2012年01月01日

あけました。

淡々としてますよね。
落ち着いたもんです。
正月つったって、なにがあるわけでもなく、言ってみりゃ“特別でないただの一日”(マリア様がみてる)ですよ。
言いかえるなら、一年365日、毎日が特別ってことですよ。何気ない日々こそが、かけがえのない輝きを持っているということなんですよ。それがマリアさまからのメッセージじゃないですか?
みなさんもそんなリリアン・スピリッツを心に抱いて日々をすごしてほしい。はかなくも美しい青春の毎日を後悔することなく送ってほしい。正月だからといって、全裸で三点倒立をしながら尻に花火をつっこんで「門松!」とか叫んだりしないでほしい。オッサンになったいまこそ、そんなたいせつなメッセージを薔薇のお姉さま方に代わって訴えていきたいと思う今日このごろです。
あ、あと薔薇のお姉さま方は10年後くらいに“薔薇さま”とか言われて調子こいてた昔の自分を思い出し、夜中に布団の中で身悶えするとよいと思います。

しかしまあ、毎年テキトーに年明けをすごしていると逆に
“あれ?正月って新しくね?”
ってなってくる部分はあるよね。
だから俺は思ったね。
むしろ今年はどんどん正月らしいことをしていこうか、と。
正月であるということに対して攻めの姿勢を見せていこうか、と。
今年は初詣とか新年の挨拶とかしていきたいと思う。
おせちとか、ガンガン食べていこうと思う。
書初めとか凧上げとか超クール。
超カッコイイ。
門松って、アブストラクトなデザインでマジヤバくない?
どんどんあげちゃうよ、お年玉!
アゲまくっちゃう!
道行く人みんなに!
みんなあげちゃう!(弓月光)

あ〜。
めんどくせ〜。
めんどくさいんだよ!
正月!
年越しとか、年明けとか!
どーせ年変わったってやること変わんねーんだよ!
いいじゃん、2011年のままで!
このまま2011年の月だけ増やして行けばいいじゃん!
億劫なんだよ、年号増えるのとか!
2011年13月で別に問題ないだろ!
とりあえず気持ちが落ち着くまで2011年13月、14月とカウントしていくから!
パンクかつアナーキー。
何物にも縛られない永遠の薔薇のつぼみ(プトゥン)。
それが俺の生きざま。
それが俺のスタイル。

ハッピーニューイヤー アンド レッツ・コール・ごきげんよう!
回転するジャイロは2012年も「マリア様が見てる」をまいにち応援し続けます!
今年もよろしく!
門松!


(23:14)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔