2006年04月30日

セクシーワンダラーズ大復活!

『もてる男は手品ができる』セクシーはそう信じていた。
その日、幕張メッセは超満員だった。開演前セクシーは楽屋で日本人女性初の宇宙飛行士向井千秋さんのことを考えていた。『緊張を解すのはいつも宇宙だ』セクシーはそう信じていたからだ。
この日セクシーはある決心をしていた。このショーの最もよい席のチケットを一人の愛する女性に渡してあった。その女性にショーのあとプロポーズするつもりだったのだ。
そして世界のエンターテイナー、セクシーのマジックショーが始まった。
シャーペンの先からジェル状のなにかを出す文房具マジックや、会場のチリ人5人を一瞬でメキシコ人80人に変えてそれをキューバに飛ばす中南米マジックなど様々なトリックとサミュエル・L・ジャクソンのゲスト参加などで会場は熱狂に包まれた。すべてのマジックが終わりセクシーは自らのマジックで全員黒人となった会場を満足気に見回した。そして深呼吸してゆっくりとあの席を見た。愛する瀬戸内晴美の姿はなかった。そしてセクシーは切腹した。

それから半年の月日が流れた。世界中の科学者が集まり研究を重ねた結果、死んだセクシーの脳をパソコンに繋ぐことに成功した。すると突然、パソコンに繋いだプリンターから一枚のA3用紙がプリントアウトされて出た。『私はセクシーの脳パソコン、セクシーディスカバリーだ。世界中の科学者のみなさん、ありがとう。私は元気だ。早く肉体が欲しい。そのためには人々を魅了させなければならない。その魅了エネルギーが私の体を作り出すのだ。そう我がセクシーワンダラーズのスペクタクルで世界をもう一度魅了さすのだ!魅了さすのだー!
追伸、さっき彼女から私のパソコン(とはいっても私自信であり私のすべてなのだが・笑)にメールがきた。あの日彼女は大事な説法がありショーに来れなかったらしい。私の肉体が戻ったらショーを見たいんだってさ!』
こうしてセクシーワンダラーズとセクシーディスカバリーの挑戦は始まった!しかし、セクシーの2回目のセクシーワンダラーズと向井千秋さんが2回目の宇宙飛行の際に乗ったスペースシャトル『ディスカバリー』が掛かっていることはみんな気付かないだろうからおれが先に言うのだ。凄いセクシーの脳だ!


gyouza at 22:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)携帯 

2006年04月04日

オレレレレレ

ここにウイイレのメンバーを記す。

GK ファルコン
  フェルメール

DF ソング・ビロング
  エマヌエルソン
  ダガカ
  ボーア
  コンパニー

MF セスク
  ジョー
  マヌエル・フェルナンデス
  ロマリック
  サルポン
  ヌリ・サヒン
  シッソコ

FW オカカ
  バベル
  シナマ・ボンゴユ
  リュコー

gyouza at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月03日

日記

久々の奇跡の睡眠で昼ごろ起床。いつもより重力を感じる。頭痛。ドゥンガ。白い巨塔の再放送を見る。やっぱり財前だな。テンションがあがって一人総回診。運命を感じる。ドゥンガ。あっ今日誰ともしゃべってない。


gyouza at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2006年03月02日

日記

今日も起きて満員電車だ。昨日以上だ。名古屋駅で昨日無駄に多く乗り換えをしていたことを知ってショックでその場に崩れ落ちてしばらく立てなかった。だけど気付いたので昨日より早く着いた。右隣のおばさんは昨日よりフランクに話しかけてくる。お陰で孫の生年月日まで聞かされる羽目になった。そしたら左隣のおっさんまで話しかけてくるようになった。埼玉から受けに来たらしい。おっさんとおばさんの会話の9割は通じあっていなくてすべて理解できてしまうおれはそれぞれの言い分を分かりやすくするおれだった。途中から無視した。一時間の昼休み、おばさんに名古屋城まで歩いてみない?と突然の友達感覚に焦って、おれは昼ご飯食べるのがとても遅いのでやめときます。となんか大失敗な断りかたで乗り切った。おばさんは午後の講義にハアハア言いながら遅れてきた。一緒に行ってやるべきだったとは思わなかった。最後はテストだ。おれはほとんどおっさんのを見た。そのおばさんはテスト中なのに0点だったら笑っちゃうだのこのなかで私は多分最年長だのうるさいから笑いをこらえるのが大変だよ。こっちは。そしておばさんは落ちた。おれは逃げるように帰
った。手にはしっかりと合格証があった。うそ。鞄の中にあった。なにはともあれだ。


gyouza at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2006年03月01日

日記

7時半起床。命令を受け今日と明日はなんかの資格を取りに行かなければならないので名古屋へ。電車は超満員。ラッシュだな。名古屋駅で降りたとき靴が脱げた人の靴を踏んでしまいこけそうになった。脱げた人と踏んだオレはお互い照れ笑いを交わし再び歩く波に埋もれた。名古屋から地下鉄に乗るとさっきよりももっと多くの人が乗ってきた。なにもできないのでおっぱいらへんをじっと見た。おっさんの。目的の駅に着きやっと波から抜けることができ幸せだった。幸せついでに何か飲もうと思って自販機でコーヒー購入。間違えたため冷たい雨の降る寒い中冷たいコーヒーを飲んだ。ギリ着いて講義が始まった。しばらくしてチラッと隣のおばさんの教科書を見ると[七階にあるキャバレーの客とホステス]という文章にアンダーラインを引いていた。おばさんは寒い!だの絶対無理!だのあんたは若く見えるけど学生かね?だの独り言がうるさかった。必死でこらえて夕方終わった。明日もやん!


gyouza at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年12月23日

ショー

今年もいよいよ明日グルメバンドのコーラスセクシーは研ナオコさんとディナーショーをやります。二人の息のあった爆笑トークはもちろんのこと、今年はなんとガレッジセールの川ちゃんがスペシャルディナーを作ります。是非!


gyouza at 20:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)携帯 

2005年11月26日

王様について

王様はいつも偉大でカッコいいものだ。王様のよさは何よりも最強な所だろう。権力の固まりなのがいい。だが今日は王様を否定しなければならない。なぜならおれは文を長くしたい。だからがんばる。
王様は一見なんでも思い通りになると思われるが実はそうではない。まず豆は食べれない。豆を食べているときの王様は豆食い王と呼ばれ威厳がなくなる。眠い。


gyouza at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年11月05日

わからんくなってきた

おれは実はニューデリー生まれ。カレーとか食べると腹が膨れるぜ。量にもよるけどな!


gyouza at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1)携帯 

2005年11月02日

かぶす

和田ラヂヲです!ガムを運んでます!ハンパねーぜ!


gyouza at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年10月12日

海老

やっと肌寒さを感じる海老がおもしろい季節がきましたね。今年はどんな海老を見て笑いましょうか?去年よりも笑いましょうか?


gyouza at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年09月28日

ゆるせん

明日レイザーラモンHGについてテレビ局に抗議の電話をする。テレビではなにをやってもいいのか?魅力的すぎるよ。


gyouza at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年09月17日

オレレレ

オーナーのセクシーの状況が分からないままだが気にせず、チームは今シーズン一度も勝てていなかったユーベ相手にチャンピオンシップでついに破り決勝へ進んだ。決勝の相手はミラン。評価点ランキングにヴィエリ、シェバ、ジラルディ−ノ、カカ、ライカ−ルト、ルイ・コスタ、ジダの7人もいる明らかに現在世界最強のチームだ。そして迎えた開始早々超天才ヒチサンレフティーシェルストレームがFKをバシッと決める。しかしゴールに興奮し鼻血が止まらなくなる。前半終了間際にトマトレのミスパスをシェバにドカンとやられ同点で前半終了。後半鼻血が止まらないシェルストレームに変えてキャを投入。セスクがライカールトに完全に押さえられるがマウロ・ロサレス、サビオラを中心に攻めまくる。しかし、人間と甘エビのハーフのキーパー、ジダからついにゴールは生まれず1-1のままシルバーゴールの延長戦へ。延長前半バベルと交代し23歳と偽っていたが16歳で入団してきたが伸び悩んでいたウェボが簡単にゴールしそのまま試合終了。セクシーワンダラーズが初めてチャンピオンシップを優勝した。試合後、大半の選手は眠くて宿舎に
戻ったが残った5、6人の選手は夜11時を過ぎても優勝の喜びを分かちあっていた。


gyouza at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年09月16日

オレレレ

サビオラに加えユース選手二人を昇格させシーズン後半戦を迎えた。サビオラの活躍もありリーグ戦は2位となったが残り数試合で1位のユーベとは勝ち点差20近くあり優勝はほぼ不可能となった。カップ戦もユーベに成す術なく敗れた。ユーベは今シーズンからテベスも加わりバカみたいに強い。今シーズン優勝の可能性の残されたチャンピオンシップに全力を注ごうと選手たちは精一杯いきがっている。

そんななか、オーナーのセクシーが切腹をした。詳しいことは分かっていないが、天才ヒチサンレフティーシェルストレームは「その情報の真否の割合は7:3だ」とコメント。


gyouza at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年09月15日

オレレレ

シーズンも半分が過ぎチームは深刻な状況にあった。昨年から言われていた得点力不足がますますひどくなり、1試合平均が1点台にまで落ち込んでいる。絶大なカリスマ性でチームを率いてきたオフト監督にメディアの批判は集中し解任が噂されている。チームの中心としてかなりの期待をかけられている天才シチサンレフティー、シェルストレームは「俺は俺の髪型と同じで7:3の割合で左足と右足を使い分けているのさ」とどうでもいいことを言ってごまかしている。
しかもチームのオーナーのセクシーは例の飛行機事故のせいで、リバプールのオーナーでありカラオケ屋とラーメン屋のあいだの隙間で野グソしたことのあるポピュラスにカマを掘られチームの不調どころではない。そのことについてオーナーのセクシーは顔を赤らめるだけで沈黙を貫き通している。

しかし、まだ諦めるのは早い。試合内容はともかくリーグでは5位をキープしているし、チャンピオンシップもギリギリながらトーナメントまで進出を果たしている。昨年の冬の移籍でチームに加入したセスクとマウロ・ロサレスの二人のお陰でどうにかなっている。そしてついにカルーとのトレードでコネホことサビオラがチームに加わることとなった。後半戦はあの飛行機とは違う意味でのセクシーワンダラーズの爆発に期待したい。


gyouza at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年09月12日

オレレレ

悲劇のリバプールについてセクシーワンダラーズオーナーのセクシーがコメントを残した
「テロは起こるべくして起こった。ハナタレ小僧ポピュは辛いだろうがこの現実を受けとめるしかない。彼らは少し伝説になるのがはやまってしまった。だがマジで便秘のポピュならこの悲劇からまたすばらしい奇跡を我々に見せてくれるだろう。だから許してくれ。アーメン。」


gyouza at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(1)携帯 

2005年09月10日

オレレレ

いよいよ新シーズンが始まった。開幕こそ物足りなさを感じたがそこそこいい感じだ。しかし悲劇が起きた。3節、これまでスーパーサブ的立場でなかなかの活躍を見せていたウーゴ・ブィアナが相手選手の刃物をスパイクに仕込んだ悪質なファールにより右足が根こそぎ取れた。これにより二ヶ月もの欠場を強いられてしまった。代わりで入ったドイツ人カイザーがその試合2得点と巡ってきたチャンスをあっさりものにした。いやだ。
あと、謎のルーマニア人マネデスが人材豊富なFW陣のなかでファルファンやブチニッチ、カルーを押し退け謎の活躍を続けている。彼は口がないので一切しゃべれないが顎の辺りから時々ものすごい音がする。彼にとってこのチームのエースになることは言葉を発するより簡単なことなのかもしれない。


gyouza at 02:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)携帯 

2005年09月08日

オレレレ

シーズンが終わった。カップ戦は優勝したがリーグ戦はそのまま4位。ユーベが2位に勝ち点差12と圧倒的な差で優勝した。来シーズンはチャンピオンシップを予選から戦わなくてはならないので、ほぼ毎週2試合ある。かなり選手層を厚くしたい。しかしオーナーのセクシーは全選手全裸の黒人にしたい、と言い出した。さすがにそれは思いとどまり、黒人以外の全裸も補強の対象となった。一番不安な守備陣にはジョセフ・ヨボと新人のコックスを獲得。中盤には世界中から注目されている新人、カイザーを獲得。彼はドイツ人なので興味なかったが強いので取るしかなかった。そして謎のルーマニア人マネデスを獲得。入団会見で記者になんの真似なのか聞かれ「真似じゃない。」と発言し波紋をよんでいる。そして一応GKにランドローを獲得した。

新シーズンの目標についてオーナーのセクシーは「タカハシのシャツをいっぱい売ることだ。」と答えた。すべてはチームのこれまで以上の躍進に懸かっている。


gyouza at 20:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)携帯 

2005年09月06日

オレレレ

冬の移籍シーズン
話題の全裸3選手はすぐにオファーが来てチームを去った。代わりにセスク、マウロ・ロサレスの二人と新人のブィタリ、チャビ、タカハシを獲得した。獲得した選手についてオーナーのセクシーは「セスクはセックスみたいな名前だからとても期待している。日本人はシャツが売れるので獲得した。まったく期待はしていない。他は知らない。」と満足げだった。
フォーメーション

GK ステケレンバーグ
CB ライ・トマトレ
CB ゴンサーロ・ロドリゲス
RSB ラーム
LSB マティウ
DH マスチェラーノ
CH セスク
OH シェルストレーム
RWF マウロ・ロサレス
CF バベル
CF ファルファン

控え
アキンフェエフ、ブィタリ、ソング・ビロング、イブラヒマ・カマラ、ダガカ、ボギュンジ・キャ、ウーゴ・ブィアナ、ブチニッチ、サロモン・カルー、ウェボ、チャビ、タカハシ

リーグが再開したがチーム低迷。3試合連続で勝ちをのがす。新加入のマウロ・ロサレスがまったく機能していない。続くハンブルガー戦、後半途中から初出場したタカハシが1ゴール1アシストと鮮烈なデビューを飾り2−0で勝利した。試合後、半裸で喜びあう選手たちが印象的だった。


gyouza at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

オレレレ

冬の移籍シーズン
話題の全裸3選手はすぐにオファーが来てチームを去った。代わりにセスク、マウロ・ロサレスの二人と新人のブィタリ、チャビ、タカハシを獲得した。獲得した選手についてオーナーのセクシーは「セスクはセックスみたいな名前だからとても期待している。日本人はシャツが売れるので獲得した。まったく期待はしていない。他は知らない。」と満足げだった。
フォーメーション

GK ステケレンバーグ
CB ライ・トマトレ
CB ゴンサーロ・ロドリゲス
RSB ラーム
LSB マティウ
DH マスチェラーノ
CH セスク
OH シェルストレーム
RWF マウロ・ロサレス
CF バベル
CF ファルファン

控え
アキンフェエフ、ブィタリ、ソング・ビロング、イブラヒマ・カマラ、ダガカ、ボギュンジ・キャ、ウーゴ・ブィアナ、ブチニッチ、サロモン・カルー、ウェボ、チャビ、タカハシ

リーグが再開したがチーム低迷。3試合連続で勝ちをのがす。新加入のマウロ・ロサレスがまったく機能していない。続くハンブルガー戦、後半途中から初出場したタカハシが1ゴール1アシストと鮮烈なデビューを飾り2−0で勝利した。試合後、半裸で喜びあう選手たちが印象的だった。


gyouza at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯 

2005年09月04日

オレレレ

冬のオフまで残り4試合で3位と調子のよかったチームに波乱が起きた。遠征先のホテルのロビーで全裸で談笑していたブラジル人3選手(バプティスタ、シシーニョ、アレックス)について、オーナーのセクシーが「ビックリした」とコメント。今冬での放出を決定した。


gyouza at 04:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯