2016年04月16日

エハン塾・文化編でした。

e6a5432a.jpg
楽しみにしていた、「エハン塾・文化編」昨日無事?終了しました!
いやはや、なんとも楽しい「知」の一日でした。次から次に飛び出すいろんなお話はどれも今後の歩みに対する示唆に富んでいて、ふむむと、考えたり、おぉーっと感じたり、頭と心を刺激することが一杯でした。
ほぼお客さんになって話に聞き入っていると、突然演奏タイムになったりして、アワアワ…(笑)それも含めて?楽しいイベントでした。エハンさん、タローさん、まさに「時代が開く」きっかけの一日を、ありがとうございましたm(__)m

今回は、なかなかこんなにメンツ揃わないよね…という最強とも言えるスタッフ陣だったと思います。まず、カッコいいフライヤデザインのフェイランさん、お忙しいなか作って下さりありがとうございました。ランチのご飯やデザート、交流会の軽食、コーヒーも全て素晴らしくて、ほんとに幸せなひとときでした…サルーテのお二人、杉山佳苗珈琲のかなえさん、ほんとにありがとうございましたm(__)m
会場はとても寛いだ雰囲気の安楽寺さん、これもご縁を頂いた賜物です。あずみさん、お世話になりました。
そして、発案者の鈴木勇子さん。貴重な機会を作ってくださったこと、感謝です。またやりたいですね(^.^)
私にとっては、昨日と違う一歩を踏み出す勇気をもらったような感じです。ご参加の皆さん方もそれぞれ、動き出す力を携えて帰られていたら良いなぁ。
昨日あの場所を共有した全ての方にお礼申し上げます。またお会いできますように。


2016年04月13日

名曲を弾くということ。

先日、大好きなピアノ弾き語りのシンガーソングライター・井波陽子さんにピアノ伴奏してもらう機会に恵まれました。畏れ多くも、歌っていただかない、ピアニストとしての出演…どうかなぁ?と思ったのですが、ご快諾頂きました。井波さん、ありがとう。
場所柄、広く知られたクラシック曲や、映画音楽、民謡などの選曲になったのですが、二人で練習していて、もう何やら感動してしまう二人…。
私自身は、ピアノの方との演奏機会が極端に少ない、かなり稀なバヨリン弾きです。普段は東欧や中欧、バルカン地方、その他諸々の国、地域の民謡や舞曲などを取り上げて演奏活動をしていて、やはりピアノが入る場面はそういう音楽では少ないので、お相手はギター系弦楽器でタローさんにお願いすることが多いです。曲目も、そんなわけでほとんどがお客さんにとって初めて聴くメロディ、そのなかでも異国情緒のあるもの、逆に懐かしさ、穏やかさのあるもの、などを選んで演奏しています。
井波さんも、普段はシンガーソングライターとして活動されているので、ご自分の作詞作曲の曲を弾き唄う、という事が多い方です。
その二人が、普段とは違う、よく知られた名曲に挑んだわけです…大袈裟ですが(笑)
結果は…なんというか、それぞれに自分の音楽のルーツのようなものを、しみじみ確認する機会となったのです。私たちは幼い頃から名曲を聴いて育ったのだなぁっと、感謝で一杯になりました。そして、それを私たちが演奏するのをまた子供たちが聴いていたりして…音楽は、今までも、これからも巡るのですね。ひろーく、音楽の歴史の小さな点として、存在させてもらっている感覚を覚えて、嬉しい気持ちでした。
あらためて、バイオリンを弾かせて貰えてることに、感謝。

さて、写真は教室ねこ、ふくちゃん。新しいテントがお気に入り♪
1d8ec37a.jpg
教室に、子供さんが来てくれてます。四人。私がもらった音楽のバトン、みんなに上手に渡せるかな。


2016年04月06日

桜におもう。

c4622b77.jpg
桜が咲き誇る季節が、またやって来ましたね。
特にお花見などは予定がないものの、車や電車の沿線だけでも、美しい桜にはため息が出ます。
一年、また一年と、人生を重ねてきて、美しい桜を見たときに、たくさんの人の顔が浮かぶようになってきました。あの人も、この人も、この美しい桜を、今年も元気に見てくれているかなぁって。
たぶん、大切な人、かけがえのない人が、日々増えていっているという事でしょう。豊かでありがたいです。
春は少しセンチメンタル?いえいえ、本当に、桜の美しさに心が震えるのです。
どうか、今年もたくさんの方が、桜を愛でられますように。出来れば、大切な人と一緒に。


2016年03月31日

春はすぐそこ。

 冬からこっち、何やらバタバタしているうちに、春はもうそこまでやって来ているようです…京北、二度目の春です。
朝から賑やかに小鳥たちが歌い、柔らかな日差しに暖められた空気は良い香りです。午前中は、外の日向が温かくて、ほころんできたジューンベリーの木の下で、ガーデンご飯の時期。嬉しくて穏やかな時間が流れます。
a002f7a4.jpg

昨年末に満を持してやってきた愛車(母のお下がり)も、ついに冬タイヤを脱ぎました。さー春、ますます元気に動きます(^.^)


2016年03月26日

【ライブ記】井波陽子+熊澤洋子@ネガポジ

 昨日、3月25日は、丸太町から西院に移転した新生ネガポジにて、ピアノの弾き語りの井波陽子さんとのライブ(通称「Wヨーコ」)でした。ご来場の皆さん、ありがとうございました。
 井波さんとの「Wヨーコ」は、移転直前の丸太町ネガポジのジャイアントシリーズでデビュー。2期目のステージとなる今回は、そのジャイアントシリーズで共演させてもらって意気投合したかじきゆりさんとMaaaさんのデュオとの2マンライブでした。
ネガポジ
丸太町からほんとにそのまま引っ張って来たような、そのまんまのネガポジ。懐かしくて新しい?
wヨーコその2

 ライブはこんな↑感じで、今回は2マンで時間がたっぷりあったので、9曲+アンコールまでいただき、計10曲。ゆったり気分で丁寧にやれたと思います。
 前回に引き続き、一曲一曲、アレンジを丁寧に考えてくれた井波さん。それを試して、より良く変更して…という、地道で楽しいリハを重ねての本番でした。ベストを尽くせたかなぁ…それでも2回目はやはり欲が出て、もっと良く出来そうな気がしていますが…お楽しみいただけていたら良いなぁ。
これまた前回に引き続き、一曲うたも歌いました…やっぱり緊張する(>_<)バイオリンの生徒さんが、発表会のときに「客席が見えない方が緊張せずに済む」と言っていて、私自身はそれを実感した事がなかったのですが、今回それを肌で感じました…緊張してたけど、少しマシに歌えたような気がします…次回は、出来ればコーラスまでに留めたいなぁ…(いらしてない方のために言うと、ツインヴォーカルの唄だったのです^^;)
 wヨーコその1
↑終わってほっとしてる?Wヨーコ。
 それにしても、ずっと好きだったけれど、共演させてもらってさらに素晴らしさを確認する、井波さんの音楽。歌声も曲も美しく、さらに世界観もはっきりとあって、バイオリンで音を重ねるのは本当に至福の時間です。まだまだやりたい曲もあるし、これからもじんわり育てて行きたいデュオです。どうぞ、ご声援よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 しばらくブログが書けませんでしたが、少しでも書きたいです。お付き合い下されば嬉しいです。