gyu's shop blog

スペイン・バルセロナ在住。 バルセロナのこと、アンティークのこと

ネットショップ gyu's shopを運営。
ショップだけでなく,インテリアやバルセロナのことなども。

しばらく新入荷商品のお知らせをしなかったのですが、先週末は郊外の町にはいかず、今週は3回も蚤の市に行ったのですが、あまりいいものが出なくて、今回その3回分をまとめてお知らせです。昨夜アップが住んでいるものもあります。


2019.2.20 (1)


アンティークショップで1万5千円くらいするメタルのフォトフレーム、かわいいメタルのインク壺とメタルの装飾は悪魔の顔! この3点はアップ済み。
2019.2.20 (11)


とてもきれいな楕円のトレイ大小。アップ済み。 左は帽章とメタルボタン

2019.2.20 (19)


これは何?と思ったのですが、

2019.2.20 (8)


たぶん、ランプのシェードにかけたレース

2019.2.20 (21)


細長い本立て。ソファの横に置いたんでしょう。

2019.2.20 (3)

きれいな柄の方眼レース。

2019.2.20 (7)


さっきの帽章とメタルボタン

2019.2.20 (9)


これは金曜日に購入分

2019.2.22 (2)


素敵なカットの花瓶と、雲のような形のシルバープレートトレイ

2019.2.22 (3)


額と本
2019.2.22 (7)


オリジナルの絵入り。アップ済み。
2019.2.22 (8)


ページを切りながら読む本。

2019.2.22 (9)

2019.2.22 (10)

ハットピン

2019.2.22 (6)


マラカイトのロザリオと大きなアルミのメダイ。下の小ナプキンの刺繍が面白いの。
2019.2.22 (11)

手編みレースマットとドロンワークの小さなナプキン

2019.2.22 (12)


長方形のクッションカバー
2019.2.22 (13)


レース編みの蝶のクッションカバー
2019.2.22 (14)


コットンのネグリジェ
2019.2.22 (15)


頑張ってアップします!


いいお天気が続いているバルセロナです。

これは我が家のすぐ近くのディアゴナル大通り。
真ん中にヤシの並木、手前はオレンジの並木。

IMG_0694


今回の購入品

2019.2.15 (1)
 

麻のテーブルクロス。未使用で、ナプキンは糸で束ねたまま。

2019.2.15 (8)


シックな色合いの刺繍でしょ。
2019.2.15 (10)


手編みのコットンベッドカバー。小さめのサイズ。
2019.2.15 (3)


タティングレースのテーブルクロスとマット。
2019.2.15 (11)


クッションカバー2つ。繊細ではないけれど、しっかりしています。
2019.2.15 (6)


ピローケース3枚。右のドロンワークすごいでしょう。いずれも端のレースがきれい。
2019.2.15 (4)


手編みボビンレースの縁のハンカチ2枚と、ブリュージュのレースのハンカチ
2019.2.15 (13)


左のハープの形をしたものは本を立てるもの。ブロンズの額2種。
2019.2.15 (22)

ゲランの香水の箱
2019.2.15 (16)

かわいいオリジナルの絵
2019.2.15 (15)


シルバー類
2019.2.15 (17)


このピッチャーとてもきれいです。
2019.2.15 (20)


リスのついた口紅立て
2019.2.15 (19)


このピルケースのようなペンダントトップは、中に小さいロザリオが入っています。
2019.2.15 (21)


変形スプーン2種。持ち手のレリーフが素敵です。刻印はないけれど、多分、フランス製。
2019.2.15 (18)


これじゃなんだかわからないけれど、エプロン。
2019.2.15 (7)


裾レース
2019.2.15 (14)

さあ、頑張ってアップしなくては。

おまけ

バスから見たアイシャンプレ地区の建物
IMG_0693


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

月1度行くいつもの美容院で、ヘアダイしているときは雑誌を持ってきてくれるので、普段は見ない婦人雑誌をパラパラ。スターや王族、有名人のことは一切興味なし。でも終わりのほうに載っているお料理は、時々、真似してみようかな、というのもあるので、そんなときは写真を撮ってくる。


サケのパピヨット 

 まあ、日本でもこういうお料理は珍しくはないのだけれど、簡単にできそうだし。
IMG_0660


生春巻き

IMG_0658

これはさっそく家に帰ってまねして作ってみました。
豚挽気を使うのだけれど、先日の鳥の丸焼きの胸肉部分が余っていたので、それを使ったら、微妙においしくない。やっぱり豚肉のほうがいいみたい。生春巻きはごはん食べているみたいでおなか一杯になっちゃうのね。
でもこれはお弁当のおかずには難しいかな。

 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

最近ちょっとおなかの調子が悪くて、これも風邪のせいかしら?
昨日も買い付け途中にお腹が痛み出し、急遽カフェへ。それでもう一か所行くつもりだったのだけれど、切り上げて帰宅。

今回購入したもの
2019.2.11 (1)


コットンと麻のナイティ
2019.2.11 (10)


カットワークのコットンテーブルクロスナプキン付き。
2019.2.11 (11)


ハンカチ2枚。
2019.2.11 (12)


ピローケース付きコットンのアッパーシーツ。今漂白剤に入っています。
2019.2.11 (14)


額類
2019.2.11 (3)


イニシャル刺繍のレースの額装したもの
2019.2.11 (4)


高価な完全なカニヴェが4枚入った額。
2019.2.11 (5)


左はシルバー枠のフォトフレーム。中に1820年のドイツで印刷された絵を入れました。
右はカニヴェのようにカットされた上にクロモとリボンを付けたかわいいホーリーカード入り。
2019.2.11 (6)


小さなポットは真ん中部分が陶器。お醤油つぎなんかにいかがでしょう。
シルバープレートのカップ&ソーサー。
2019.2.11 (7)


真鍮のキャンドルスタンドとガーランドの装飾、銅のアールヌーボーの宝石箱は、磨いたらかなりきれいになりました。
2019.2.11 (8)


アクセサリーは、ユニークなリングとシルバーのピアス2つ。
どんぐりなんて面白いでしょう。2つ並べてブローチのように着けてもいいかも。
2019.2.11 (15)

頑張ってアップしますね。布物はしばらく時間がかかります。

 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。


 

この前の日曜日、モンジュイックのカタルーニャ美術館に行きました。


pza espanya (1)


エスパーニャ駅から結構歩くのよね。

pza espanya (2)


pza espanya (3)


でも天気がいいので気分は爽快。

pza espanya (4)


pza espanya (6)

先日から足の付け根が痛むので、難儀しながらやっと到着。

受付で、「今日は入場無料です」

と言われ、あ、そうか、第一日曜日は無料だった?と気づく。

で、

「Jauma Plensaの展示会はどちらですか?」

と聞いたら(それが目当てだったので)

「その展示会はMACBA(カタルーニャ近代美術館)で、ここではありません」

と言われ、がっくり。MACBAとMNAC(カタルーニャ美術館)とどうもごっちゃにしていたみたい。

痛む足を引きずって、地下鉄に乗りカタルーニャ広場からまた歩いてMACBAに行くと、なんと長蛇の列。あきらめて帰りました。

こんな日もあるんですよね。


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

ペドラルベス大通りに面して、ガウディ設計のグエル別邸がありますが、そこの庭にアーモンドの木があって、今、満開。


almendra (1)



almendra (2)



almendra (3)

以前はもっとあちこちで見かけたのだけれど、近年次々に切られて(虫にやられたのか?)姿を消してしまい、我が家の近所で見られるのはここくらい。

1月ころから咲き始めるアーモンドの花は、早い春の訪れを知らせてくれるので、気分が高揚する。


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

日の出がだいぶ早くなり、日の入りも遅くなって、日の出ている時間が長くなってきました。朝起きた時少し明るいというのは、真っ暗よりも気分的にずっといいですね。
今日もとてもいいお天気。

長いこと買い付けに出かけられなかったので、今日も素敵なものを探しに蚤の市へ。
蚤の市は私の家からバルセロナを突っ切って反対側辺りになるので、時間もかかり、体力がいります。地下鉄だと乗り換えがあって、階段が多くたくさん歩かなくてはいけないのよね。バスだと行きは大体座れるけれど、帰りは混んでいるので立ちっぱなしの時が多い。それにかなり時間がかかる。帰ってくると大体へとへと。

ここの蚤の市は、毎回何が出るかわからないのが面白いところ。日によっては何にもない時もあり。

今回ゲットしたものは


2019.2.6 (2)


アールヌーボーのレターラック。これはケチャップで洗ってきれいにしました。かなり黒ずんでいましたからね〜。
メタル磨きをつけると、あと端のほうに残っていることがあるんですね。これも買ったとき残っていて、緑青が出ていました。ケチャップをこすりつけてしばらく置き、歯ブラシなどでこすったらきれいになりました。
2019.2.6 (4)


シルバープレートのヘアブラシを見つけました。セットではなくこれだけ。
イニシャルやレリーフがきれいでしょう。毛は少し出ているけれど、メタル部分はしっかりしていていい状態です。
2019.2.6 (12)


額類。右上の二つはブロンズでまだ磨いてありません。左上はイタリア製。
左下の木製額はとてもきれい。真ん中は絵がオリジナルのようだけれど、たぶん替えます。オリジナルの絵は付けておきます。みんな小さいもの。

2019.2.6 (9)


このバッグを見たときはキュンとなってしまって。とにかくかわいいのです!
金具もとてもしっかりしているし、中にはポケットが両側についていて、口紅とコンパクトを入れる場所が分かれています。

2019.2.6 (11)


手編みのレースと靴下の穴をかがる道具。棒がついていますが、その先に小さなフック付きの細い針がついているんです。ストッキングをかがるための道具じゃないかな。

2019.2.6 (13)


箱いろいろ。箱大好き。

2019.2.6 (5)


黒い小箱はかなり古そうです。木製!

2019.2.6 (6)


ガラスの箱大小。
2019.2.6 (7)


割といい状態のジュエリーボックス3つ見つけました。
2019.2.6 (8)


厚い青ガラスの表面に、シルバー箔を貼って装飾した美しい小カップ。
2019.2.6 (16)


シルバープレートの縁の高い小さめの玉足付きトレイとアクセサリー類
2019.2.6 (14)


天然のアメジストを四角にカットしたものをつなげたネックレス、貝とシルバーのペンダントトップは、そっけないくらいのシンプルデザインだけれど、つけると断然素敵。丸いものは透かし彫りになった球の中に、鈴が入ったペンダントトップ。大き目でも派手でないシルバーのピアス。
2019.2.6 (18)


2019.2.6 (17)

頑張ってアップします。


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

くっきりとした青空のバルセロナです。風もなく暖かい。
今回は市内で見つけたもの。点数はまた少ないですが…

2019.2.5 (1)


60年くらい前の未使用の良質なコットンシーツ用布。
昔の人はこういう布を買って、周りにレースをつけたりして、刺繍を専門家に頼んでシーツを作ったそうです。これを持ってきた人はかなり年配の方ですが、そのおばあさんがなくなった時、倉庫に布をかけたこのようなシーツ布がどっさりしまってあって、娘たちが結婚するときに持ってゆけるよう買い込んであったのだそうです。
シーツ用布71 (5)


シルバーのフィリグリー(銀線細工)のロザリオ。とても素敵です。
2019.2.5 (3)


骨(水牛の角?)を彫って作られた香水入れのペンダントトップ。立派な皮袋に入っていました。 左はキリストの顔のシルバーのペンダントトップ。
2019.2.5 (4)


シルバープレートのパウダー入れ。レリーフが素敵。
spパウダー入れ4 (16)


中にふわふわのパフが入っていたんですよ。
2019.2.5 (5)


ロザリオはアップが済んでいます。ほかのものはこれから写真を撮ります。


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

まだすっかり風邪が抜けきっていないのですが、やっとのことで、本当に久しぶりに蚤の市に行きました。
入った途端、苦手な売り手(私の顔を見ればしつこく売りつける人)のブースがあったので、回避して顔なじみのブースへ直行。
それで全部は見れず、点数も少なくなってしまいました。
家に帰ったら疲れてしまって爆睡(笑)。

それでゲットしたものは

2019.2.1 (1)

2019.2.1 (2)


100年以上前のガラスのランプ

2019.2.1 (5)


2019.2.1 (4)

魚のレリーフなんて珍しい。ホヤが円筒なんですね。
2019.2.1 (6)


シルバープレートのポットも2つ。
右の背の高いほうは、イギリスのMappin & Webb社のものだったのですよ。やった!
2019.2.1 (8)

2019.2.1 (9)


背の低いほうのポットも丁寧な作りで、茶こしが可動式。びっくり。
お茶を飲む習慣がほとんどなかったスペイン製とは思えないのですが、6tazasとスペイン語で彫られているんです。制作の社名はよく読めません。
2019.2.1 (10)


シルバープレートのロング小トレイ、クリスタルの四角いジャムポット
2019.2.1 (12)


左のカギが先についたものは、手袋やループなどにボタンをかけるための道具。
砂糖ばさみはシルバー、スプーンは1つしかないけれど、ゆで卵を食べるためのスプーン、箱はイアリングなどを入れるジュエリーボックス。
2019.2.1 (14)


水晶にシルバーで装飾をしたペンダントトップ。
2019.2.1 (13)


金彩の木彫りの装飾。かけた部分がありますが、とてもきれいです。
2019.2.1 (11)

さあ、頑張ってアップしなくては…


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

明日から2月、もう一年の12分の1が過ぎてしまいましたね。

2月の侵入商品のお知らせです。お見逃しはございませんか?

古書

 Book304 べっ甲柄の表紙のコムニオンの聖書。
book304 (5)


Book305 100年ほど前のフランスのお話の本。美しい装丁です。
book305 (1)


フィギュア
 
   素朴な雰囲気の聖母子像。
聖母子像8 (1)


プペ・マッシュのママー人形

プペマッシュ人形 (17)


額2種

 1894年の年号の入った19世紀の額
額854 (4)


額855 (2)


ポストカードも多数

PC女性


PC子供


シルバー・シルバープレート製品


sp四つ足付き負荷小皿156 (1)


spミニプレート154 (3)

シルバーカップ169JPG (11)


メタル製品
 ブロンズ子供のレリーフの小トレイ (3)


ブロンズの装飾49 (5)


手つき手編みワイヤーかご (1)


真鍮エジプト柄の小プレート (2)


ガラス・クリスタル製品

グラス96 (1a)


19世紀のワイングラス
グラス97 (15)


ランプシェード35 (3)


ランプシェード36 (11)


底上げグラスキャンドルスタンド (3)


クリスタル小物2 (4)


食器

コーヒーカップ36 (6)


仏サルグミンの絵皿10種
サルグミン絵皿 (1)

雑貨


衣類
コムニオンドレス43 (2)

洗礼式ドレスセット24 (1)

camison706 (17)


アクセサリー
PT49 (6)


ピアス114 (2)


ピアス115 (4)


ピアス116 (4)


ピアス117 (1)


メダイ
medalla4tu

メダイpt202 (1)


身に着けるもの
 マンティージャ(黒レースショール) 天然素材の肌触りの良い大変良質なものです。
黒マンティージャ109 (2)


黒マンティージャ110 (5)


黒マンティージャ107 (3)


 ハンカチ
ハンカチ152−155



ハウスリネン類
ベッドカバー108 (1)


funda


tapete1032-36

ナプキン382 (1)


新入荷商品はこちらでご覧になれます。

 https://gyusshop.exblog.jp/30253740/

gyu's shop のHPトップページはこちら

 https://gyusshop.exblog.jp/

それでは皆様のお越しをお待ちいたしております。

お取り置きは1か月できますが、1か月を過ぎてもご連絡をいただけない場合はキャンセルになります。どうぞご連絡をお願いいたします。


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

このページのトップヘ