微妙にマイブームになりつつあるのは健康だ
今のとこ特に健康管理とかをしてるわけじゃないけど
余った野菜とかを全部ほりこんでジュースにできるやつあるやない、あれとかいいんじゃないか
今朝はトーストとヨーグルトをガストで食った
ハンバーグやウインナーがついてるモーニングじゃないぜ、ヨーグルトだ
これは健康的だ、店員からも賢く見えたにちがいない

あと何年かに一度くるヨガちゃんとやってみたい期がきてる、家で猫の伸びのポーズで肩甲骨はがし?ってやつしてたらゆっくりさんも目の前で同じポーズなってほほえんでしもたわ

このブログに俺が
「絶対痩せる青汁通販」とか
「ヨガから始まる新生活」とかって書き出して
「一度セミナーにきてください!優しいスタッフが対応します!まずはメールを!」とか
「コンサルの勉強がしたいのでスイスにいってきました!刺激受けまくり!やるしかない!」
とかってことまで書き出したらためらわず殴り殺してください

なんの話これ



てことで10月3日に発売したニューミニアルバム
Super UFO!!の3曲目を解説

③さざ波

これは一方的な歌だなあと思う
歌なんて一方的なものやけど、さざ波は特にそう

歌詞につかってるぶっ殺しに、ぶっ殺して、とかって乱暴な言い回しかもせんけど、そういうの言わないと伝わらない感情があって
映画とか本ならそんな表現も許されるのに歌だと自粛せなあかんのなんでなんって思う

そんな歌詞には明確なモデルがいるけど、だからといってリアルなわけじゃなくてイメージのが大きい

ロックには良いも悪いもなくて点数とかつけれん思うし好きかどうかしかなくて、そんな好きなロックがバンドがなくなったり消えてしまったりするのは悲しく思う
仕方ないことやとしても

汚れた作業着で安い日当で汗かいて夜まで頑張った帰り
真っ暗な道を走りながら散らかった車の中で語り合った言葉は力強くてかっこよくて誠実で安心できたものだった

思い出してがんばる
色んなことが変化して色んな思いにもなったり逆に色んなことを思われたりしてるかもしれんけど
バンドに対して持つ熱意とか、バンドをどうしてたいかとか、そういうとこなんもかわってないからな俺あれからずっと


演奏については
この曲のコードって綺麗よねって
いまだにコードの名前わからんねんけど、家で適当に押さえて偶然見つけたコード
たぶんなんちゃらセブンスとかそんなんやろうけど
いつかこのコードつかって曲作りたいなーと思ってたのがやっとこの曲で出来て嬉しい

たんたんとしたピッサンのドラムが気持ちいい


また半端なとこからでも半端な歌でもいいから
何度でも気持ち巻き戻して、いつになってもいいし気が向いた時にでも、軋轢感じなくなった頃に
ねえ、ビールのんでふざけてゆずとか歌いたいっすわ

特別な友達が居る
今はどこに住んでるのか何をしてるのかわからんとしても、確かに一緒に長い時間を過ごしケンカしたり馴れ合ったりした友達が

たとえばギャーギャーズが解散して今のことを思い起こせば、あいつらメンバーのことだってそんな風に思うのかもしらん、対バン相手の奴らのことも、例えばなおやくんや江口くんとかゆうじも海彦も

すれたふりしても結局くさくてあつい展開が好きだからそんな風に思う、そんな風に思うようになると思う

現在進行形であり過去形であり、どっちも、友達以上の友達ってのはそういう感覚がある


②ゴーブラザー

勝手に助けられてる部分があったりする
関係ねーよって騒ぎに来てくれた客のおっさんたちやおっさんじゃない人たちに

一緒に行動してるわけじゃなくって、ライブがある日の限定された場所で限定された時間だけやけど


春頃にレコーディングに向けて新曲を作ろうって思ってノートにまとめてあった言葉と思いついた言葉をいっしょくたにした、思い浮かんだのは客のあいつらの顔

ゴーブラザーのAメロの歌詞は「なんじゃこれ」と思うかもせんが、一応自分なりにあそこが網になっている、なっているつもり、なっているはず、なってるでしょう

あんまりなんも考えんでええくて
どんどんシンプルに、チュインチュインに尖っていったら良いと思う

“ブラザー”て、ダサいけど、いいじゃん
バカバカしくて
でもウソじゃないからね、ブラザーやからこっちからした、そっちはしらんけど、ええねんそこは

先に書いたように、助けてもらったと思うし、そっちはそっちで勝手に楽しくなってるしギブアンドテイクが成り立ってる
どんどん純粋になっていって良かったなあと思う

うーん
なんかよくわからんかな、解説やのに
つーかライブでしかやってなかった時は「ノーブラジャー」やと思ってる人もおったみたいでそれはそれで正解やんか、つーかそっちのがええやん
ノーブラジャーにしたかった!
否、ゴーブラザーですよろしく

わかるでしょ、ね、楽しくいこうぜってこと
こういうことちゃんと書くとさぶい
感じろ、わかるやろ、死ね、生きろ、死ね

そそ
いつもの通り楽曲やその演奏については特になくて
ああだから俺たちプロっぽくないんだなと納得
真ん中あたりのワクワクさんとゲッテの外人風の掛け合いがすき、楽しいなあれ、なんだあれ

つーことでライブでは皆さんゴーブラザーゴーブラザーのとこしっかりと声だして歌ってみよう

次のライブは13日川崎チッタ
セッチューフェスな

ツアーは今月16日火影での愛はズとのツーマンからゴーブラザーなんでそこんとこカモンブラザー
予約まだいけるってよ、はじまりの瞬間目撃しにこい

そしてツアーファイナルのファンダンゴワンマンまでゴーブラザーオッケー!?オーイェ!ブラザー!

もう発売して1週間が経って今週発売のCDが店頭に並び、それはどのアーティストでもそうやろうけど俺らのSuper UFO!!は展開場所から多分棚のキ行のとこに移動させられてるんだろう
流れは早い、まるでそれは、まるでそれはなんやろう、例えられる事象が多すぎてもうええ

つーことで曲解説なんかをしてみたい


1曲目を飾るのは表題曲のSuper UFO!!

解説って言ったってもうCD作る度に毎回やってるからやってるってだけで何も言うことないんやけど

とにかくまあすげえ乗り物ですげえとこまで行こうぜって感じ

歌詞についてもあんまり言えることはなく
ただ今までよりはなんかストレートにあほっぽく
恥ずかしがらずにをモットーに
聞いた言葉や感じた事をまぜてまぜて

そうそう話は膨らむけど
糞が糞に対してマウント取りにいってる姿って生産性がないって思う、ないんだよ全く、時間の無駄
俺は糞やからそういうことしてきた

いつ頃からか、頻繁に人と飲むのをやめたり、付き合ってた恋人に何度も嫌気がさしたり、自分の言葉がバカバカしく思えたりしてきたのは
たぶんそれは人の悪口や妬み嫉みを聞いたり感じる瞬間が増えてきた頃から

いつまでこれ続けてくんかな俺はこの人はあの人はいつまでやってんねやろこんなこと
ってなったのが2年くらい前

それから好き勝手して生活もめちゃくちゃなって叩かれて自己嫌悪になるような事もあって、またそれがあったからこそ今があって結局あららら知らんまに変なとこに着いたなあと感じる
それってたぶんなんちゃらゆーふぉーに乗ってたんすよね、素晴らしい乗り物にみんなも乗っていこうな


とかなんとか落とし所見つけようとして見つかってないけどそれを貫き通すスタイルがこれ
語尾に「~よね」とか「~やっていこうな」とかって自然と相手に投げ掛けて終わらせる話し方するのは自分の意思に自信がない証拠

なもんで続きとしては

乗ってたんすよね
乗ってねーよ

乗っていこうな
んなもんねーよ

ってとこで行き止まり、その先は
この世に存在しないってわかってるモノを自分で作っていく、そういうやり方


心に灯る希望も強い自信も明るい予測もぜんぶ幻想だ
目の前にあるのが現実でそれしかないのだ、それが微妙なら希望や自信や予測を現実に変えていくしかない

あほのふりしても賢いふりしてもどうせおまえはおまえ、糞は糞でそれだけ

お前の人生だ、って歌詞ふざけんなよって思うよ
何様だ何者だ、でもそれが唯一の事実やからなあ
俺もお前も、自分になる時が来たわけだ


そんな曲



演奏はドカーンと
やりたいように、ライブやとグチャグチャとした印象になるかもやから、なんか耳かっぽじって集中して
そこんとこ大事

解説ってこんなんやっけ
よくわからんくなった

とにかくなんかすげえ乗り物に乗っちまった以上いくとこまでいくしかないっすわ
気持ち次第で思ってるより結構すげえとこまでいけるからそこんとこよろしく
ついてこいよベイベー

↑このページのトップヘ