2019年09月14日

労働時間とは 

引き続き労働時間3回目です。
具体的な例を交えて イとウについて説明していきます。

イ 手待ち時間
  トラック運転手が運送し納品現場に行った際
  荷下ろしの順番待ちで(納品先)待機する場合の待機時間。
  昼休みに電話がかかってきた時、その電話に出た場合
  休憩に該当せず、労働時間になります。多くの会社は
  昼当番という形で休憩をずらすなどで対応しています。

ウ レクレーション・研修等会社命令の行事
  会社主催のレクレーション あまり今は少ないですが・・
  強制参加の運動会、忘年会、新年会 等がそれにあたります。
  ここでポイントは強制参加、出ても出なくてもいい場合は
  労働時間に該当しません。使用者の強制力 命令があるか否か
  これが労働時間であるかどうかの大きな判断。ですので
  強制参加の研修は労働時間にあたります。強制で無ければ
  行かなくても良い場合は労働時間ではありません。 

  不定期企画の「働き方改革」労働者が知るべき法律の次回は
  労働時間の把握(事業主の義務)について書いていきます。
  

gyss at 13:05│Comments(0)clip!きとう 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QRコード
QRコード
プロフィール

がまごおり若者サポ...