f6586aa7.jpg
0bfe6ab1.jpg
ご機嫌よう、玉舞でございます。

パリ2日目。

この日は、オルセー美術館へ行く予定ですが、まずはアクリマタシオン公園に下見に行く事にいたしました。

私は、ホテルの部屋から下を見て、横断歩道を渡り、ブローニュまで行けるのではないかと思って、徒歩で向かいました。
しかし、地上を歩いていると、感覚がズレてしまい、間違った道を進んでしまい、東洋人ならと道を訪ねましたが、近くなのに、その方には解らず、リッセトして出発地点近くまで戻る事に。

再度のチャレンジで、無事アクリマタシオン公園に到着。

公園の入口前のメインストリートの正面にステージがあり、その道筋にブースが設営されており、既に担当の皆様が待機していらっしゃいました。
舞台は、黒を基調にしたもので、床の素材が絨毯の毛あしがナイロンで堅い感じと言ったら良いか。
藤娘は裾を引くので、ハデ困ったと感じました。
ステージ後ろの控え室も下見し、公園の小川を見ていると、鷺が獲物を口にくわえている姿のオブジェがあるではございませんか!

私の守り鳥の鷺が見守る場所でのイベントでございます。

(成功しない訳がない!)と確信いたしました。


それから、アクリマタシオン公園を後にし、オルセー美術館へ向かいました。

つづく。