iPhoneから送信東海道五三次を昔の人は、当然歩いておりました。
現代に生きておりますが、昔
人々が普通に歩いていた道を歩いてみたい!

そんな事から、東海道五三次現代版を歩く事にした次第でございます。

ただ、スッカリ現代の乗り物を頼りに生活しております私が、どの位歩けるものやら、想像も付かぬ為、お試しで、日本橋から、目標、川崎宿まで、歩いて見る事にいたしました。

5月4日、9時30分に日本橋に集合し、9時40分に、総勢8名にて出発いたしました。

5月の晴天に恵まれて、爽やかな風を受けながら、銀座、 新橋、高輪、品川と順調に歩き、品川で昼休暇を取りました。

その後、品川宿の、旧東海道を門弟の亜之輔さんが加わり、品川が詳しい亜之輔さんが案内人で、散策しながら歩きました。

日本橋から品川までは、超快調な進み具合で、2時間ほど。昼休憩後は、食後と、午前中の疲れなどから、ゆっくりな進み方になりました。

鈴ヶ森の刑場跡を通り、六郷土手へ。

多摩川を越え、川崎宿へ。
今日の目標を制覇いたしました。

脱落者なしで、初回は、立派なものでございました。

次回をお楽しみに!

iPhoneから送信