2008年09月29日

iPhone買っちゃいました!

いやぁ とうとう手に入れちゃいました。

iPhoneです。

まだ、買ってから3日ぐらいしか、経っていないので

すんごいこととか、あんまりないんですけどね。

ただ、家に帰ると妹に奪われてしまうんですわ。

続きを読む

2008年09月22日

再復帰 3

・・・だいぶんブログをさぼってしまいました。

復帰したものの、なかなか体力が追いつかなくて、

結局、また長期療養を強引に行ってしまいました。

んで、今日が再復帰初日です。





・・・え〜

長い自宅療養の中で、起きた出来事といえば・・・

続きを読む

2008年07月28日

ハゲちょびんなフェレットたち

そういえば、すっかり書きそびれていたけど、フェレットも
ストレスがたまるとハゲますな。 (^^;

えっと2月下旬から糖尿病で入院、
3月下旬で退院。
3日自宅にいて、すぐに下垂体腺腫で入院約20日間。
約50日間、ごはんとお水だけ、同居している妹に頼んで、
そのっぱなしだったからね。

自宅にもどって、5歳になるギールはツルッパゲ、まだまだ1歳のグリコは、
両サイドハゲちゃってました。(T_T)

つまんなかったろうなぁ。
朝だけ、ダダダっとエサと水だけ交換に来る人間が来て、
「遊ぼう!外に出して!」って言っても、出してもらえず。
いつも、寝起きを一緒にしていた飼い主は顔も見せない。
わけもわからず、そりゃストレスたまるよね。

退院してから、約2ヵ月半。
おかげさまでグリコは見事な毛並みに戻り、超甘えんぼになって、
ギールはハゲチョロビンのふてくされ野郎です。


ギールもグリコもシルバーミット
(白毛で瞳が黒、尻尾に少しだけグレー〜黒の差し毛)
来年の春ぐらいには、2匹ともきれいに生え揃ってくれるといいな。


2008年07月22日

実は今日が社会復帰初日! 4

毎度毎度、ご無沙汰です。
実は、今日社会復帰初日です。
2月下旬から、持病の糖尿病と高血圧が悪化し、入院していました。
そのまま、何も異常がなければ、1ヶ月の入院ですんだのですが、
検査中に下垂体腺腫という、大げさなところに大げさなデキモノができちゃって、
摘出のために入院したんだけど、デカすぎて摘出ならず、
手術はデキモノが悪性かどうか調べるだけのために行い、
デキモノが薬で小さくなることがわかって、やっと退院できた。
つまり病院のハシゴ。
ま、くわしくは「糖尿病で入院すること」参照してください。続きを読む

2008年02月06日

ごぶごぶさた 3

すっごいサボりまくっていました。
どうも、あんまりマメではなくて、あんまり几帳面でもないので、
ズルズルしちまいました。

ん〜 ん〜・・・
最近はですね。
体調崩しっぱなしで給料激減。
あまりの貧しさに、ドロップシッピングにハマリ込むとか・・・
なけなしの軍資金持って、半年振りのパチスロで
ことごとく負けちまったりとか、
まぁろくでもない毎日を送っていたわけですよ。

ん〜・・・書くと ちょいブルー入るね。

ま、そんなこんなで・・・
会社の同僚から譲り受けたフェレットのグリコちんは
なんとか、我が家になじんでくれたようで
暴力的な甘えっこになってきました。
(ウソウソ暴力的ではない)


ま、ちっとワイルドかな。
ゲージから出してあげると、「くっくっく♪」と嬉しそうに
狭いところ狭いところ遊んでますな。
どんなに遊びにむちゅうでも
「あれ?   グリコ?・・・いないなぁ。」と
見つからないフリすると、
ほてほてほてとやってきて『呼びました?』だって。
自分の名前も覚えたようです。

日毎楽しい表情をみせてくれるグリコ。
逆に、年齢のためか随分とやせてしまったギール
先月からフェレットフードが買えずに
キャットフードで我慢してもらっているからなぁ
そのせいもあるかなぁ
(ひどい飼い主かもしれないけどな)
あと2日で給料日。フェレットごはんをタンと買ってあげよう。

2007年08月14日

やっぱマジックは度胸かな 5

やっと、少し気分の余裕ができてマジックを楽しめるようになってきました。
セロの特番も見はぐり、今も見ていないからブログに書き込めまっしぇん。

相変わらず、『マジックスクウェア』にハマッています。
・・・あのね。
ここぐらいかなぁ。
会員限定なんだけど、ここまで詳しくレクチャーしているところは無いんじゃないかなぁ。
商品ごとのページには、実演動画が設置してあって、これがまた言い回しの参考になる。
マジックをする取っ掛かりをつくるのは、かなり難しい。
おもむろに出して、やおら始める・・・場合によっては冷た〜い空気が発生するし。
「いかに堂々と観客を巻き込めるか」なんですね。
実演もレクチャーもかなり名の通ったマジシャン、さらっとさりげなくマジックをこなす。
お客をいぢって笑わせてさらに引き込ませる。
すごいなぁって思います。
テレと緊張で、うつむき加減で照れ笑いしながらモゾモゾ喋るのは効果ないんだなぁ・・・私がそうなんだけど。
レクチャーも唸るしかない。「よくこんな方法を教えている場合があるけど、僕はこのやり方のほうが自然だし簡単だから」と実践経験からの説明もくれる。

あれもこれも知りたい状態になっちゃって、かれこれこのサイトにかなり貢じゃいました。(笑)
効果はありましたね。スポンジしかできなかったのに、今はちょっとしたカードマジックはできるようになったもの。(完璧ではないけど)

・・・気ままにタカタカ打っていたら、まるでマワシモノか?みたいな文章になってしまってた。
ま、気に入ったものは人にも勧めるのが好きなので悪く思わんでください。
興味を持った方は覗きにいってみるといいかも。

2007年08月13日

ギールとグリコと私 5

そんなに仔フェレットでもなかった。
グリコ
フッサフサでかわいい子です。
ウチのギールとか、逝っちゃったグレよりかは、はるかにおとなしい。
目が合うと「遊んでぇ?」とやってくる。
そりゃ、遊んであげたいが、今はまだ引越のせいで荷物がひっくり返ったまま。
部屋に備え付けの大きなワードローブにはまだ妹の荷物が入ったまま。
私の大雑把な飼い方に馴染んでくれるだろうか。

2007年08月09日

仔フェレットが来る! 5

同僚が妊娠して、今は休職している。
彼女もフェレット飼い。
ときどき機会あるごとに、自分のフェレットの写真を見せていたので
もしかしたら、私の影響かもしれない。
彼女が休職する前に「最近アレルギーがひどくなってきて、フェレットが原因かもって医者が言う。残念だが手放さなくちゃならないので、里子に出したいんで引き取ってもらえないか。」という相談を受けた。
後先考えず、ワンツーで「OK!」
私のペットは全部ガ行で揃えている。
ガラチア、ギール、グレ。今健在なのはギールだけだけど。
今度来る仔フェレットの名前は奇しくもグリコ。
今週の土曜日引取りに行ってくる。
キャリーバッグ片手に片道1時間半・・・がんばるしかないか。



とにもかくにも 平穏な日がやってきた 5

引越もなんとか落ち着いて、ペットのグレのいない空間にも慣れて、
なんとも平穏な日々がやってきました。
大変だったもんね。この3〜4年。

・・・いま40分かけて、今までの顛末を書いていたんだけど、
途中で読み返して、全部削除した。
読んでいただくには、あまりにも泥沼で救いようのない生活。
アクシデントが多すぎて、小説よりも複雑。

自称明るくて勝気な母はこの家に嫁いで、性格のキツイ姑とのやりとりで、
自分の意思を封印してしまいました。いたって内気な性格ですが、ときどき強烈なストレスによる歪みをかもし出します。

父は自分を一本気な男らしい性格だと思い込んでいるが、実は粘着質で執念深く、攻撃的であるが打たれ弱い。自分を誰よりも優秀な人格であると思いたいらしい。
いわゆる祖母の男性版。

私も、祖母の血が流れているので、父の気質祖母の気質を多く受け継いでいる。
自分の性格はわかりづらい。というか認めづらい。
過去の家族間のトラウマはたまらないものがある。

妹は広く浅くしか人とつきあえない。
内面を見せることに強く抵抗する。家族との繋がりも自分から薄くしている。
細かく自分の感情を訴えることが出来ないので、極端な行動に走る場合がある。

・・・こんな曲者で構成されている家族ですから、もう大変たいへん!

今は、両親は2LDKのマンションに収納、私は3DKの妹のマンションへ収納され、
おとなしく落ち着くことができた。

妹の生活は至って楽チン。



2007年08月03日

今日は妹の誕生日 5

今日は、妹の誕生日。
今年は、ことのほか世話になったし、今は同居もさせてもらっているし、
少し盛大に祝ってやろうか。
などと考えていたが、先立つものはなにもなかった。

無い知恵を絞って、どうにかならないものか考える。

ん〜 ・・・ん

考えることに意味を感じなくなった。
まいっか! 母に連絡を取り、今日用意するケーキは連盟にしてもらって、
あとは笑ってすまそう。

ま、いつかは金銭的な余裕も出来てくるだろう。