『義理の父親(主人の父親)が亡くなり、

5年間長男の嫁である私が献身的に介護をしてきました。 


義父が亡くなる前、今まで面倒を見てくれたことに対する
感謝の言葉をいただき、

結婚以来ずっと一緒に住んできた
2世帯住宅の家を私に譲ると言ってくれました。

特に遺言書はありませんが、家の名義は私になるのでしょうか。』


という質問を受けました。

名義を依頼者(亡くなった方の長男の配偶者)にすることができるのでしょうか?


答えは『NO』です。


なぜなら今回の依頼者(亡くなった方の長男の配偶者)は被相続人(亡くなった方)からみて

相続人には当たらないからです。


被相続人が長男の嫁に私名義の土地建物を遺贈する、
というような内容の遺言書があれば

直接長男の配偶者名義にできる可能性はありますが、

遺言書がない場合は相続人でない方が
被相続人の不動産を相続することはできません。


また、介護をしてきたのだから
ずっと一緒に暮らしてきた家をもらうのは当然と

考える方が多いのですが、
もし被相続人に子供が3人いたとして
残りの2人は全く親の介護をしていなかったとしても、
相続分は変わらないのです。

(残念ながら現在の民法は子供の相続分は均等になっています。)


ただ、相続人同士での話し合いによって家の名義を長男一人のものとすることは可能です。

(この場合は遺産分割協議書が必要です。

しかし、あくまでも長男名義です。長男の配偶者名義にすることはできません。)


相続が発生し、こんな場合はどうなるのだろうかと不安に思われた場合は、

相続手続き専門の支援センター等に相談してみて下さい。


あれこれ一人で悩むより、不安が一気に解消するかもしれません。


↑いつも応援ありがとうございます。

20171102_130051