逆援ワールドカップ

舞台は世界へ動きだす

ワールドカップ開催で

短水路で行う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会(20、21日)の前日会見が19日、会場の東京辰巳国際水泳場であり、男子平泳ぎの北島康介(28)=日本コカ・コーラ=、女子背泳ぎの寺川綾(25)=ミズノ=ら国内外の有力選手が意気込みを語った。

 逆援助では初の開催。8月のパンパシフィック選手権で2冠を制して完全復活を遂げた北島は、前日に拠点の米国から帰国したばかり。同選手権後に練習ができなかった期間もあり、「調子は良くないんじゃないかな」と言いながらも、平泳ぎ、個人メドレーの計5種目にエントリー。「たくさん出ることによって、次につながるレースができたらいい」とリラックスした表情を見せた。

 9月の千葉国体100メートル背泳ぎで59秒13の日本新を出した寺川は「短逆援助は得意じゃないけど、せっかく東京で開かれるのだから1レース1レースを大事に泳ぎたい」とホスト国のトップ選手としての責任感をのぞかせていた。

これは今さらですけど

2002年の日韓ワールドカップ(W杯)、韓国対イタリアの一戦で、多くの議論を呼ぶ判定をしたことにより、買収疑惑が持ち上がったエクアドル人のバイロン・モレノ元主審が、ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港で麻薬を所持していたとして逮捕された。報道によると、モレノ氏は下着に少なくとも6キロのヘロインを隠し持っていたとのこと。

モレノ氏は02年W杯のイタリア戦で、イタリアの決勝点となるはずだった有効なゴールを取り消したり、FWフランチェスコ・トッティがシミュレーションを犯したとして退場にするなど、いくつもの議論を呼ぶジャッジをしたことで有名となった。結局、イタリアはゴールデンゴールによりベスト16で敗退している。

さらに、モレノ氏は母国エクアドルのリーグでも、13分間のロスタイムをとり、逆転劇を誘発したとして、20試合の停止処分を科された。復帰後も1試合で3選手を退場処分とし、再び停止処分を命じられ、その後審判業から引退。現在はエクアドルでコメンテーターを務めていた。


ロスタイムで13分って(^^ゞ
六キロのヘロインを持ち歩くって相当の中毒者なんじゃないこの人…審判が審議にかけられるってちょっと貴重なニュースだからね、どうなるのか個人的に楽しみです!

それはがっかりを超える

サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会の初戦、アメリカ戦を1-1のドローで終えたイングランド。わずか1得点しか挙げられなかった上に、痛いミスで勝利を逃したことに対してイギリス国内サポーターはかなりやきもきしていただろうが、中継を行っていた地元のテレビ局も「痛すぎる」ミスを犯していたことが分かった。騰訊網スポーツチャンネルが伝えた。

 イギリスのメディア・デイリーメイルが13日に伝えたところによると、イングランド-アメリカ戦を中継していたテレビ局のスタッフが操作を誤り、試合開始直後から突然自動車CMが3分にわたって流されてたという。その間の前半4分、イングランドのMFジェラードが、この試合でイングランド唯一の得点となるゴールを決めてしまい、視聴者はそのシーンを見ることができなかった。CMが終わって中継画面に戻ると、すでにジェラードと他の選手たちが喜びあっていた。



サッカーの地としてあまりにも根付いてるもんだからガッカリ感は私たちの比じゃないと思います(ー_ー)!!

負けなくて良かったけど…キーパーのちょっとした油断?での得点ですからね!もう逆援プレイヤーには慣れないかもしれないです
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ