2018年12月13日

こどもがいうことをきかない その2

皆様、日々の仕事・家事・育児等の何気ない生活、お疲れ様です。
9月からスタッフとして勤務しているMRです。

おたまじゃくし君(ねがりん).jpg


寒くなってきました。子どもたちも布団から出てきません。いうこと聞きません。
イライラがたまってくると、私は癒しをもとめて本の世界へ逃避します。

今日は、阿部ゆかり著 マンガでわかる「こころを癒すセラピー」から・・

どんな出来事も悪いほうに考えてしまう
(略)「どんどんネガティブワールドの深みにはまっていく方は、ネガリン度が高いといえるでしょう。
(略)ネガリンの目的とは?
「死にたい」「消えたい」「生きるのをやめるのは簡単」「とりあえず生きているってかんじ」なんていう人が少なくありません。
ですが、「自分を危険にさらすリスクを最小限に抑えられるということ」から自分を保護することもできているのです。自信をもてなけば行動できませんから、失敗することもありませんよね。

そんなネガリンのホンネを探ってみると・・・、
「私のせいでドンヨリとした気持ちになっていたらごめんね。
自由にのびのびしていたら、そのうち痛い目を見ることがあるんだよ。
実害を被ったときの痛手を考えてみてよ。
恥をかいたり、あきれられたり、ときには借金するかもしれないじゃないか。
取り返しのつかない大失敗をするくらいなら、自分の殻に閉じこもっているほうが、はるかに安全だと思うんだ。」
(以上、阿部ゆかり著 マンガでわかる「こころを癒すセラピー)

「あ、私、また、この思考パターンにはまってる・・・」
幼少期の体験が、今も息づいてます。
経験値をつんで、逃げ出すすべも、あきらめるすべも、がんばるすべもしっているのに。
「あー、身体もつかれてるなぁ・・・」と思って一休み。

子どもは自分に似ていますが、子供と自分自身は違う人間なのですね。
自分ができることを必ずしも子供が望んでいるとは限りません。

みなさんも、そんな思いがありましたら、お気軽にがまサポにおいでください。
一緒に思考パターンを読み解きましょう。

*-☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆-*
働く事に悩みを抱えている15歳〜39歳の方、まずはお電話を・・・
サポステは若者の職業的「自立」を支援します!

【支援内容】
<相談支援>
職業・心理・自立・保護者相談
就労定着&STEP UP支援
<職業体験>
ジョブトレーニング・ボランティア活動
職場見学・体験
<セミナ−>
パソコン教室・コミュニケーション講座
ハローワークツアー・朝のチョイ活 など
<居場所>
フリースペース

各種相談やプログラムを実施致しております。

お問い合わせ・お申込みは・・・

『がまサポ』
開館日:火〜土曜日 11:00〜19:00
来所相談:(予約優先)火〜土曜日
          11:00〜18:00
休館日:日・月曜日・祝日・お盆・年末年始
〒443−0043 蒲郡市元町9−9
☎(0533)67−3201
E-mail:info@gyss.jp
U R L:http://gyss.jp/

『とよかわサテライト』
開館日:火〜金曜日 10:30〜16:30
来所相談:(予約優先)火〜金曜日
          13:00〜16:00
休館日:土・日・月曜日
     祝日・お盆・年末年始・プリオ休館日
〒442−0068 豊川市諏訪3丁目300番地
            プリオ団体活動室4・5
☎(0533)84−5430
E-mail:michigaeru_toyokawa@yahoo.co.jp

お気軽にお電話下さい〜♫

gyss at 12:29│Comments(0)clip!MR 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QRコード
QRコード
プロフィール

がまごおり若者サポ...