餃子さんのおかげで

各方面に軽微な影響を与える新進気鋭の競馬ブログであります\(^o^)/ 「いま考えていることを断固として語る。そして明日は、たとえ今日言ったことの全てと矛盾していても、その時に考えていることを断固として語るのダ!」

 超人気ブログTAROの競馬&メルマガを武器に現代競馬攻略に挑む!通称「餃子さん」プレゼンツ。笑いあり涙あり人生のトゥルーマン・ブログ・ショー☆

習慣は

ひとびととのあいだで成り立っている規則について、

疑問が生じるのを妨げる。

ミル「自由論」より



(・o・)ブログランキングに登録しています(・o・)



へい!餃子さんですおはようございます。


先週の重賞は3タテをくらい少し、しょんぼり。


でもでも。馬券がダメな時もレース回顧で後ろ向きに理解して、前を向いて進んで行くだけなのであります。


そういえば、帰り道は遠回りしたくなるみたいな乃木坂の曲を最近は繰り返し聴いてます。良い曲。フェアリーSのフィリアプーラは4コーナー遠回りしたくなる系ハービンジャー産駒ですね。


て事で重賞回顧を少しずつ。



まず月曜日の京成杯はスローで内をロスなく立ち回った馬が上位に。ただ走る度に着順入れ替わりそうだなと。もちろん勝負事はそういうもんだけど、勝ち馬含めて能力的に大きく差はないか。ランフォザローゼスは毎度2.3着に顔を出しそう。


父ノヴェリストに初重賞勝利を贈ったラストドラフトは、どちらかといえば2歳重賞を勝っている父母ナイトラグーン側の影響が強いかも。現状はクラシックだと厳しいが、父父モンズンの成長力をどれだけ引き出せるかというところ。種牡馬ノヴェリストの日本での命運を握った一頭になる。あとこのレースはドイツ血統と好相性。ケルフロイデ、エイシンフラッシュなど。


期待したカイザースクルーンはどうもゲートがやかましい。父ルーラーシップの血だろうか。スムーズに流れ乗れれば通用する能力はあると思うが…とりあえずここ3走は言い訳可能な敗戦。



日曜日の日経新春杯はグローリヴェイズ。ハイペース&3コーナー過ぎからレースが動いた中でも、内でジッと我慢して直線ひと脚。距離は違うが天皇賞春のヒルノダムールっぽいレース振りで優等生タイプ。


久々にらしさ見せたノーブルマーズに、厳しい展開の中を伸びたエーティーサンダーは驚きの好内容。


期待したメイショウテッコンはゲート後手で前半は折り合いついたが、向正面外からこられてスイッチオン。成長と共に前向きさにも拍車がかかってきている。とりあえずここの積極策失速組はノーカウントでok。



土曜日のフェアリーSはフィリアプーラ。今回は上手くいったという感じ。もう少しゆったり走れた方が不発リスクは低減されそう。


期待したチビラーサンはスタートで立ち遅れて流れ乗れず。仮にゲート決まっていたとしてもマイル戦だと折り合い欠いていた可能性も多少あるか。


グレイスアンの戸崎騎手は期待通りの競馬をしてくれた。分かりやすくて好きな騎手。


レーヴドカナロアは期待が大きいだけに物足りない競馬が続きますね。ロードカナロア産駒は真面目な馬が多いだけに、落ち込んでからのサプライズは厳しいのかも。




ということで簡単ですが回顧は以上です。


こうやって振り返ると先週の3重賞は本命馬が全て出遅れている( ˙-˙ )ガチョーン


こんな週もあるのね。では最後に今週末AJCCの注目馬をランキングで公開!この馬。

←ブログランキングで公開中!


厳しい条件下で健闘した前走を見ても、コース適性の高さは明らか。距離短縮になるが、血統的にもおそらくこれくらいの距離がベスト。昨秋からコンディションも高いレベルで安定しており、勢いある4歳勢相手のここでも好勝負になるはずだ!!















⚫︎⚪︎⚫︎中山11R京成杯予想⚫︎⚪︎⚫︎


メンバー揃っていた東スポ杯5着のダノンラスターが当然上位。母はディキシーランドバンドのクロスを持ち、ケンタッキーオークスなど米国ダート中距離G1を4勝。スタミナ豊富な母からも距離延長はプラスに働くはず。暮れのホープフルSで好走したニシノデイジーやヴァンドギャルドとの比較でも、ここの相手関係なら高い確率で好走可能とみる。


ただもう一頭面白そうな馬が…スローペース濃厚な組み合わせでもあり、本命はこちらを狙ってみる。この馬!

←ブログランキングで公開中!

中山での近2走は出遅れや勝負所での踏み遅れなど能力をフルに出し切っていない。力感のあるフットワークをみても本来急坂コースは合うはずで、好枠から展開利ありそうなここはスムーズに加速態勢に入れるはず。当レース度々馬券に絡むディクタスの血が母系にある事も心強い。ギャンブルの呼吸的にも絶好の狙い目で、思い切りよくキッチリ買い切りたい。


相手筆頭が上記のダノンラスター。大外枠のロスもデムーロなら相殺。


3番手でカテドラル。高速コーナー2回の東京から条件好転。これくらいの人気で怖いのがハーツクライ産駒。展開利も見込めるここで逆襲。


伏兵ならカフジジュピター。京都の新馬戦はハービンジャー馬場を簡単に勝利。前走は外枠から壁作れず、掛かって脚も溜まなかった。カテドラルとリーガルメインあたりが良い壁役になりそうな今回の並びなら直線弾ける場面があっても驚けない。


◯ダノンラスター
▲カテドラル
☆カフジジュピター
△シークレットラン
△ランフォザローゼス
△ラストドラフト
△ナイママ
△ヒンドゥタイムズ



【馬券】

3連複◎〜◯▲☆〜印

これを押さえて、勝負は3連単◎の2.3着付け。この父の産駒は最後何かに交わされる傾向を利用したい。頭は◯▲☆








へい餃子さんです。おはようございます。


スタバの胡麻フラペチーノが名作過ぎてすっかりリピーターです。


店員のお姉さんも「初動は鈍かったんですけど、クチコミでどんどん売れ出してスタバでは珍しいパターンです。残り数日なのでまた来て下さい!」とニコニコで話してくれました。ガールズバーやキャバクラのように一杯ご馳走するルールをスタバにも導入して欲しいと思った。


ミルクを豆乳にチェンジするとまろやかでより奥深い味わいになる…気がします。おススメです!


BA21EF9B-9209-47E2-86B4-474F2E372CAA



では日経新春杯の予想へ。








⚫︎⚪︎⚫︎京都11R日経新春杯⚫︎⚪︎⚫︎


京都は力強く蹴りたい馬場ではあるが、内が特別荒れているという感じではなく基本通りロスなく立ち回れる馬を狙う。


本命はこの馬!

←ブログランキングで公開中!

歴史的超スローの展開で力んでしまった前走はノーカウント。距離短縮の今回は折合い面も乗り易くなるし、淀の長丁場ならルメール、デムーロよりこの騎手が頼りになる。馬もゆったりとした走りで京都外回りの大箱コースは本来合うはず。ギリギリまで粘った2走前、後のG1馬を抑えた3走前を見返しても、世代屈指の能力を秘めていることは確か。少し前掛かりになりそうなメンバーではあるが、消耗戦を完全燃焼する展開は望む所だろう。


相手筆頭にウインテンダネス。ジャパンカップはゲートのタイミング合わず出遅れて苦しい展開。それでも最後までよく伸びており大きく崩れなかった事は地力の証明だろう。そもそも去年のJCはマイラーが走ったレースで、ズブいスタミナ型の当馬にはベクトルが大きくズレていた。追える内田騎手との相性も◎


3番手でアフリカンゴールド。期待した菊花賞はスローの展開で終始外を回るロスが響いた。実績あるこの距離に戻って巻き返す。母系にゴーンウエストで揉まれると嫌な部分はあるが、力出し切る系のミナリク騎手ならスムーズな競馬を第一に乗ってくれるはず。


4番手でグローリヴェイズ。人気ではあるが、上昇中のディープインパクト産駒には逆らえない。


最後にレース上手いルックトゥワイスと岩田騎手のイン突きも少し警戒したい。



◯ウインテンダネス
▲アフリカンゴールド
☆グローリヴェイズ
△ルックトゥワイス
△ガンコ
△ロードヴァンドール
△シュペルミエール
△ノーブルマーズ
△ムイトオブリガード



【馬券】

3連複フォーメーション
◎〜◯▲☆10〜印

本線は◎◯の2頭軸。







↑このページのトップヘ