2005年11月15日

私の風邪薬

私はのどが痛いな、と思ったらすぐ、冷蔵庫に常備してあるお手製のショウガの薬を食べます。食べる、と言うのは、ちょっとジャムみたいなものだからです。これをスプーンに2杯くらい食べると、のどがすっきりして、あ、治った! と思ってしまうほど。

この作り方は以前もブログに書きましたが、今日は写真入でもう一度書いてみます。

材料: しょうが 手のひらに山盛り一杯くらい。

     レモン6個

     ハチミツ適宜

1.まず、ショウガをよく洗って、皮ごと摩り下ろします。

  続けてレモン4個も皮ごと摩り下ろします。

のどの薬1

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、ちょっと大変ですよ。

2.すりおろしたしょうがとレモンをよく混ぜ合わせ、密封

のどの薬 なべ

できるガラス瓶に入れます。上まで一杯入れないで、せいぜい三分の二程度にしておきます。ぴっちり蓋をし、それを大きいなべに入れ、中身がかぶるほど水を入れ、さらになべの蓋をして2時間半湯煎します。 

のどの薬 レモンその間に、レモン2個の絞り汁を用意しておきます。

 

 

3.2時間半立ったら取り出し、ビンにレモン汁とハチミツを加えます。ハチミツは、ちょっと電子レンジにかけてとろとろにしておくと混ぜやすいですね。

のどの薬4ハチミツを入れる

 

 

 

 

 

 

 

 

4.また蓋をして、今度は1時間半湯煎にかけます。

のどの薬5なべ

写真ではおなべに蓋をしてありませんが、ビンを入れたあと蓋をします。

これは三重構造なべなので、蓋をすると効果が大きいのですが、普通のおなべだったら、少し開けておかないとあふれるかもしれませんね。

5.1時間半立ったら火を止め取り出します。

のどの薬

 

 

 

 

 

 

 

 

トング

 中国で使われているこんな道具があると、熱いものをつかむときとても便利ですよ。

 

これで出来上がりです。辛すぎたら、もう少しハチミツを加えます。出来上がりはけっこう水っぽい。

のどの薬

ビンの蓋をしたまま冷蔵庫に入れておけば、半年くらい平気です。

このままスプーンでなめてもよし、また、熱湯に入れて飲んでもいいですね。

しょうが、ハチミツ、レモンは風邪のための三種の神器です。

 

 

 

↓よろしかったらクリックしていただけると励みになります。
  人気blogランキング

  

Posted by gyuopera at 17:20Comments(8)

私の風邪薬

私はのどが痛いな、と思ったらすぐ、冷蔵庫に常備してあるお手製のショウガの薬を食べます。食べる、と言うのは、ちょっとジャムみたいなものだからです。これをスプーンに2杯くらい食べると、のどがすっきりして、あ、治った! と思ってしまうほど。

この作り方は以前もブログに書きましたが、今日は写真入でもう一度書いてみます。

材料: しょうが 手のひらに山盛り一杯くらい。

     レモン6個

     ハチミツ適宜

1.まず、ショウガをよく洗って、皮ごと摩り下ろします。

  続けてレモン4個も皮ごと摩り下ろします。

のどの薬1

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、ちょっと大変ですよ。

2.すりおろしたしょうがとレモンをよく混ぜ合わせ、密封

のどの薬 なべ

できるガラス瓶に入れます。上まで一杯入れないで、せいぜい三分の二程度にしておきます。ぴっちり蓋をし、それを大きいなべに入れ、中身がかぶるほど水を入れ、さらになべの蓋をして2時間半湯煎します。 

のどの薬 レモンその間に、レモン2個の絞り汁を用意しておきます。

 

 

3.2時間半立ったら取り出し、ビンにレモン汁とハチミツを加えます。ハチミツは、ちょっと電子レンジにかけてとろとろにしておくと混ぜやすいですね。

のどの薬4ハチミツを入れる

 

 

 

 

 

 

 

 

4.また蓋をして、今度は1時間半湯煎にかけます。

のどの薬5なべ

写真ではおなべに蓋をしてありませんが、ビンを入れたあと蓋をします。

これは三重構造なべなので、蓋をすると効果が大きいのですが、普通のおなべだったら、少し開けておかないとあふれるかもしれませんね。

5.1時間半立ったら火を止め取り出します。

のどの薬

 

 

 

 

 

 

 

 

トング

 中国で使われているこんな道具があると、熱いものをつかむときとても便利ですよ。

 

これで出来上がりです。辛すぎたら、もう少しハチミツを加えます。出来上がりはけっこう水っぽい。

のどの薬

ビンの蓋をしたまま冷蔵庫に入れておけば、半年くらい平気です。

このままスプーンでなめてもよし、また、熱湯に入れて飲んでもいいですね。

しょうが、ハチミツ、レモンは風邪のための三種の神器です。

 

 

 

↓よろしかったらクリックしていただけると励みになります。
  人気blogランキング

  
Posted by gyuopera at 17:20Comments(8)

2005年07月12日

やせるハーブティとリラックスバス

昨日はハーブ屋さんに行っていろいろなハーブを買ってきたので、今日はさっそく何種類かを使ってみました。
 
まず、やせる効果のあるハーブティー。
 

ハーブ1

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブは煮出さなければならないのもたくさんありますが、これは熱湯を注げばいいので簡単。

 写真のは リンデン(tila), レモンバーム(Melissa), ローズマリー(Romero)にバラの花びらを少し加えました。

taza ハーブティー用の、こんな漉し器の付いた瀬戸物のカップが売っています。

 漉し器の中にハーブをいれ、

 熱湯を、上まで入れ

taza llena

 

 

 

 蓋をします。

 taza tapada

しばらく置いて蒸らすのがとても大事。10分くらいは置いておきます。

 

 

 

 蓋を取って、漉し器を取り出し、ハーブを捨てます(当たり前だけど)。

hierba

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな色に出ます。飲みなれない人は飲みにくいかもしれないけれど、ちょっとクッキーなどと一緒に飲めば大丈夫。慣れると平気です。 これを一日2,3回、食間もしくは空腹時に飲むと効果あり。

私は夏でもあまり冷たいものは飲みませんから、しょっちゅういろいろなハーブティーを入れて飲んでいます。

今朝はプールに入ったので、あと久しぶりにシャワーだけでないお風呂に入りました。この水不足のとき、バスタブにお湯をためるのはちょっと後ろめたいのですが、お湯はごく少なく半分ぐらいにしました。

リラックスするハーブバスにするには

hierba banyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー(Lavanda), カモミール(manzanilla), ローズマリー(Romero)にリンデン(tila)。これを大匙2ずつくらい用意します。

それを布の袋に入れます。

 

sache

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この袋、ドイツのニュールンベルグで買ったんです。今まで化粧品を入れたりして使っていましたが、きっとハーブバスのとき使うんだな、と思い当たりました。

grifo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、こんな風に蛇口に引っかけておくといいですね。でもお湯がたまったら、中に沈めて十分ハーブのエキスが出るようにします。とてもいい香り。

バスタブに浸かりながら、ついでに顔にも「死海のドロ」パックをしました。

たまにこんな風にリラックスする日があってもいいですね。

おまけ: これは友人がトルコからかって来てくれた石鹸。

jabonオリーブと月桂樹の石鹸で、緑色をしています。素朴な麻の袋に入って いました。

スポンジを使わないとあまりよく泡が立ちません。でも滑らかでカサカサにならなくて確かにいいみたい。

 

↓よろしかったらクリックしてくださると、励みになってうれしいです。

人気blogランキング

  
Posted by gyuopera at 22:02Comments(0)TrackBack(0)