『亡くなった父親の戸籍謄本を取得してみると、

前妻との間に子供がいたことを初めて知り、驚いています。

亡くなった父親の相続を放棄してもらいたいのですが、
どうしたらいいですか?』


という質問を受けました。

『前妻の子供』は亡くなった方からみると

実の子供に変わりはありませんので、
依頼者が相続放棄をしてもらいたいと望んだとしても、

その子供が納得しなければ相続放棄をしてもらうことができません。


子供には父親の財産を相続する権利があるからです。


いきなり相続放棄をしてください、
というような手紙を送付したとしても

納得してくれる可能性は低いと思います。


例え幼い頃に両親が離婚をして
何十年も父親に会うことがなかったとしても

相続権はなくなりません。

(父親に会ったことがなくても戸籍上父親であれば相続権があります。)


銀行の口座が凍結されて、相続の手続きを早く進めたい場合も、

相続人全員の承諾(署名捺印)と印鑑証明書が必要になりますので、

前妻の子供を除いて手続きを進めていくことは不可能だと思います。


戸籍をとってみて初めて腹違いの兄弟がいることを知った、
という方が少なくありませんので、相続手続きに非常に困るようです。

転居をしていて、居処を見つけるのに苦労する場合もあります。


こんな場合はどうすればいいのか、

手続きが進められなくて非常に困っている、という方がいれば、

相続手続きの代行センター等に相談してみて下さい。


↑いつもクリック応援ありがとうございます。


20171209_152808