収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ

会社の収益を圧迫しかねない物流コスト。会社の中で目に見えづらい物流コストを可視化し、今日からでも改善できるポイントをやさしく解説します。一緒に物流改善に取り組み、物流改善のプロとして収益向上に貢献しましょう。

これからの輸送改善のコツ 輸送距離の改善

物流といえば輸送と言われるほど重要な機能である輸送についてじっくりと考えることは大切ですね。この機能を改善することはいろいろな派生効果を生みますのでちょっと真剣に検討してみましょう。

物流について経営者にイメージを問うと「コスト」という回答が多く返ってきます。もちろん物流は単純なコストだけの機能ではありませんが、コストだという捉えられ方をされても仕方のない部分があることも事実です。

主要なサプライチェーンのオーナーであるメーカーの場合、物流コストに占める輸送コストの比率はおおよそ6割です。つまりここをおさえることで社内での物流コストの最重要点をおさえられたと言えそうです。

輸送コストを何とかしたいと考えている会社は多々あります。その中でも物流拠点の統廃合や物流ルートの見直しなどのアイテムがよく挙がってきます。

これはとても重要なアイテムであることは間違いありません。物流拠点の統廃合の中には輸送距離の短縮が含まれます。場合によっては「運ばない」というケースも考えられます。

私たちは物流効率化を考える際にはぜひ「運ばない」改善を考えていきたいものです。いつも申し上げていることですが、拠点を離して設計したとたんに物流が発生してしまいます。

つまり物流は拠点設計の結果として発生するのです。物流を発生させる、させないは「設計」にかかっているのです。

輸送コストは以下の算式で表されます。

輸送コスト = 距離 × 物流量 × 輸送単価

この算式の右辺のいずれかの項目を小さくすることで輸送コストは下がります。この内「ゼロ」にできるのは「距離」です。

生産工場と出荷倉庫を同じ場所に設置することで輸送距離はゼロ(もちろんフォークリフト等による小さな運搬は必要かもしれませんが)になります。

得意先の工場の中でサプライヤーが生産場所を設置すればサプライヤーによる輸送距離はゼロになります。

したがって第一歩として考えなければならないことは距離の「ゼロ化」と「短縮」です。キーワードは直結化、近接化です。

次回に続きます。


■ 新着物流セミナー情報

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 大阪で「物流コストの見える化」に関するセミナーを実施します!

  「物流コストの見える化と標準化」

  2021年10月26日(火) 午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/4202/

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ オンラインで「物流コストの見える化」に関するセミナーを実施します!

  「物流コストの見える化と標準化」

  2021年11月15日(月) 午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/4285/

□ ライブ配信で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
   構内物流で生産統制を行う」

  2021年11月25日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5211

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

(2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜9月号:構内物流機器管理の標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

後工程合わせの仕事で効率化(3) サプライチェーンの同期化

サプライチェーン上で後工程合わせの仕事をするうえで重要になってくることの一つに納期管理があります。各工程には計画時間が提示されていなければなりませんし、それを守って仕事をする必要があります。まったくもって当たり前の話ですが。

しかしこの当たり前のことができていますでしょうか。出荷に関してはおそらく時刻が定められていると思われます。

トラックが何時に出発するのか、これが決まっていないとお客様に対する納期を守れないことになりかねません。

ではその前工程はいかがでしょうか。前工程を出荷準備工程、すなわち荷揃え工程だとすると何時何分から何時何分までにその仕事を行わなければならないのかが不明確だということになっていませんでしょうか。

よく出荷トラックが18時に来るからすべての仕事はそれに合わせてやって欲しいといった曖昧な指示をする会社がありますがこれは望ましくありません。

すべての工程は一日の終わりの時刻だけが決まっているだけのようなので、8時間分の仕事であろうと4時間分の仕事であろうと実際には8時間かけてやるようになります。

そうなると常にゆとりを持って仕事を行うことになります。仕事にある程度のゆとりはあってもよいかもしれませんが、アウトプットにつながらないゆとりはロスに他なりません。

ですから後工程を基準に前工程は何時何分までに後工程に渡すということを決める必要があります。これをすべての工程で行うことで納期について後工程に対する保証ができるようになるのです。

サプライチェーンの理想形は最終工程を起点にすべての工程が一本のコンベアでつながっているイメージです。

これがサプライチェーンの同期化です。サプライチェーンのいずれかで問題が発生するとすべての工程が止まってしまうことになります。

これくらいの危機感を持って仕事をすべきであり、実際にそのようにならないように体質を改善していかなければなりません。

最低限後工程に対して迷惑をかけないこと、プロとしてこれを実現することが最優先課題ではないでしょうか。

ぜひ皆さんの会社でも後工程と同期化し、少ない在庫で運営できるように努力をしていきましょう。


■ 新着物流セミナー情報

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜9月号:構内物流機器管理の標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

後工程合わせの仕事で効率化(2) 出荷工程の前工程とは

最終ユーザーであるお客様に対して納入遅れを発生させることは絶対に避けなければなりません。そのためには出荷トラックが遅れることは許されないわけですがもし遅れが発生するとしたらどのような要因なのかについて考えてみましょう。

その要因の一つは出荷工程にあります。出荷工程ではトラックが到着したらすぐに荷を積んで出発できるようにしておくことこそ仕事が良くできているという証だと思います。

そのためにはトラックが到着したらすぐに荷を積みこめるようにあらかじめ「荷揃え」しておくことが求められます。

出荷場の担当者はトラックが到着するまでに荷揃えしておくことが仕事です。荷が揃わない恐れがある場合には前工程から情報を得るとともにしっかりと間に合わせてもらうように調整することも仕事の内です。

出荷工程も前工程から見ればお客様です。工場の例で考えてみましょう。工場では出荷工程の前工程として組立工程が挙げられます。

組立工程ではいつ納期の製品を生産しているのかはわかっているはずです。その場合は当然のことながら出荷タイミングがわかりますのでそのタイミングまでには生産を終えて出荷工程に製品を渡す必要があります。

時々生産が間に合わないので出荷トラックを待たせることがありますが、これは避けなければならない行為です。

もし店にお客さんが来られたら待たせるようなことが許されるでしょうか。常識ある店であればそのようなことは行いませんし仮にお客様を待たせたとしたらそのお客様は二度とその店の商品を買うことは無いでしょう。

これと同じ意識を組立工程は持たなければならないのです。万一待たせてしまった場合はその分の代償を支払うべきでしょう。

組立工程責任で出荷製品が定刻に仕上がらないのであれば組立工程の責任と費用で別便を仕立ててお客様の所に届けなければならないでしょう。

では組立工程の生産遅れが設備の不具合だったとしましょう。その責任は一義的には組立工程にあります。自工程で使う設備は日常点検で常に良い状態に保つことは自分たちの役割だからです。

一方で設備保全部署がやらなければならないほどの業務だったらいかがでしょうか。その場合は設備保全部署がお客様である組立工程にサービスを提供しなければならないのです。

つまり設備保全部署の後工程は組立工程であり、そこがお客様であるという認識を持つ必要があるわけです。

次回に続きます。


■ 新着物流セミナー情報

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜9月号:構内物流機器管理の標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

後工程合わせの仕事で効率化 後工程はお客様

仕事を実施する上で「後工程はお客様」という言葉があります。対外的には当たり前の話ですが、社内でもこの考え方で進めることが必要だと思います。

たとえば加工工程の次工程は組立工程、組立工程の次工程は出荷工程ということになります。物流倉庫で考えるならば入荷工程の次工程は入庫工程、ピッキング工程の次工程は梱包工程ということになります。

工場でも物流倉庫でも同様です。本来であれば後工程の要請に合わせて仕事をしなければならないところですが実態はいかがでしょうか。

物流品質不良を後工程が発見することがあります。人間は集中力が途切れたり疲労したりするとミスを犯します。

このミスが含まれた仕事は別の新鮮な目で見ることでミスの部分が見つけやすくなります。だから後工程でミスが見つかるのですがこれは後工程に迷惑をかけていることに他なりません。

後工程が前工程の仕事をフォローするようなことに無いようにしっかりと仕事をしていきたいものです。

サプライチェーン全体の最適を私たちは考えていかなければなりませんが、このチェーンの中でそれぞれの工程が責任を持って仕事を実施していくことで後工程にしっかりとバトンを渡すことが可能になります。

サプライチェーンを全体最適化するためには工程間で同期していくことが望ましい姿です。同期できれば原則として余分な在庫を持つ必要が無くなります。

では同期化するトリガーは何でしょうか。業種や製品により条件は異なるかもしれませんがそのトリガーは最終ユーザーの行動であると考えられます。

最終ユーザーであるお客様が商品を発注することが最初のトリガーになります。発注指示を受けたサプライヤーは間髪をあけずにお客様に商品を渡すことが求められます。

するとその商品を運ぶという仕事が発生します。後工程であるお客様に商品をお届けするというプロセスが必要だからです。

次に「運ぶ」という工程を「お客様」と認識する機能についても確認してみましょう。その工程とは一般的に出荷工程になります。

出荷工程は後工程であるお客様の満足いく仕事をしなければなりません。ではその「満足いく仕事」のレベルとはどのような水準を指すのでしょうか。

次回に続きます。


■ 新着物流セミナー情報

□ 会場とオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる!〜構内物流の果たすべき役割〜」

  2021年09月14日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2003

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

(2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜9月号:構内物流機器管理の標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

ラストワンマイルの行方(3)今後の配送のあり方

前回ご紹介したアメリカの方式は大いに参考になるところです。日本では規制もありなかなかそのまま導入することは難しいかもしれませんが今後の配送能力の不足には対応する必要があります。

よく言われる対策に女性の活用があります。家庭の主婦が空いた時間に近所の配送を行うのです。大きなトラックを使わず手押し台車で歩ける範囲で配送して回ります。

これをもっと広げれば一定の空き時間を持つ労働力を活用することができます。この方式は大いに活用していくことが望ましいと思います。

一方で受取場所の多様化も進めていくとよいでしょう。たとえば最近ではコンビニ受取が増えてきています。

既存のコンビニにとってみると今まで通販商品の受取ポイントになっていなかったため商品の置き場所に苦慮しているようです。今後のコンビニ店舗設計の際にはこういった場所も考慮した設計が求められるでしょう。

コンビニ受取が始まってみて商品を受けとりに来るお客さんのほとんどの方が「ついで買い」をしていくそうです。

これはコンビニにとっては大きなメリットになりますね。商店はいかにお客さんに来てもらうかが重要でありその点でこの方式は画期的だったということでしょう。

楽天は駅に宅配ボックスを設置しました。ロッカータイプで帰宅途中などに受け取れる方式です。これもとても便利だと思います。課題は場所の確保ですね。

一部の地方では路線バスと宅配業者がコラボしてバスの一部をカーゴエリアにして運ぶ方式を始めました。

昔は国鉄が客車の後ろに貨物車を連結していましたがJRになってからそのようなことは行われなくなりました。旅客会社と貨物会社に分離されてしまったからでしょう。

しかしこのような工夫は再開すべき時期が来たのではないでしょうか。バスで運ぶ、列車で運ぶ、タクシーで運ぶ、個人が空き時間に運ぶ、このような工夫が取り入れられてもよいのではないでしょうか。

とかく「危険が・・・」とか「不安だ・・・」という発想が先に頭に思い浮かんでしまいます。しかし今後の輸送力不足、高齢化による買い物困難者の増加、ますます増えるネットでの買い物などを考えると考え方を転換する時期に来ているのではないでしょうか。

私たちは常にユーザーの視点に立ってラストワンマイルのあり方を考えなければならないのだと思います。

今熱い視線が向けられている無人運転技術の活用も含めて将来の物流について構想を練る時期に来ていることは間違いありません。


■ 新着物流セミナー情報

□ 会場とオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる!〜構内物流の果たすべき役割〜」

  2021年09月14日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2003

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

(2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜9月号:構内物流機器管理の標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 

ラストワンマイルの行方(2) アメリカの宅配動向

ラストワンマイルの課題を検討する際に通信販売先進国のアメリカの状況について確認してみましょう。

そもそも商習慣が異なりますから一概にアメリカの方式を直接採用できるかどうかは疑問が残りますが大いに参考になることは事実です。

一つに商品の受け取り方があります。日本では不在のため再配送が問題になっています。宅配は直接ユーザーに手渡ししサインをもらう必要がありますよね。

一方でアメリカでは不在でもその家庭の軒先に置いて来ればよいそうです。したがって日本で大きな問題である再配送コストがかからないということです。

もう一つに受取場所の多様化が挙げられます。ネット注文したものを最寄りの店舗で受け取る方法があります。日本でも最近では店舗で受け取れるようになってきましたのでそのイメージですね。

また物流センターに隣接した受取ポイントが設置されている事例もあるようです。その一つが「ウォルマート・ピックアップ・グロサリー」です。

これはまるでドライブスルーのような設備でクルマから下車することなく商品を受け取ることができるようです。

アメリカはクルマ社会ですから職場から家に帰る途中でこのように商品をピックアップすることが違和感なくできるということですね。

皆さんご存じのウーバー。これは空いた時間に自家用車で仕事をしたい個人とクルマに乗って移動したい個人をスマートフォンのアプリ上で仲介するマッチングビジネスで、サンフランシスコで創業したベンチャーです。

このウーバーが人を運ぶだけではなく日用品を運ぶビジネスを始めています。

同じく新興企業であるインスタカートも注目を集めています。この会社は買い物代行サービスを提供しています。

お客さんから注文が入ったらインスタカートと提携する配達員が提携先店舗に行って商品を購入しお客さんの元へと自分のクルマで届けるのです。

アメリカではこういったラストワンマイルの新しい担い手が登場してきているのです。こういった形態を皆さんはどう感じますでしょうか。

日本は保守的な国ですからもしかしたら不安の方が先に思い浮かぶかもしれません。しかし明らかに時代は変わってきています。私たちも少し視点を変えていく必要があるかもしれません。

次回に続きます。


■ 新着物流セミナー情報

□ 会場とオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる!〜構内物流の果たすべき役割〜」

  2021年09月14日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2003

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜9月号:構内物流機器管理の標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

ラストワンマイルの行方 宅配環境の変化

皆さんはラストワンマイルという言葉をお聞きになられたことはありますでしょうか。最後の1マイル、つまり最終ユーザーへの配送のことです。

皆さんは通信販売で何かを買うとそれが宅配されます。その部分が最近怪しくなってきました。何が怪しいか?それは配送する人が不足しつつあるということです。

今や配送料無料は当たり前。翌日配送、いや当日配送も常識化する中、このラストワンマイルに対する負荷が大きくなってきているのです。

このような物流サービス水準の高度化もさることながら再配達という壁が立ちはだかっているのです。一発で受け取ってもらえれば世話ないのですが不在時にはもう一度訪問しなければなりません。

時間指定配送にも関わらず不在の場合があるようです。このケースでも再配送をしなければなりません。しかも追加金額なしで・・・。

ラストワンマイルに近いものとして今後日常の買い物品の宅配が増えていくものと思われます。特に高齢者、地方居住者を中心に買い物困難者が増加していくと考えられるからです。

こういった人たち向けに現在一般的な配送料で届けるということは業者側から見ればなかなか難しいものと思われます。

なぜなら一つのエリアに何件も届け先が存在するとは限らず、届け先が点在することが考えられるからです。

通信販売が今以上に増えていくことは確実でしょう。専業主婦は減少し働く女性も増えていきます。つまり在宅率が減っていくことが予想されます。

このようなラストワンマイルである宅配を取り巻く環境は大きく変化していくと考えられるのです。この環境の変化に日本の物流はどのように対応していったらよいのかが課題です。

しかもコストの問題もありますから物理的にできるだけではなく適正なコストで実現していかなければなりません。

これらの課題をクリアしていくために検討すべきことについて少し考えてみましょう。

次回に続きます。


■ 新着物流セミナー情報

□ 会場とオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる!〜構内物流の果たすべき役割〜」

  2021年09月14日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2003

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

(2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜9月号:構内物流機器管理の標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流安全の勘所(3) 5S活動は安全の基本

物流安全のために明らかに効果がある活動が5S活動です。5Sはほぼ万能ともいえる活動ですから徹底して実行することでいろいろな効果が期待できます。

そんな中でも特に安全に効果が大きいので一緒に考えていきたいと思います。

物流現場は製造現場に比べて5Sはあまり進んでいません。しかし物流は5Sができて初めてまともな仕事ができると言っても過言ではありません。

倉庫内作業を見ていると床にものが直置きされており、人が歩くときに危険である状況を目にすることがあります。

直置きするなとは言いませんが、そうする場合には「置き場を定め」「そこを明確に区画」することが大切です。

通路はものの置場ではありません。保管場は保管場として他のエリアと区分しなければなりません。つまり倉庫の使い方がポイントなのです。

この場所ではものを保管する。ここはピッキングを行うための通路なのでものは置かない。フォークリフトが新入できるのはこのエリア。といったように使い方を明らかに区分することです。

先にも記しましたがフォークリフトは非常に危険な機械です。物流では当然のようにフォークリフトを使っていますができれば使いたくないのがフォークリフトです。

製造会社ではフォークリフトを使わない工場づくりが進んでいます。つまり高いところにものを置くことを無くす、荷姿は手でハンドリングできる大きさにするなどといった工夫をしていくことでフォークリフトを無くしていっているのです。

物流現場では保管効率を向上するためにフォークリフトは使わざるを得ない状況にあることが多いため、少なくともフォークリフトが動けるエリアを限定することが必要ではないでしょうか。

保管効率を向上させるために移動棚を導入している倉庫もあると思います。移動棚とは棚自体が移動し、特定の棚間だけに通路ができるしくみになっています。

もしかしたら皆さんはこういったタイプの書庫をご覧になったことがあるかもしれません。移動時に人がはさまれて負傷するようなことが発生しないように安全装置を含めた検討が必要です。

自動倉庫についても同様です。機械には必ず危険が伴います。それを安全装置や安全ルールで克服する必要があるのです。

いかがでしょうか。物流現場に存在する危険を除去するとともに隠れた危険に対処するために社内でルールを定め、それを守っていく風土を醸成していくことが大切です。

安全はすべてに優先します。危険を感じたらそこで仕事を止める勇気を持つことが必要です。ものを落として壊してしまうことを恐れ危険な動作をしてしまうことはありませんか?

常に物流現場では安全第一を心がけましょう。


■ 新着物流セミナー情報

□ 会場とオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる!〜構内物流の果たすべき役割〜」

  2021年09月14日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2003

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜8月号:工場内物流ツールの標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 

物流安全の勘所(2) ヒヤリハットメモの活用

運輸安全マネジメントは主として運送上の安全について規定しています。ドライバーの過労や過積載は事故につながる可能性が高いため特に重視されています。

常日頃のドライバー教育についても重視されています。ドライバーを一堂に集めることは難しいかもしれませんが、何回かに分けてでも実施しなければなりません。

ドライバーからヒヤリハットメモを提出してもらうことも社内で定着させましょう。なかなかメモを提出してもらえないことも考えられます。

しかし会社員である以上会社の指示に従わないということはあり得ないことではないでしょうか。メモを定期的に提出してくれた場合に報奨を出すことも含め、この制度は必ず実行していきましょう。

物流現場ではフォークリフトの荷扱い時の事故が多いようです。そこでフォークリフトの荷扱い時のルールを明確に定める必要があります。

フォーク(爪の部分)を人にぶつけてしまうと重大事故につながります。これを考慮し、フォーク走行は原則としてバック走行とする。また前進走行をせざるを得ない場合はパレットをフォークに載せ、フォークをむき出しにして走らせないような工夫も必要でしょう。

荷崩れしやすい段積みも要注意です。安定感の悪い荷物を高く積み上げると何かの際に荷崩れを起こす可能性があります。

したがいまして段積み時の高さ制限を一律に定めるとともに、特に安定感の悪い貨物については2段までとするといった柔軟な対応も望まれます。

倉庫内作業でもヒヤリハットメモを出してもらうルールを決めましょう。高所からのものの落下、フォークリフトと人の干渉、扱い物の危険度など作業者の経験値は重要です。

発火の恐れのあるもの、爆発の可能性があるもの、有害ガスを発生させる可能性があるものなど貨物自体の特性による個別管理も大切になって来るでしょう。

できれば社内に安全管理を専任で行う人を設け、その人に各物流現場を見て回ってもらうことも有効かもしれません。

安全はすべてに優先しますからとにかく愚直に続け、ちょっとしたことも見逃さないような態度で管理していくことが望ましいと思います。

次回に続きます。


■ 新着物流セミナー情報

□ 会場とオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる!〜構内物流の果たすべき役割〜」

  2021年09月14日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2003

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜8月号:工場内物流ツールの標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流安全の勘所 荷役安全と運輸安全マネジメント

どんな仕事であれ安全第一であることは間違いありません。そんな中でも物流は特に安全上の注意が必要な業務であると思われます。

そこで少し物流安全について考えてみたいと思います。まず労災保険率(令和3年度)について確認していきましょう。特に物流に関係する業種とその保険率は以下の通りとなります。

交通運輸事業    : 4
貨物取扱事業    : 9
港湾貨物取扱事業  : 9
港湾荷役業     :13
倉庫業       : 6.5
(単位は1/1,000)

この保険率が大きければ大きいほど危険な仕事だと考えられます。物流関係業種を挙げましたが飛び抜けて大きいわけではありません。

かといって極めて低い部分に入るかといえばそうでもありません。特に荷役作業については事故が発生しやすく、公道を運送する時も他者との事故のリスクがあります。

この内後者の運送におけるリスクについては国土交通省主導の『運輸安全マネジメント』という取組があります。

また構内荷役やフォークリフトの安全につきましては労働安全衛生法の適用を受け、厚生労働省が管轄省庁ということになります。

まず『安全運輸マネジメント』について確認していきましょう。以下に国土交通省が記している本制度の趣旨を引用します。

―――――――引用ここから―――――――

本制度では、事業者においては、自らが自主的かつ積極的に輸送の安全の取組みを推進し、構築した安全管理体制をPDCAサイクル※により継続的に改善し、安全性の向上を図ることが求められています。(※ Plan Do Check Act(計画の策定、実行、チェック、改善)のサイクル)
また、国土交通省においては、事業者の安全管理体制の実施状況を確認する運輸安全マネジメント評価を行うこととされ、本評価では、国土交通省の評価担当者による経営トップ及び安全統括管理者等の経営管理部門へのインタビューと文書・記録類の確認を通じ、事業者が構築した安全管理体制の更なる向上に資するため、創意工夫がなされている事項、熱心に取り組んでいる事項、優れている事項等について評価を行うとともに、継続的に取り組む必要があると思われる事項、工夫の余地のある事項、更に推進すると効果が向上すると思われる事項等について助言を行います。

―――――――引用ここまで―――――――

この制度では経営トップによる積極的な取組が求められています。つまり活動は部下に丸投げということは許されず、経営トップの参画が重視されるという点で注意が必要です。

次回に続きます。


■ 新着物流セミナー情報

□ 会場とオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる!〜構内物流の果たすべき役割〜」

  2021年09月14日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2003

□ 東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間の導入とその活用法」

  2021年9月16日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP41/

□ 梱包・出荷ライン改善のオンラインセミナーを実施します!

  「梱包・出荷ライン ポカミス防止と作業効率向上
      「工場の最終工程」の管理と改善」

  2021年9月28日(火)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3836/

□ トラック輸送の効率化のオンラインセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化
       輸送の見直し&輸送コスト削減」

  2021年9月29日(水)午前9時45分〜午後4時45分

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.opmia.or.jp/seminar/3848/

□ 東京で「構内物流改善」のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
   〜陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、
    構内物流で生産統制を行う

  2021年 10月 21日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/5214

□ 東京で「調達物流改革」のセミナーを実施します!

  「物流コスト削減のための調達物流改革」

  2021年10月28日(木)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP36/

□ 大阪で「物流IE」についてライブとオンラインのハイブリッドセミナーを実施します!

  「たったの6時間で身につける魔法のツール 超簡単!物流IE実践」

  2021年11月09日(火)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.kpcnet.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=2004

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753

(2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■ 日刊工業新聞社の工場管理に連載しています!

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル」
   〜8月号:工場内物流ツールの標準化〜

 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■ 日刊工業新聞社 工場管理8月号の特別企画に寄稿いたしました!

  生産現場の隠れた主役 部品供給改善が生産効率を上げる!

  〔総論〕正しい部品供給を行うことで生産工程の効率を向上しよう
  〔解説〕生産効率を向上するための部品供給改善テクニック
 
 https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007
 
■ 工場管理 臨時増刊号

「アフターコロナ時代のモノづくり新戦略 工場デジタル化大全」
に掲載されました!

https://corp.nikkan.co.jp/topics/view/994

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!
 
  「4M管理に取り組もう(上) 〜物流ではあまり知られていない現場管理手法〜」

  以下からご覧ください。
  https://butsuryuujuku.net/colum/877/

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

  「工場内物流の改革」

  以下からご覧ください。
  https://www.kaizenproject.jp/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
メルマガも合わせてどうぞ
物流人財育成
効果的な物流セミナーはココがお薦め!!
常に最新情報をチェックしましょう!!


国際物流総合研究所
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

Kein

さまざまな業種が集まっています
にほんブログ村 企業ブログへ
コンサルタントをお探しなら・・・
経営を学べます
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ぜひお読みください!
Archives
QRコード
QRコード
書籍探しなら・・・
  • ライブドアブログ