
 見ていただいている方のためにも、もっとマメに更新して行きたいと思いますが、不定期になることはご了承ください。

 


 さて、今日は話題の商品のご紹介。



 忙しい日々が続くと、ストレスが溜まります。

 物を買ってストレス発散。
 
 私もそんなタイプなのですが、余計なものを買う余裕はありません。

 しかし、仕事で使うとなれば、理由が付きますよね。



 このたび、ストレス発散的に設備投資をしました。



 それがこれ

 IMG_20190601_172642

 
 さて、これはなんでしょう。

 一目で分かった人はかなりの電子機器マニアです。

 
 「RICOH」の文字が見えますが・・・。


 今年4月に発売されたばかりで、現在は、注文から2~3か月待ちになっているらしい、物好きな人の間で話題になっている商品です。

 私は、早々に衝動クリックしたので、なんとか5月末に入荷されました。


 「設備投資」って、こんなちっちゃいやつで、そんな・・・
 という声も聞こえてきそうですが、
 

 こんなんで、5万円!!します。
 

 いったい何してくれるんでしょう。


 もったいぶるわけではありますが、詳細は次回に・・・。



山形の遺言・相続登記・会社設立・役員変更

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


カテゴリ:

 テレビ電話による定款認証

 
 このたび、会社設立のご依頼をいただき、さっそくテレビ電話による定款認証を試してみようと鼻息荒く、公証役場に予約をいれようと連絡しましたが・・・。


 結論
 現在のところ、作成代理人がテレビ電話による定款認証を使うには、ハードルが高い(´・ω・`)



 以下、公証役場のホームページより
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
 テレビ電話システムについて

下記の要件のいずれかを満たす電子定款(電子私署証書を含む。)に限り、テレビ電話システムを利用して認証手続を行っております。

  1. 発起人等が電子定款等を作成して電子署名し、かつ、発起人等がオンライン申請する場合
  2. 発起人等と定款作成代理人との間で、電子定款と委任状を一体化した電子文書を作成し、これに電子署名を順番に行って、定款作成代理人がオンライン申請する場合
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
 つまり、
 1.発起人自身が電子署名をして電子定款認証を受ける
 2.発起人と作成代理人が双方電子署名をして認証を受ける

 士業は、2.の部分になりますが、「発起人」の電子署名が必須ということです。
 件数は相当少ないのではないでしょうか。


 正直、新し物好きの期待先行で、「テレビ電話で出来る!」ことしか頭に入っておらず、条件をきちんと確認していませんでした。





山形の遺言・相続登記・会社設立・役員変更

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


テレビ電話による電子定款認証

カテゴリ:

 昨日今日は、花粉が少なく比較的おだやかに過ごしています。


 さて、以前定款認証が、「テレビ電話で出来るようになる」かも、と書きましたが、急転直下、今月中に稼働が始まる、という知らせが。


 キャプチャ

 既に公証役場のHPに掲載されています。
 
 https://www.kosyonin.jp/flow


 しかも、設備投資不要(WEBカメラ付きのPCか、スマホさえあれば)、そしてかなり簡単な流れで認証手続きが完了しそうな雰囲気です。

 山形の公証役場のHPを覗いたら(いつの間にかHPが出来ていた!)、認証日・時間の予約もWEB予約となったようです。



 遠方の認証の場合、これまでは、出頭だけのための出張や、現地士業者への復委任などの手続きが必要でしたが、今度は、全国どこの公証役場の管轄でも、事務所にいながらの認証が可能になりそうです。


 ただ、士業にとって手続きが省力化されると同時に、一般の方の自分自身による定款認証のハードルも下がることになるかもしれません・・・。



 まあそれは置いておいて、いずれにしても、早く試してみたい!

 というのが、本音です。



 なお、公証役場で指定している、スマホでのテレビ認証アプリ、「FaceHub」をスマホにインストールしてみましたが、このままでは全く使えません。

 説明書きもなく、いきなり「チケット番号」を聞いてくるだけです。



 実際に依頼を受けてみてからですね。
 


後記

 しかし!
 実際は・・・ ↓


http://blog.livedoor.jp/gy88/archives/17300172.html





山形の遺言・相続登記・会社設立・役員変更

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


新しい定款認証制度 実務

カテゴリ:

 前回の更新から、かなり間が開いてしまいました。

 余裕のない日々が続き、更新できず。

 やっと心に隙間ができましたので(言い回しがおかしいですが)、最近の出来事を。


teikan_flyer



 以前、定款認証制度が変わる、ということでご案内しましたが、制度が変わってから初の定款認証に先週行ってきました。


 実務的に増えた内容は、

1 実質的支配者となるべき者の申告書の作成&FAX
2 電子認証の送信時に、実質的支配者を入力する

 だけです。

 ですので、手続きの手間的にはほとんど影響はないです。
 

 問題は、公証人のデータベースに引っ掛からないのかどうか、という点だけ。
 

 巷のうわさによると、引っ掛かっている事例もあるらしいですが、よほど怪しい人でなければ、私たちからすれば、「申告してみてないとわからない」のが実情でしょう。


 暴力団員等該当性ということで、「該当 or 非該当」の欄はありますが、「該当します!」と言ってくれる方はいるのか、という・・・。


 そして、引っ掛かった場合に、

「申告された実質的支配者となるべき者が暴力団員等に該当し、又は該当するおそれがあると認められた場合には、嘱託人又は実質的支配者となるべき者は、申告内容等に関して公証人に必要な説明をしていただくことになります。」

 の中の「必要な説明」・・・。

 
 説明内容によっては、認証されることもある?
 どんな説明?
 

 説明が必要なシーン。
 
 あまり想像したくはないですね。




山形の遺言・相続登記・会社設立・役員変更

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


このページのトップヘ

見出し画像
×