gyu's shop blog

スペイン・バルセロナ在住。 バルセロナのこと、アンティークのこと

ネットショップ gyu's shopを運営。
ショップだけでなく,インテリアやバルセロナのことなども。

日曜日の夜は、私のリコーダーオーケストラの指揮をやっているエロイの属するアンサンブル、Fortuna d'un gran tempoのコンサートがありました。

14141798_1158358067539382_3406375271689269088_n

曲目は15世紀〜16世紀のcanzoniereということなので、興味があって行ってみました。
場所がBac de Rodaという、我が家からはバルセロナの反対側にあったので、行こうかどうしようか迷っていたのですが、行ってみると案外そんなに遠くなくて、あら、心配することなかったんだわ〜と思った次第。

コンサート会場の Auditorio de Sant Marti  についてみると、係の人がいて、

「もうとっくに始まっています。前半が終わって後半をやっているところなので、平土間はもう入れませんから、二階に上がってそこから見てください」

あちゃ〜、1時間も間違えていたんだわ〜

 二階に上がると、幸いかなりガラガラだったので、後ろの方の席にそっと腰を下ろしました。
ちょうどエロイのリコーダーと、ヴィエールの合奏が始まるところでした。

DSC08303
 

ヴィエールはヴァイオリンの祖先で、中世に使われた楽器ですが、ちょっと物悲しいような音が出ます。

DSC08304
 

その後、カウンターテナーとテノールの2人の歌手、リュートとの全員のアンサンブル。

DSC08305


以前の彼らのコンサートがとても良かったので、期待していたのですが、今回、カウンターテナーの高音がきつすぎる気がして。とても自然な発声で、裏声という感じはなかったのでそれはとても良かったのですが。

カウンターテナーとリュートとリコーダーの時は、リコーダーをアルトに替えていました。いろいろ吹かなくちゃいけないのね。

DSC08312



後半のそれも半分しか聞けなかったのですが、素朴でいい雰囲気でした。でも聞いた曲いずれも同じくらいのテンポのもので、変化が少なく、ちょっと飽きるかも(ごめんなさい)。

DSC08314
 

https://www.youtube.com/watch?v=_u5EMGEaa3A

行きはバスで行きましたが、帰りは地下鉄に乗ったら乗り換えを入れて30分で帰ってこれました。
帰ってから急いで食事の支度をして 9時にはお夕飯が食べられました。バルセロナは小さな町だから、動くのはとても楽です。

 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。 

郵便局に行った後、あまりのきれいな空に、散歩をしたくなりました。
今年はアーモンドの花を見てないからオレネタ公園に行ってみようかな。まだ咲いているかしら。

 ペドラルべス大通りをどんどん上ってゆきます。

好きな風景
IMG_2185
 

ペドラルべス修道院の入り口の横にある素敵な古い家

IMG_2187
 

Tous家の持ち物だそうです。Tous家って昔からの財閥だったようですね。オレネタにあったお城もそうだったというし。

IMG_2186
 

ロマネスクの壁を右手に
IMG_2188
 

修道院の前をまっすぐ
IMG_2189

 
裏門を出たら、白エニシダが咲いているのを見つけました。
IMG_2190


ちょうど今が季節

IMG_2191
 

この変わった塔のある家の前に咲いていました、アーモンド。

IMG_2192


前はもっとあったのに、なぜか切られてしまったようです。

IMG_2193


オレネタ公園の入口に入ったところ
IMG_2194



陽だまりには春の花がたくさん咲いています。
IMG_2195



IMG_2196


公園に入るとビバーナムがあっちにもこっちにも。

IMG_2197


あ、アーモンドが咲いてました。
IMG_2200


この辺まで登ってくると、ティビダボやコルセローラの塔が近く見えます。
IMG_2201
 

こうしてみると、やっぱりバルセロナの空気はかなり汚れているのかな

IMG_2204


こちらにもアーモンド

IMG_2205



IMG_2206


それにしても、この木、どうしてこんなにこぶができているんでしょう

IMG_2207


IMG_2209


ビバーナムはホント、多い
IMG_2210



IMG_2211



なんとなく春っぽい雰囲気
IMG_2212
 

アーモンドはもう終わりで、半分くらい散っていました。

IMG_2213


IMG_2214


IMG_2216


IMG_2219


IMG_2220


IMG_2225


IMG_2226

一枝、と思ったけれど、ここは公園ですからねえ。

桜の花に似ているので、日本を思い出します。 そうそう、そろそろお雛様出さなくては。

 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

General Mitre大通りからちょっと入ったPadua通りにある、1903年に建てられたモデルニスタの建物、私が初めて見た2010年はこんな具合でした。

 padua2010 (1)


壁いっぱいの花が印象的

padua2010 (2)

 
padua2010 (4)


padua2010 (3)


padua2010 (5)


padua2010 (6)

padua2010 (7)


padua2010 (8)


それが! 去年通りかかったら、ミントグリーンになっていました!

上の部分はかなり毒々しいローズ色・・・ 


padua2010 (9)



padua2010 (10)
 

唖然・・・・

 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。 励みになります。

バルセロナの町のスナップ、サン・ヘルバシオ地区。

 
車の入らない小さな通りに面した建物
IMG_7213


IMG_7214


IMG_7215


IMG_7216


IMG_7220


IMG_7218

 

IMG_7223


IMG_7225


小さなテラスにプランツがいっぱい


IMG_7226


IMG_7227


IMG_7229


IMG_7231 (2)



IMG_7243


IMG_7243 (2)


IMG_7244


IMG_7245


IMG_7246


IMG_7247


IMG_7261


IMG_7262


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

バルセロナの町のスナップ。

IMG_1964


IMG_1963


泥棒が入った跡?

IMG_1961


中世の部分が残る壁

IMG_1966



IMG_1967

 
IMG_1968


IMG_1969


IMG_1971


IMG_1972


IMG_1973


IMG_1974



このアパートのテラスの天井に絵が描いてあるのを発見

IMG_1975

 
IMG_1976

 

IMG_1977


IMG_1979


IMG_1980




IMG_1981




IMG_1982



  右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

サーカス Raluyの幕やトラックの絵をご紹介。

IMG_2017


IMG_2012


IMG_2013


IMG_2014


IMG_2015


IMG_2016


左のは1930年のもの

 IMG_2025


IMG_2023


 
IMG_2024



中にホテルもあるのかな

IMG_2019



IMG_2020


IMG_2021


この車両は1942年のもの

IMG_2022



IMG_2018

IMG_2026

今度、このサーカスRaluyで、オペラ「パリアッチ」を上演するのだそうで、この雰囲気ならバッチリですね。

  右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

サーカス Raluyの幕やトラックの絵をご紹介。

ちらと見えているのが天幕。かなりの大きさなんですが。

IMG_2042


これはロートレックの絵ですね
IMG_2041


IMG_2040


この車両は1926年のもの。

IMG_2039


この車両は1919年のもの。

IMG_2038


IMG_2017


IMG_2016


IMG_2015


IMG_2014


IMG_2012


IMG_2011



 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。 

バルセロナ港の脇に、今Raluyサーカスが来ています。
そのサーカスのトラックや幕がとても楽しいので、ご紹介いたします。ちょっとたくさんあるので、3回に分けて。

IMG_2029


チケット売り場
IMG_2028


IMG_2027


IMG_2030




IMG_2031


IMG_2032


IMG_2033


IMG_2034



IMG_2035


 IMG_2036


IMG_2037


 右上のブログランキングのクリックをお願いいたします。励みになります。

このページのトップヘ