放射能汚染の現状を知るための「自衛」ブログ

日常を貪り大局をみてこなかった管理人が 「原子力発電所のメルトダウン」というとてつもない状況の中で、何を学びどう生きていくかを考えるブログ

海の汚染

この前NHKでこんな番組やってました。



NHKスペシャル「知られざる放射能汚染~海からの緊急報告」


*混雑時重いようです。少々お待ち頂ければ映ります。
『東京電力・福島第一原発の事故によって、大気中に、そして海に放出された大量の放射性物質。
事故から10か月、放射能汚染はどこまで広がり、その影響はいつまで続くのか。 その実態を明らかにするひとつの鍵が「水」という存在だ。


今回、NHKでは、専門家チームとともに初めて、原発から20㎞圏内の海の本格的な汚染調査を実施。同時に、陸においては、山間部の湖から河川もふくめた広範囲の調査も行った。そこからは、次々と新たな放射能汚染の実態が浮かび上がってきた。


予想もしない場所で発見されたホットスポット。山奥の湖で、人知れず進行していたワカサギやイワナなど淡水魚の汚染。いずれも放出された放射性セシウムが、「水」を媒介にして意外な影響をもたらしている現実だ。


こうした結果は、これまで事故以来、様々な調査にもとづいて作られてきた日本列島の「放射能汚染地図」を改めて書き換える必要があることを意味している。



放射性物質はいかなるメカニズムによって運ばれ、魚介類に濃縮され、私たちの暮らしを脅かしていくのか、その知られざる実態に迫る。』


引用元:NHKスペシャル「知られざる放射能汚染~海からの緊急報告」 2012年1月15日





海の汚染も深刻です。





水道水の元々の水源は「海」です。海水が蒸発し雲を作り雨や雪を降らし川が流れる。




「海の汚染がどのように進行するのか?」




については科学的には解明されていません。
ただ分かっているのは、川から引いてきた水を水道水にする浄水場が




「放射性物質を除去しきれない」




という事実です。


ほぼ素通りだといいます。もし浄水場で放射性物質が検出されたとしても、時すでに遅しです。





現在の浄水場では放射性物質に対処するのは不可能なのです。







これから先どうなるのか・・・想像することすら、ためらってしまいます。









日記@BlogRanking  ←ご参考になり、もしよろしければポチっとお願いします。














無料IP分散被リンク.net
老人ホーム
不動産登記
塾個別指導
リサイクルトナー

決定的証拠

「静岡のお茶から高濃度放射性物質検出」


というニュース耳にしたことがないでしょうか?



一時期かなり話題になったので、ご存知の方も多いと思います。
このお茶、放射能濃度1000ベクレルだそうです。


1000ベクレルといったら、あの悪名高き暫定基準値の2倍です。



そして、そのお茶を自主検査して公表したのが通販業者「らでぃっしゅぼーや」です。結構有名ですよね。あちらこちらでお名前を見かけます。


この業者様、公表するにあたり、静岡県に公表する旨を事前に報告したそうです。


すると・・・・

放射性物質検出、静岡県が公表を制止 食品通販業者に
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106090710.html



不安を煽ろうが煽るまいが、放射性物質が検出されたのですから、その事実を公表するのは当然のことです。
その事実を受けてどう判断し行動するかは消費者の決めることです。



いい加減消費者をバカにするのはやめてもらえないでしょうか・・・・・




行政が事実を隠す方針を決定した。もうこの報道だけで十分ご理解いただける思います。




すでに子供たちが・・・・

市民団体「福島老朽原発を考える会」(略称フクロウの会)が、
フランスの放射線測定機関と合同調査した結果報告です。
 




 ●市民団体が子どもの尿やハウスダストからセシウム検出、「侮ってはいけないレベル 」   


福島県および岩手県の子どもの尿を検査。20人中12人の尿から放射性セシウムを検出。



市民団体「福島老朽原発を考える会」(略称フクロウの会)がフランスの放射線測定機関と連携して実施した調査で、このような事実が明らかになった。


フクロウの会では5月下旬、7月下旬に続き、9月~11月にかけて尿検査を実施(対象は3歳から22歳まで。男子9人、女子11人。うち20歳以下が19人)。今回の調査での検出レベルはセシウム134および同137合計で0.84~4.64ベクレル/リットルとなり、5月末および7月末の調査と比べても高い値が目立った。


 また、セシウムが検出された被験者は福島県内(福島市、伊達市、郡山市)のみならず、岩手県内(一関市)でも確認され、「より広い範囲での内部被ばくの事実が確認された」(フクロウの会の青木一政氏)。 なお、今回の測定では一関市在住の子どもの尿から最高値(4.64ベクレル/リットル)が検出された。


また、尿検査対象者に合わせて依頼した家庭内のハウスダスト検査(福島県、岩手県、千葉県柏市、大阪府吹田市)でも、吹田市を除くすべてのサンプルから放射性セシウムを検出。 数値はセシウム134および同137合計で、381~1万9500ベクレル/キロだった。最高値は福島市渡利地区(1万9500ベクレル/キロ)だったが、一関市や柏市でも約6000ベクレル/キロを計測。「広い範囲での高濃度の汚染が明らかになった」(青木氏)。


セシウムは食事や呼吸によって体内に摂取された後、筋肉や血管、膀胱などの臓器に蓄積される。チェルノブイリ原子力発電所事故後のベラルーシでの調査でも、放射線量の高い地域の住民の間で、膀胱の組織に上皮異形成や上皮内がんなど異常が多いことが判明している。


 「今回の日本での調査結果は、ベラルーシでの調査と比べても決して低い値ではない。侮ってはいけないレベルだ」と青木氏は指摘している。


                                   

                    引用元:東洋経済オンライン 2011/12/19 11:12



国や行政の検査で人体から放射性物質を検出したという報告を聞いたことがありません。



ですが、市民団体が検査をすると出てくる・・・・





不気味です・・・・












そしてこのような報道は、ほとんど公にはならない。大変な事だと思うのですが・・・・

宮城県でも検査をしてもらえないものでしょうか・・・・

プロフィール

hukazume

QRコード
QRコード
太陽光発電一括見積もり全社一覧.com