4月26日の活動
昨年度の文化祭で展示した模型の解体
部室の掃除

暁星学園鉄道研究部では毎年1から模型を作っています。
そのため、新年度が始まって一番最初にすることは新入生用に残しておいた前年度の模型を解体し、捨てることです。
先輩方との忌まわしい思いでが詰まった模型を金槌やのごぎりで解体していくのはやはり寂しいものです。
あれほど苦労して作った模型も壊すとなれば半日かからずに出来てしまいました。
今月中に部室を一度きれいにしなければならないため、次の部活では過去の記憶の残骸を全てゴミ袋に詰めて捨てたいと思います。

(族長)