収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ

会社の収益を圧迫しかねない物流コスト。会社の中で目に見えづらい物流コストを可視化し、今日からでも改善できるポイントをやさしく解説します。一緒に物流改善に取り組み、物流改善のプロとして収益向上に貢献しましょう。

エンジニアリングとしての物流(6) 荷姿効率をKPIで評価する

製品形状に対する改善要請は常日頃「製品荷姿」を目にしている人が発信すべきだと思います。その立場にいる人とは出荷担当者であり物流会社の担当者であるわけです。

いかにも物流コストがかかると思われる製品については「とりあえず固定観念を捨てて」情報発信すべきでしょう。

そして製品設計の評価にも物流的な観点を入れていくべきです。荷姿効率のよい製品は「物流的視点」では高得点がつくようにするのです。

こういったKPIを取ると面白いというものがあります。それはその製品一台当たりの荷姿容積です。その製品が一万点の部品を組み立ててつくられているのであれば、その一万点の一台分の荷姿容積を積算するのです。

これを同業他社のデータと比較します。ある程度推測になる部分もあると思いますが、どちらが勝っているかについて見てみましょう。もちろん、その総容積が小さいほうが勝ちということになります。

このKPIは設計担当者のKPIであると同時に物流担当者のKPIにもなります。そしてその製品の次期型については現行製品の10%減とするといった目標を持つようにするのです。

さて最近はグローバルで部品を集めて組み立てるということが常識となりつつあります。この場合、グローバル物流コストをできるだけ小さくしたいと考えます。

そのためには部分品をどこで生産し、完成品をどこで組み立てるかといった、生産拠点検討が物流上の大きな課題となります。

場合によっては部分品も完成品も同じ場所でつくる、つまり2か所に投資を行った方が物流費を考慮すると有利だという検討結果が出ることもあるでしょう。

このような検討も物流が担うべきエンジニアリングの一つであると考えられます。物流検討というより、サプライチェーン最適化の検討といった方がふさわしいかもしれません。

いかがでしょうか。物流はエンジニアリングの観点でいろいろなタスクを負っているのです。これに気づいている会社は既に取り組み始め、大きな物流コストダウンに成功しています。

またこのような仕事の仕方をしていくことで物流の地位が向上していくことでしょう。ぜひ守りの物流だけではなく、攻めの物流に取り組んでいっていただきたいと思います。


【物流セミナー情報】

1.東京で物流IEのセミナーを実施します!【満員のためキャンセル待ち受付中】

  「超簡単!物流IE実践セミナー」

 2019年12月9日(月) 10:00〜17:00
 日本ロジスティクスシステム協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000bAm9p

2.<体感型セミナー>大阪で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上」

 2019年12月16日(月) 10:00〜17:00
 大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.opmia.or.jp/seminar/5511

3.<体感型セミナー>東京で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣」

 2019年12月17日(火) 10:00〜17:00
 東京・平河町近辺の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

エンジニアリングとしての物流(5) 製品形状への要求

荷姿効率を向上するために製品の「組立工程の変更」を行うことはそれほど難しいことではありません。単にそういったことはできないことだ、と思い込んでいるだけです。

会社内でもこのようなことに否定的な意見はあると思います。しかし攻めの物流を実行するためには避けて通れない道です。ぜひ実施していきましょう。

それでは製品のあり方を検討する二つ目としての「製品の形状そのものに対する検討」について考えていきましょう。

最近では製品の一体成型が当たり前のようになってきました。これにより製品そのものの見栄えが良くなったり生産コストが安くついたりすることがあります。

しかし一方で製品が大きくなったり、運ぶ際にロスを生みやすい形状になっていたりすることがあります。このまま輸送することで物流コストが膨らむ可能性が出てくるのです。

もしこういった物流から見て「いやらしい形状」の製品があったとしたら、それに対して改善要望を出してもよいと思います。

次回のモデルからはこういった形状にして欲しいと要望を出していきましょう。その時に衝となるのが容器です。その容器に効率よく格納できる製品形状を考えていくのです。

もし製品を吊るして格納する場合にはその製品を掛ける突起を製品に付けてもらうこともあり得ます。こういった発想はなかなか浮かびづらいかもしれませんが、「物流を効率化するためには」という考えで思考を巡らせばよいのです。

この時ばかりは「物流最優先」で考えてもよいのではないでしょうか。その時には何度もお話させていただいておりますが「固定観念」を捨てることです。

こういったことを提案してもムダである、という考え方はあくまでもあなたの考えに過ぎないのです。とにかく柔軟な発想をすることを心がけることが大切です。

次回に続きます。


【物流セミナー情報】

1.東京で物流IEのセミナーを実施します!【満員のためキャンセル待ち受付中】

  「超簡単!物流IE実践セミナー」

 2019年12月9日(月) 10:00〜17:00
 日本ロジスティクスシステム協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000bAm9p

2.<体感型セミナー>大阪で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上」

 2019年12月16日(月) 10:00〜17:00
 大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.opmia.or.jp/seminar/5511

3.<体感型セミナー>東京で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣」

 2019年12月17日(火) 10:00〜17:00
 東京・平河町近辺の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

エンジニアリングとしての物流(4) 製品設計と荷姿設計

今回は荷姿効率を向上させるための製品のあり方の検討の重要性について考えていきたいと思います。何度もお話をしていますが、物流が製品設計に口出しするなどとんでもない、という発想はやめましょう。物流を効率化するためには固定観念は禁物です。あらゆる方策を検討し、とことん物流効率化を追求することが物流担当者の責務であるのです。

製品のあり方を検討するに際し、二つの側面があることを認識しておきましょう。一つ目が製品の組み立てをいつのタイミングで実施するのかという点です。二つ目は製品の形状そのものという点です。

まず前者について考えていきましょう。多分皆さんは日頃からものを動かす状況を見ているでしょうからきっと気になっていると思うのですが、今の荷姿効率が良くなく、それをよくするためにはその製品の組み立ての一部を運搬後に行うべきだと。

たとえばある製品にボルトが一つついているために荷姿効率が3分の1程度になってしまっていることがあります。

このケースではボルトの取り付けを輸送後に行うことで輸送費の削減が可能となります。

このように「組立工程の変更」を行うだけで物流効率化につながるアイテムを洗い出し、一点一点その可能性を検討することです。

会社の中で組立工程を決定するのは大抵生産技術部門です。残念ながら生産技術部門の人たちは物流を考慮するということはあまりありません。

従ってこのようなアイデアは物流に関わる人が出すべきでしょう。そして生産技術の人たちと一緒になって検討を進めるのです。

そうすることによって、徐々に生産技術の人たちも物流を意識するようになるのです。経験を重ねるごとに物流を考慮した生産場所を検討してくれるようになることでしょう。

できれば物流効率の悪い製品をパッケージごとに一か所に集め、多くの目で見て検討を行う会を設定してみてはいかがでしょうか。

ここで重要なことはそれが可能かどうかはいったん脇に置いておくということです。改善を推進するためには「固定観念」が大きなネックになるからです。

次回に続きます。


【物流セミナー情報】

1.東京で物流IEのセミナーを実施します!【満員のためキャンセル待ち受付中】

  「超簡単!物流IE実践セミナー」

 2019年12月9日(月) 10:00〜17:00
 日本ロジスティクスシステム協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000bAm9p

2.<体感型セミナー>大阪で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上」

 2019年12月16日(月) 10:00〜17:00
 大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.opmia.or.jp/seminar/5511

3.<体感型セミナー>東京で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣」

 2019年12月17日(火) 10:00〜17:00
 東京・平河町近辺の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

エンジニアリングとしての物流(3) 守りの物流と攻めの物流

通常輸送するモードの輪切りで容器モジュールを設定します。10トン車が輸送の中心であればその荷台の輪切りでモジュールを定めるのです。

この時に1.1系パレットにこだわると効率的なモジュールを設定できない恐れがあります。1.1系を使用しないとにっちもさっちもいかない状態にないのであれば、これにとらわれることなくトラックをベースに容器モジュールを考えていきましょう。

前回にこのモジュール化された標準容器の中にいかに効率よく製品を収納するのかを考えていくことが荷姿技術の基本であるとお話しました。

さらにエンジニアリングとしての物流を考えた時に出てくるべき発想が、物流を考慮した製品設計です。いかに物流効率を阻害しない製品をつくるかを考えるのです。

この発想についてどのように受け止めますでしょうか。筆者がこの主張をした20年前は「何をたわけたことを考えているのか」と言われました。

つまり物流は二の次であって、物流効率を向上させるために製品の設計を変えることなど「あり得ないこと」と言われていたわけです。物流は決められた範囲内で最高の効率を考えろ、という発想です。

これを「守りの物流」だとしたら、物流のために製品設計を考えることは「攻めの物流」だと言えるでしょう。

とことんサプライチェーンの効率を追求していくと必ずこの局面に遭遇するのだと思います。ですから、まずは現状の範囲でとことん効率化を進めましょう。

しかし、それが一定のレベルに達したのであれば、次のフェーズに移っていただきたいのです。「固定観念」は捨てなければなりません。

サプライチェーンを最高の状態に持っていくためには製品設計や生産場所などを変えなければならない時がやって来るのです。

ということで、物流効率向上のための製品設計について考えていきたいと思います。その代表的なものが荷姿効率を向上させるための製品のあり方の検討です。

次回に続きます。


【物流セミナー情報】

1.関西物流展で講演を行います!

  「物流作業生産性を見える化する手法と効率化の進め方
   〜勘と経験の物流から、理論で考える物流へ〜」
 
 2019年11月28日(木) 14:00〜15:00
 インテックス大阪

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://kansai-logix.com/seminar/

2.東京で物流IEのセミナーを実施します!【満員のためキャンセル待ち受付中】

  「超簡単!物流IE実践セミナー」

 2019年12月9日(月) 10:00〜17:00
 日本ロジスティクスシステム協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000bAm9p

3.<体感型セミナー>大阪で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上」

 2019年12月16日(月) 10:00〜17:00
 大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.opmia.or.jp/seminar/5511

4.<体感型セミナー>東京で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣」

 2019年12月17日(火) 10:00〜17:00
 東京・平河町近辺の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

エンジニアリングとしての物流(2) 荷姿技術について考えよう

荷姿は単なるパッケージと考えてはいけません。物流エンジニアリングの中でも中核をなす重要技術だと考えるべきなのです。

ではなぜ荷姿が必要になるのでしょうか。その最たるものが「移動」にあります。製品などを移動させるときにその製品を「何にも包むことなく」済めばベストだと思います。

しかし実際には製品に傷をつけてしまうことを防止したり、複数の製品と積み重ねたりするときには何かしらのパッケージにすることがどうしても必要になります。

このことはパッケージのための資材やパッケージ内のムダなスペースが発生することにつながります。要は荷姿自体をやむを得ず必要としたときに、その荷姿の効率をいかに向上させるかについて考えなければならないのです。

資材をいかに少なくするか、ムダなスペースをどこまで極小化するか、これを検討していくためには専門技術が必要になるのです。

荷姿技術を検討する際にまず考えなければならないことは、その製品に見合ったパッケージを設計することです。

製品品質を損なうことなく、最小のサイズと重量で設計することが必要になります。この時に注意が必要な点があります。それはその製品のことだけを考えていればよいのではない、ということです。

何を言っているのかと申しますと、モノを移動させるときにはあるいはモノを保管するときには「その製品だけではなく、他の製品も一緒に輸送したり保管したりする」ことが前提になるということを考慮すべし、ということです。

もしその製品だけを考えた荷姿を設計したとすると、製品の数だけ荷姿の種類が必要となります。ということは、形もサイズもばらばらな荷姿ができてしまうということです。

ここから先は想像がつくと思います。物流の効率を上げるどころかその荷姿がネックとなり、物流効率を限りなく低下させてしまうことになるのです。

そこで考えなければならないことが「荷姿の標準化」、つまりモジュール化です。いくつかの種類の容器を設計し、それを標準モジュールとするのです。

そしてその標準容器の中にいかに効率よく製品を収納するのかを考えていくのです。これが荷姿技術の基本であると考えるべきなのです。

次回に続きます。


【物流セミナー情報】

1.関西物流展で講演を行います!

  「物流作業生産性を見える化する手法と効率化の進め方
   〜勘と経験の物流から、理論で考える物流へ〜」
 
 2019年11月28日(木) 14:00〜15:00
 インテックス大阪

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://kansai-logix.com/seminar/

2.東京で物流IEのセミナーを実施します!【満員のためキャンセル待ち受付中】

  「超簡単!物流IE実践セミナー」

 2019年12月9日(月) 10:00〜17:00
 日本ロジスティクスシステム協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000bAm9p

3.<体感型セミナー>大阪で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上」

 2019年12月16日(月) 10:00〜17:00
 大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.opmia.or.jp/seminar/5511

4.<体感型セミナー>東京で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣」

 2019年12月17日(火) 10:00〜17:00
 東京・平河町近辺の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

エンジニアリングとしての物流 物流は設計段階で決まる

物流はエンジニアリングだという発想が必要です。物流は技術であると考えられるのですが、このような認識を持っていらっしゃる方はそれほど多くはありません。

物流はマーケティングだという人もいます。これは商品流通の過程において物流の良し悪しが商品の売れ行きに影響することでもよく理解できます。

この物流の出来栄えは今までは「運び方」に重点を置いて見られてきたのではないでしょうか。しかし物流というものはそのパフォーマンスを生み出す9割方が設計段階で決まってしまうのです。

たとえば商品流通においても、海外で生産されたアパレル製品をどこの港で陸揚げし、どこの物流センターで仕分け検品を行い、どのような輸送モードを使用して運べば最適なのでしょうか。解は最初に物流設計をした時点でほぼ回答は決まっているのです。

海外から輸入する際にはコンテナにいかに多くの商品を入れられるかがコスト成否の分かれ目だといえます。コンテナにぴしっと収まる箱の設計は大変重要な要素なのです。

しかし残念ながら流通でも製造でも物流が重要と言いつつも、そこに資源を投入して物流を磨きあげるといった考え方は少数派です。

まだまだ日本における物流の位置付けは低いままだと言わざるを得ません。

物流をよくすることで流通も製造ももっと効率が上がることを物流に携わる人たちが訴えていくことが必要だと言えそうです。

そこでこの物流エンジニアリングというものを明確に位置付けるとともに、その内容を高度化していく必要があるでしょう。

物流エンジニアリングの中でもとりわけ重要なものに「荷姿(パッケージング)」というものがあります。この荷姿は物流の根幹であると言っても言い過ぎではないと思います。

なぜなら、優れた荷姿は輸送効率を格段に高めるからです。効率のよい、コンパクトな荷姿はスペースセービングにも大いに貢献します。

これほどまでに重要な荷姿は今後物流エンジニアリングの中でどのように位置付けていったらよいのでしょうか。

この点につきまして次回にお話をさせていただきたいと思います。


【物流セミナー情報】

1.関西物流展で講演を行います!

  「物流作業生産性を見える化する手法と効率化の進め方
   〜勘と経験の物流から、理論で考える物流へ〜」
 
 2019年11月28日(木) 14:00〜15:00
 インテックス大阪

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://kansai-logix.com/seminar/

2.東京で物流IEのセミナーを実施します!【満員のためキャンセル待ち受付中】

  「超簡単!物流IE実践セミナー」

 2019年12月9日(月) 10:00〜17:00
 日本ロジスティクスシステム協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://jils.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000bAm9p

3.<体感型セミナー>大阪で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上」

 2019年12月16日(月) 10:00〜17:00
 大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.opmia.or.jp/seminar/5511

4.<体感型セミナー>東京で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣」

 2019年12月17日(火) 10:00〜17:00
 東京・平河町近辺の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

輸送能力確保に向けての取り組み(3) 物流エンジニアリングの取り組み

ものづくりの場所を変更することは大変なように感じます。確かに大きな設備を移設して生産場所を変更することは大変ですが、そこまでしなくても物流効率を大幅に向上させることができます。

製品形状が複雑だったり、ちょっとした突起がついているだけでパッケージングが大きくなったり、収納効率が悪化したりすることがあります。

ところが製品についている突起一つを外すだけで収納効率が2倍から3倍になることはざらです。この効果を享受するために、その突起だけを輸送後に取り付けられるように生産順序を変更するのです。

一昔前でしたら「物流効率化のために生産場所を変更するなどはもってのほか」的な風潮がありました。それだけかつては物流が軽視されていたのです。

しかし今やサプライチェーンのトータル効率を追求する時代へと変化しました。どこでものづくりをするのが最も効果があるのかは当たり前のこととして検討しなければならないのです。

このように生産場所を最適化しながら輸送負荷を縮め、将来的な輸送力不足に備える必要があります。この取り組みを物流エンジニアリングでの取り組みと呼びます。

輸送モードの変更も方策として考えていきましょう。鉄道や内航船を活用できないでしょうか。リードタイムの関係で難しい場合があるかもしれませんが一度検討してみることも必要でしょう。

車両の大型化も一つの方策です。荷物を集めて混載をかけるとともに車両を大型化して今までよりもトラック台数を減らしていくことを考えていきましょう。

さらに重量物と嵩が張る物との混載も行っていきましょう。これを通称「鉄綿混載」と呼びます。トラックの保有する「最大重量」と「最大容積」目いっぱいに積載できるように工夫していくのです。

この場合、重量勝ち製品と容積勝ち製品を集めてきて組み合わせて運ぶことになります。

いかがでしょうか。いくつか輸送を効率化するための例を挙げましたがご理解いただけましたでしょうか。

多分普段はここまでの改善はやられていないと思いますので、これらを実行することで当面の輸送能力不足には対応ができるのではないかと思います。

ぜひ輸送コスト面、輸送能力面での双方向からの改善に取り組み、将来の危機に備えていきましょう。


【物流セミナー情報】

1.関西物流展で講演を行います!

  「物流作業生産性を見える化する手法と効率化の進め方
   〜勘と経験の物流から、理論で考える物流へ〜」
 
 2019年11月28日(木) 14:00〜15:00
 インテックス大阪

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://kansai-logix.com/seminar/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

輸送能力確保に向けての取り組み(2) 荷主としての取り組み

トラック輸送能力が不足してくるとまず運賃の上昇が始まります。多少コストがかかったとしても従来通り運べるのであればまだよいでしょう。

しかしコスト上昇だけにとどまらず能力不足で運べないとなったらこれは大きな問題になります。そこでこういった将来的なリスクを念頭に今後の物流について考えていかなければなりません。

荷主会社は特に真剣に考え、将来に備えておく必要がありそうです。

まずコスト上昇対策について考えてみましょう。単位当たりの物流コストが上昇しますので、一度で運べる量の確保が求められます。

そのために荷姿効率を従来以上に向上させなければなりません。またサプライチェーンのリードタイム短縮を崩す訳にはいきませんから、極力混載を行う方法で積載率を上げていく必要があります。

そして同時に物流会社とも常に良好な関係を保って行くことも忘れてはなりません。無理強いばかり迫る荷主は今後は弱い立場に置かれる可能性があるからです。

構内滞留時間や待ち時間を短縮する取り組みを積極的に行っていく必要があります。取引条件につきましてもフェアな内容に見直す必要があるかもしれません。

燃料サーチャージ制度を導入し、燃料費が上がればチャージを払い、下がれば値下げをするというフェアな取引を考える時期に来ています。

では輸送能力確保に向けての取り組みには何が考えられるでしょうか。これも先ほどのコストと同様で、トラック積載効率、「真の積載率」を向上することで、トラック台数を増やさない取り組みが挙げられます。

トラック輸送での積載効率を考慮した製品設計も必要になります。ちょっと形状を変更したり、アッセンブリの場所を輸送後に変更したりすることで大幅に荷姿効率が向上し、結果としてトラックの真の積載率が向上するのです。

ものづくりの場所も見直す必要があるかもしれません。たとえば従来は労働力確保を優先で生産場所を決めていたものを、より消費地に近いところでの生産に変更しなければならなくなるかもしれません。

次回に続きます。


【物流セミナー情報】

1.東京で輸送改善のセミナーを実施します!

  「輸送改善で利益を生み出せ
    〜物流コスト削減の秘訣とは〜 」

  2019年11月21日(木) 15:00〜17:00
  投資育成ビル8階ホール (渋谷区渋谷3−29−22)

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.sbic.co.jp/seminar/20191121js/

2.関西物流展で講演を行います!

  「物流作業生産性を見える化する手法と効率化の進め方
   〜勘と経験の物流から、理論で考える物流へ〜」
 
 2019年11月28日(木) 14:00〜15:00
 インテックス大阪

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://kansai-logix.com/seminar/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

輸送能力確保に向けての取り組み トラックドライバーの高齢化

日本国内のトラック輸送が危機を迎えることになるかもしれません。最近特にトラックはあるもののドライバーがいないため顧客のニーズに応えられないという現象が起き始めています。

東北の震災復興需要や2020年の東京オリンピック開催に向けて資材等の輸送がピークを迎えます。一方でその他の輸送について果たして従来のように満足な供給能力を確保できるかが問題になりつつあるのです。

今後トラック輸送を中心とした輸送能力の確保が問題になるその大きな理由は何でしょうか。実はドライバーの高年齢化が挙げられるのです。

ちょっとデータを紐解いてみましょう。

普通トラックの20歳代のドライバーは1993年に37.8%を占めていましたが、2011年には9.4%へと激減しています。

一方で普通トラックの40歳代以上のドライバーは1993年に37%でしたが、2011年には59.4%へと大きく増えているのです。  

このドライバーの高齢化は大型トラックではさらに深刻になります。1993年に20歳代以下は15.1%でしたが、2011年には3.6%です。

一方で40歳代以上は72.7%でほぼ4人に3人が40歳代以上だということになります。

ではなぜこのような現象が起きているのでしょうか。主に2つの理由が挙げられています。

1.トラック運送業界の賃金水準の低下
  (時間当たりの平均賃金は他産業と比べても低い水準)
2.過当競争がもたらす、運賃の長期低迷が原因という評価

かつては働き方次第で高給が取れる職種だと言われたトラックドライバーも今や競争が厳しく、給与の安い職業だということになってしまったのです。

若い人がこの職に就きたがりませんから、今までのドライバーがそのまま年を取り、仕事を継続しているといった構図になっているのです。

次回に続きます。


【物流セミナー情報】

1.東京で物流コンプライアンスセミナーを実施します!

  「荷主のコンプライアンス強化で問われる物流企業の法令遵守
   〜大手荷主が物流のコンプライアンスに関与する時代へ〜」
 
 2019年11月19日(火)15:00〜17:00
 国際物流総合研究所 セミナールーム

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.e-butsuryu.jp/event/2355/

2.東京で輸送改善のセミナーを実施します!

  「輸送改善で利益を生み出せ
    〜物流コスト削減の秘訣とは〜 」

  2019年11月21日(木) 15:00〜17:00
  投資育成ビル8階ホール (渋谷区渋谷3−29−22)

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.sbic.co.jp/seminar/20191121js/

3.関西物流展で講演を行います!

  「物流作業生産性を見える化する手法と効率化の進め方
   〜勘と経験の物流から、理論で考える物流へ〜」
 
 2019年11月28日(木) 14:00〜15:00
 インテックス大阪

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://kansai-logix.com/seminar/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流の勉強方法について考える(3) 物流コスト知識を学ぶ

どの会社にとってみても「物流コスト」に関する知識は大変重要です。しかし自社でどのくらい物流コストがかかっているのかを正確に答えられる会社はそれほど多くありません。

荷主会社にしてみると、物流業務をアウトソースしている場合には支払コストを見れば物流コストがわかります。しかしすべての業務をアウトソースしていないのであればその領域についてしっかりと把握が必要になります。

物流コストは財務会計では把握できないという特徴があります。会社内でしっかりと管理会計を行っていればよいのですが、そうでない場合には把握に少々手間取ることでしょう。

物流に携わる者はこの「物流コスト」に関する知識をきちんと学ばなければなりません。物流コストは領域別分類、機能別分類、主体別分類、変固別分類という切り口で見ることができます。

ここではそれぞれの内容の説明は省きますが、物流担当者はこのような切り口で見ていくのだということを知っていなければなりません。

物流コストはよく売上高対比で把握されることがあります。いわゆる売上高物流コスト比率です。毎年日本ロジスティクスシステム協会が各社にアンケートを取って集約し、公表しています。

物流担当者は自社の売上高物流コスト比率がどれくらいかを把握するとともに、業界の平均値も知っておく必要があります。

これらについては統計値を読むことや書籍で知識のインプットをするとよいでしょう。

また荷主会社の担当者であれば、輸送コストの原価構成は知っておく必要があります。なぜならアウトソースを行っている輸送の料率の妥当性について検証する必要があるからです。

また、倉庫作業につきましても、入庫作業やピッキング作業など主だった作業についてどれくらいのコストでできるのかについても学んでおきましょう。

これらの知識が価格交渉の場で役立つことは言うまでもありません。

いずれにしましても、競争力のある会社は物流担当者に対してきちんとした教育を行っています。また積極的に勉強をしようとしているスタッフは必ず伸びていくと言えるでしょう。

物流業界は今までどちらかというとあまり学ぶことに積極的ではありませんでした。しかしこれからはいかに人材を育て、競争に勝ち抜ける体力をつけたかどうかが会社の命運を分けることでしょう。常に学びの場を持っていきましょう。


【物流セミナー情報】

1.東京で構内物流改善のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、構内物流で生産統制を行う」

 2019年11月12日(火)10:00-17:00
 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/3095

2.東京で物流コンプライアンスセミナーを実施します!

  「荷主のコンプライアンス強化で問われる物流企業の法令遵守
   〜大手荷主が物流のコンプライアンスに関与する時代へ〜」
 
 2019年11月19日(火)15:00〜17:00
 国際物流総合研究所 セミナールーム

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.e-butsuryu.jp/event/2355/

3.東京で輸送改善のセミナーを実施します!

  「輸送改善で利益を生み出せ
    〜物流コスト削減の秘訣とは〜 」

  2019年11月21日(木) 15:00〜17:00
  投資育成ビル8階ホール (渋谷区渋谷3−29−22)

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.sbic.co.jp/seminar/20191121js/

4.関西物流展で講演を行います!

  「物流作業生産性を見える化する手法と効率化の進め方
   〜勘と経験の物流から、理論で考える物流へ〜」
 
 2019年11月28日(木) 14:00〜15:00
 インテックス大阪

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://kansai-logix.com/seminar/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
メルマガも合わせてどうぞ
物流人財育成
効果的な物流セミナーはココがお薦め!!
常に最新情報をチェックしましょう!!


国際物流総合研究所
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

Kein

さまざまな業種が集まっています
にほんブログ村 企業ブログへ
コンサルタントをお探しなら・・・
経営を学べます
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ぜひお読みください!
Archives
QRコード
QRコード
書籍探しなら・・・
  • ライブドアブログ