旅とサイクリング

旅に出て、拠点を決めて走る日帰りサイクリングのコースと途中の景色を綴りました。 また、併せて「スキーの旅」「スキューバダイビングの旅」「海外の旅」も載せてあります。
サイクリング ブログランキングへ

利尻島サイクリング

 稚内に宿を取り、朝フェリーで利尻島に渡って一周しその日のうちに帰りました。利尻島はどこを走っていても島の中央にそびえたつ利尻山が見えます。場所によって山の形が変わりきれいです。
利尻島の位置
利尻島の位置(北海道)
地図矢印入り
走行距離:59㎞   2019年10月上旬
地図写真入り
GoogleMapリンク
リンクを開き、写真のサムネイルをクリックするとその場所の景色を確認できます。

稚内港
DSC_4246 (1)
ハートランドフェリー稚内港ターミナル
IMG_0793 (2)
7時30分発の「サイプリア宗谷」号
IMG_0795 (1)
自転車運賃は1560円でした。
輪行袋に入れて船室に持ち込むと無料だそうです。
IMG_0794 (1)
これから乗り込みです。
IMG_0799 (1)
出港して間もなく自衛隊の基地とその奥に利尻島が見えました。
IMG_0801
ノシャップ岬(野寒布岬)と利尻島
IMG_0804
ノシャップ岬と自衛隊の基地

利尻島
DSC_4289 (1)
鴛泊(おしどまり)港に到着しました。下船です。
DSC_4290 (1)
鴛泊港と乗って来たフェリー
DSC_4291
山の上先端の鴛泊灯台
DSC_4294
サイクリングスタートです。左折して島を右回りで一周します。
DSC_4295
道路には「利尻ファンタスティックロード」という愛称がついています。
DSC_4296
鴛泊湾
DSC_4297
ずっと海岸線の道を走ります。
DSC_4298
昆布干し
DSC_4299
振り返って鴛泊湾方面を望む
DSC_4300
利尻ファンタスティックロード、良い景色です。
DSC_4303
鬼脇漁港に立ち寄ってみました。
DSC_4301
漁港には釣り人がたくさんいましたが、あまり釣れていませんでした。
鮭を狙っているようでした。
DSC_4304
石崎灯台
DSC_4306

DSC_4307 (1)
 沼浦展望台(白い恋人の丘)
 北海道で良く売っている「白い恋人」という菓子のパッケージの写真を撮った場所だそうです。
DSC_4310
展望台から望む利尻山とオタドマリ沼
DSC_4312 (1)
展望台に上って来た道
DSC_4311 (1)
展望台から仙法志岬方面を望む
DSC_4313 (1)
オタドマリ沼
DSC_4314 (1)
オタドマリ沼と利尻山
DSC_4315 (1)
仙法志岬公園と利尻山
DSC_4316
沓形岬方面を望む
DSC_4319
神居海岸パーク
DSC_4318 (1)
神居海岸パークの遊歩道
DSC_4322
沓形岬と利尻山
DSC_4323
沓形岬灯台
DSC_4321
沓形岬から礼文島を望む
利尻島と違って高い山がありません。
DSC_4320
沓形漁港
DSC_4324
この辺りから見える利尻山は形が平らです。
DSC_4326
途中に映画のロケ地がありました。
DSC_4325
映画で使用された家屋だそうです。
DSC_4331
鴛泊港の横のベシ岬と鴛泊灯台
鴛泊港に戻ってきました。
DSC_4292 (1)
フェリーターミナル
DSC_4332 (2)
 乗って帰るフェリーが到着しました。帰りは「ボレアース宗谷」号です。14時35分発の稚内行きは礼文島経由便です。16時台の便に乗れば直行便なのですがこの便で帰りました。
 来るときは直行便で1時間40分で来ました。経由便は礼文島で車の積み下ろしが必要なので3時間10分かかります。
IMG_0816 (1)
利尻島とお別れです。

礼文島
礼文島には下船しませんでしたが船上からの景色です。
IMG_0820
礼文島が近づいてきました。
IMG_0821
礼文島の香深港
IMG_0823 (1)
香深港フェリーターミナル

利尻山(利尻富士)
船上から利尻山がきれいに見えました。
IMG_0819
IMG_0825
IMG_0818
IMG_0833
IMG_0835



 

宗谷岬

 稚内駅前を起点に宗谷岬まで往復しました。海岸の道路国道238号線は単調な道ですが、往路は左側に宗谷湾を眺めながら、復路は逆方向に雄大な海を見ながら走れます。北海道の道にはさりげなく愛称がついていますが、この道は「宗谷ヒストリーロード」だそうです。
 思いがけずに感動したのは宗谷岬の丘陵です。「宗谷丘陵フットパス」というコースが作られており、そこの景色がとても良かったです。ハイキングを設定して作られているようです。サイクリングにはアップダウンがきつく少し大変ですが、景色に感動して走っているとその疲れも心地よいものになります。
広範囲地図
地図矢印入り
走行距離:75㎞   2019年10月初旬
地図写真入り
GoogleMapリンク
リンクを開き、写真のサムネイルをクリックするとその場所の景色を確認できます。

DSC_4333
宗谷ヒストリーロード(国道238号線)
DSC_4334
進行方向右手に見える稚内空港
DSC_4335
宗谷岬方面の眺望
DSC_4336
宗谷岬まで16㎞、宗谷丘陵の風力発電の風車が見えてきました。
網走まで310㎞の表示です。北海道は距離のスケールが違います。
DSC_4337
宗谷丘陵が近づいてきました。
DSC_4338
DSC_4339
IMG_0846
富磯漁港付近
IMG_0847
海の向こうに利尻島が見えます。
DSC_4340
宗谷ヒストリーロードが続きます。
DSC_4342
宗谷漁港
DSC_4345
宗谷岬の灯台が見えて来ました。
DSC_4349
「日本最北端の地」碑
「宗谷岬」に到着しました。
DSC_4348
宗谷丘陵と宗谷岬灯台
DSC_4347
「宗谷岬」の歌碑
新規ドキュメント 2019-10-07 09.21.11
設置されていた歌碑の説明書

音楽碑のスイッチを入れると千葉紘子が歌う宗谷岬が流れてきます。
DSC_4353
宗谷岬の先まで少し走って引き返しました。
DSC_4355
国道238号線が続きます。集落は見えません。ここで引き返します。
DSC_4357
宗谷岬まで戻りました。この先宗谷丘陵を通って稚内に戻ります。

宗谷丘陵フットパス

丘陵地帯のハイキングコース、アップダウンはきついですがこのコースを走ります。
新規ドキュメント 2019-10-07 11.29.01_1
このコースの通りA地点からH地点まで走りました。
(H地点で写真を撮ったので、そこに現在地と表記があります。)
新規ドキュメント 2019-10-07 11.29.01_2
DSC_4358
フットパススタート地点の宗谷岬公園
DSC_4359
宗谷岬灯台
DSC_4360
宗谷岬の「日本最北端の地」のモニュメントが見えます。
DSC_4363
DSC_4361
DSC_4366
左手側から来ました。T字路を右折します。
DSC_4365
上の写真の場所にある道しるべ
 フットパスの案内と「白い道」の案内が並んでいてまぎらわしいのですが、白い道はフットパスコースの一部です。貝殻を敷き詰めた道で白い色をしています。
DSC_4368
丘陵には牧場がたくさんあります。
DSC_4369
フットパスコースが見えます。全長11㎞なので距離があります。
DSC_4370
今度は左折です。
DSC_4371
こちらの道には進みませんが、未舗装の真っ直ぐな道が見事です。
DSC_4373
丘陵にはたくさん風力発電の風車が設置されています。
IMG_0850
DSC_4376
DSC_4377
自衛隊のレーダーが見えて来ました。
DSC_4378
スタート地点宗谷岬公園方面の景色です。
IMG_0855
DSC_4380
牧草ロールと遠くにノシャップ岬方面が見えます。
DSC_4381
ノシャップ岬の左手側を望むと利尻島が見えます。

白い道
貝殻を敷き詰めた道「白い道」に到着です。
DSC_4383
DSC_4385
DSC_4386
野生の鹿がいました。
IMG_0863
DSC_4387
坂道を下っていくと間もなくフットパスのゴールH地点です。
新規ドキュメント 2019-10-07 11.29.01_2
国道に突きあたり左折して稚内を目指します。

DSC_4388
宗谷ヒストリーロード(国道238号線)増幌川
DSC_4389 (1)
ゴールに向かって走ります。
DSC_4391
稚内空港付近まで戻って来ました。あと12㎞くらいでゴールです。




千葉市下田町・佐倉工業団地 周回

 四街道市美しが丘近隣公園を起点に、千葉市下田町、佐倉市工業団地方面を周回しました。
走行距離:28㎞   3019年9月下旬
地図写真矢印アクションカメラ
GoogleMapリンク
リンクを開き、写真のサムネイルをクリックするとその場所の景色を確認できます。
アクションカメラと表示された部分はビデオデータです。
DSC_4108
下田町交差点、ここを左折します。
DSC_4109
DSC_4110
下田町の落花生畑がきれいです。
DSC_4111

アクションカメラで撮った下田町


DSC_4112
下田を過ぎて谷当町付近の鹿島川

アクションカメラで撮った佐倉工業団地


DSC_4113
DSC_4114
佐倉市の鹿島川
奥の煙突は四街道市のゴミ焼却場
DSC_4115
佐倉市と四街道市の境界付近です。
奥の高速道路は「東関東自動車道」

このページのトップヘ