宗谷岬

 稚内駅前を起点に宗谷岬まで往復しました。海岸の道路国道238号線は単調な道ですが、往路は左側に宗谷湾を眺めながら、復路は逆方向に雄大な海を見ながら走れます。北海道の道にはさりげなく愛称がついていますが、この道は「宗谷ヒストリーロード」だそうです。
 思いがけずに感動したのは宗谷岬の丘陵です。「宗谷丘陵フットパス」というコースが作られており、そこの景色がとても良かったです。ハイキングを設定して作られているようです。サイクリングにはアップダウンがきつく少し大変ですが、景色に感動して走っているとその疲れも心地よいものになります。
広範囲地図
地図矢印入り
走行距離:75㎞   2019年10月初旬
地図写真入り
GoogleMapリンク
リンクを開き、写真のサムネイルをクリックするとその場所の景色を確認できます。

DSC_4333
宗谷ヒストリーロード(国道238号線)
DSC_4334
進行方向右手に見える稚内空港
DSC_4335
宗谷岬方面の眺望
DSC_4336
宗谷岬まで16㎞、宗谷丘陵の風力発電の風車が見えてきました。
網走まで310㎞の表示です。北海道は距離のスケールが違います。
DSC_4337
宗谷丘陵が近づいてきました。
DSC_4338
DSC_4339
IMG_0846
富磯漁港付近
IMG_0847
海の向こうに利尻島が見えます。
DSC_4340
宗谷ヒストリーロードが続きます。
DSC_4342
宗谷漁港
DSC_4345
宗谷岬の灯台が見えて来ました。
DSC_4349
「日本最北端の地」碑
「宗谷岬」に到着しました。
DSC_4348
宗谷丘陵と宗谷岬灯台
DSC_4347
「宗谷岬」の歌碑
新規ドキュメント 2019-10-07 09.21.11
設置されていた歌碑の説明書

音楽碑のスイッチを入れると千葉紘子が歌う宗谷岬が流れてきます。
DSC_4353
宗谷岬の先まで少し走って引き返しました。
DSC_4355
国道238号線が続きます。集落は見えません。ここで引き返します。
DSC_4357
宗谷岬まで戻りました。この先宗谷丘陵を通って稚内に戻ります。

宗谷丘陵フットパス

丘陵地帯のハイキングコース、アップダウンはきついですがこのコースを走ります。
新規ドキュメント 2019-10-07 11.29.01_1
このコースの通りA地点からH地点まで走りました。
(H地点で写真を撮ったので、そこに現在地と表記があります。)
新規ドキュメント 2019-10-07 11.29.01_2
DSC_4358
フットパススタート地点の宗谷岬公園
DSC_4359
宗谷岬灯台
DSC_4360
宗谷岬の「日本最北端の地」のモニュメントが見えます。
DSC_4363
DSC_4361
DSC_4366
左手側から来ました。T字路を右折します。
DSC_4365
上の写真の場所にある道しるべ
 フットパスの案内と「白い道」の案内が並んでいてまぎらわしいのですが、白い道はフットパスコースの一部です。貝殻を敷き詰めた道で白い色をしています。
DSC_4368
丘陵には牧場がたくさんあります。
DSC_4369
フットパスコースが見えます。全長11㎞なので距離があります。
DSC_4370
今度は左折です。
DSC_4371
こちらの道には進みませんが、未舗装の真っ直ぐな道が見事です。
DSC_4373
丘陵にはたくさん風力発電の風車が設置されています。
IMG_0850
DSC_4376
DSC_4377
自衛隊のレーダーが見えて来ました。
DSC_4378
スタート地点宗谷岬公園方面の景色です。
IMG_0855
DSC_4380
牧草ロールと遠くにノシャップ岬方面が見えます。
DSC_4381
ノシャップ岬の左手側を望むと利尻島が見えます。

白い道
貝殻を敷き詰めた道「白い道」に到着です。
DSC_4383
DSC_4385
DSC_4386
野生の鹿がいました。
IMG_0863
DSC_4387
坂道を下っていくと間もなくフットパスのゴールH地点です。
新規ドキュメント 2019-10-07 11.29.01_2
国道に突きあたり左折して稚内を目指します。

DSC_4388
宗谷ヒストリーロード(国道238号線)増幌川
DSC_4389 (1)
ゴールに向かって走ります。
DSC_4391
稚内空港付近まで戻って来ました。あと12㎞くらいでゴールです。