収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ

会社の収益を圧迫しかねない物流コスト。会社の中で目に見えづらい物流コストを可視化し、今日からでも改善できるポイントをやさしく解説します。一緒に物流改善に取り組み、物流改善のプロとして収益向上に貢献しましょう。

物流か生産か 物流の本質をとらえろ

物流というと何か特殊な範囲の狭い業務としてとらえる人が多い気がします。特に物流を輸送と倉庫保管に代表される狭義の仕事として論ずるケースによく直面します。

もちろん、輸送業務だけの論議もあれば倉庫保管だけの業務もあります。それは輸送距離や倉庫立地となればあまり他の要素が絡んでこないため、特化した話でもよいのでしょう。

しかし大半はそれで片付く話ではありません。たとえば在庫の話。倉庫の観点からは在庫の量があってその分だけ置けるかどうか、という論議になりがちです。

ただその論議は結果に対してどうこういうだけのことで本質をとらえていません。本質とはもちろん在庫の量がそうなる要因のことです。

在庫は何かしらの行為の結果として現れます。モノを必要以上に買いすぎたので在庫が増えた。製品を作りすぎたために製品在庫が生じた。販売予測が外れて余剰在庫が膨らんだ。

このような要因があって在庫が発生し、それを保管する倉庫が必要になるという関係です。受け身の物流では発生した在庫の置場を考える、ということになるでしょう。

しかしそれでは物流マネジメントではなく、単純な物流オペレーションにすぎません。私たちはもっと積極的な物流の仕事をしていくことが求められています。

だからこそ単純な物流機能だけの論議では本来見るべき点を見失ってしまうのです。ここを誤解しないようにしたいものです。

在庫を保管するために保管エリアが必要。そのエリアは倉庫がよい。在庫の発生要因は生産だ。こうなると生産行為の一部としての物流(保管)という考えになります。

さていろいろと述べてきましたが、重要な点に触れておきたいと思います。それは生産がわからないと物流を論じることができない、ということです。少なくとも今回の事例ではそういうことになります。

そこで物流担当者は何かしらの形で生産活動に携わったことがある人である必要があります。工場にいたことがある、生産管理の経験がある、メーカーの物流業務に携わったことがある経験者です。

もし生産を知らない人が物流だけの狭い視点で話をするとピントがボケて本質をとらえられなくなってしまいます。

「私は生産を知らないから」という言い訳は物流では通用しません。もちろん、いわれたオペレーションをやるだけであればこの限りではありませんが、それでは物流マネジメントを行っているとはいえません。

次回に続きます。


【最新物流セミナー情報】

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 名古屋で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最終工程を徹底改善!
    梱包品質・出荷生産性向上の鉄板法則【演習付き】」

  2023年 1月 26日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6184

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流小改善を積み上げよう(3) 物流改善日を設ける

輸送改善であれば輸送用荷姿の改善が効果的です。比較的取り組みやすいので、小さな改善をいくつも見つけ出し、実行することが可能です。

それは容器への収納数の増加です。あと1個入れられないか、と考えながら実行すると実際には2個積み増しすることができることが多々あります。

まず物流担当者で1日「輸送荷姿改善日」を設けてみてはいかがでしょうか。そして工場や倉庫の中で巡回しながら荷姿をチェックしていきます。

この時には実際に容器の中にモノを並べながら実施します。そうすることで現実性がグッと高まるのです。

もちろん、製品に与える品質は最重要ですから品質管理担当者も同行させるとよいかもしれません。

容器の収納数が増えることで、1箱あたりの輸送コストが低減できます。容器数が少なくて済みますので、保管場の効率化にも貢献します。

もう1つ、荷姿改善の延長で荷姿の簡略化が挙げられます。容器の中の間仕切りや緩衝材は品質を考慮しての設定だと思います。

しかし実際には過剰梱包になっている可能性があります。この緩衝材などを外すことで荷姿コスト低減につながります。

できれば「輸送荷姿改善日」に収納数の視点と緩衝材の視点の2つの視点で改善ネタを探していくとよろしいのではないでしょうか。

荷姿に限らず、小改善ネタを探すためには「複数人数による巡回方式」が効果的です。モノの置き方に特化して巡回することもやってみるとよいでしょう。

あまり時間をかけず、その場で解決策を検討し、実施してしまうくらいの勢いで活動しましょう。小さな改善のポイントはスピードにあります。

いかがでしょうか。積極的な活動が物流小改善を促進します。明日にでも現場を巡回してみましょう。そして固定観念にとらわれずに3現主義でアイデア出しを行います。

明日にも効果のある改善が1つでも2つでも実施できれば儲けものですね。


【最新物流セミナー情報】

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 名古屋で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最終工程を徹底改善!
    梱包品質・出荷生産性向上の鉄板法則【演習付き】」

  2023年 1月 26日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6184

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流小改善を積み上げよう(2) 基本を身につける

初めから大きな効果を狙おうとする必要は全くありません。目の前の小さな問題を解消するという意識で物流改善に取り組みましょう。

物流倉庫でモノを出庫する際に、「モノを探す」「迷う」という動作がどれくらいあるか把握されていますでしょうか。

会社によって差はありますが、出庫作業時間の15%くらいが「探す」「迷う」行為です。これはまったく付加価値を生まない動作なので、無くさなければなりません。

モノの置場を明確化することから改善すれば、結果的に大きな効果が得られますので。

やはり基本が大切ですよね。その観点では物流業では5Sから始めることをお勧めします。「倉庫の床に線を引く」という取り組みはいかがでしょうか。

棚に表示を付ける、という改善も基本です。倉庫の中に住所を定めます。あるゾーンは「丁目」、通路ごとに「番地」を定め、棚間口に「号」を付けます。

これで倉庫の中の「位置情報」が確立されます。そして特定の間口と保管物を紐づけします。この管理を行うことで、「庫内を探し回る」という行為はほとんど無くなると思われます。

間口の中のモノを取り出しやすいように並べる、という行為も物流小改善と言えます。並べるのはもしかしたら手間かもしれません。

しかし出庫作業者の生産性と品質の確保の観点から、モノは並べた方がよいという判断に至るかもしれません。

倉庫内で「ルールを定める」ことも重要です。作業者によって仕事のやり方が異なることは望ましくありません。

まず「モノの置き方のルール」からスタートしましょう。そして「表示のつけ方」についても。

フォークリフトの置場を定め線で囲む、製品の入った容器を平置きするためにレーンを定めて線を引く。

そして置場を明確化するために表示を付ける、このような基本的な改善から着手するとよいと思います。物流作業も「基本」が大切です。その基本を「形(かた)」とします。

そして作業者にはまず「形」を身につけさせるのです。それができていない物流現場はまさに「形無し」です。気を付けたいものですね。

次回に続きます。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 名古屋で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最終工程を徹底改善!
    梱包品質・出荷生産性向上の鉄板法則【演習付き】」

  2023年 1月 26日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6184

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流か生産か 物流の本質をとらえろ

物流というと何か特殊な範囲の狭い業務としてとらえる人が多い気がします。特に物流を輸送と倉庫保管に代表される狭義の仕事として論ずるケースによく直面します。

もちろん、輸送業務だけの論議もあれば倉庫保管だけの業務もあります。それは輸送距離や倉庫立地となればあまり他の要素が絡んでこないため、特化した話でもよいのでしょう。

しかし大半はそれで片付く話ではありません。たとえば在庫の話。倉庫の観点からは在庫の量があってその分だけ置けるかどうか、という論議になりがちです。

ただその論議は結果に対してどうこういうだけのことで本質をとらえていません。本質とはもちろん在庫の量がそうなる要因のことです。

在庫は何かしらの行為の結果として現れます。モノを必要以上に買いすぎたので在庫が増えた。製品を作りすぎたために製品在庫が生じた。販売予測が外れて余剰在庫が膨らんだ。

このような要因があって在庫が発生し、それを保管する倉庫が必要になるという関係です。受け身の物流では発生した在庫の置場を考える、ということになるでしょう。

しかしそれでは物流マネジメントではなく、単純な物流オペレーションにすぎません。私たちはもっと積極的な物流の仕事をしていくことが求められています。

だからこそ単純な物流機能だけの論議では本来見るべき点を見失ってしまうのです。ここを誤解しないようにしたいものです。

在庫を保管するために保管エリアが必要。そのエリアは倉庫がよい。在庫の発生要因は生産だ。こうなると生産行為の一部としての物流(保管)という考えになります。

さていろいろと述べてきましたが、重要な点に触れておきたいと思います。それは生産がわからないと物流を論じることができない、ということです。少なくとも今回の事例ではそういうことになります。

そこで物流担当者は何かしらの形で生産活動に携わったことがある人である必要があります。工場にいたことがある、生産管理の経験がある、メーカーの物流業務に携わったことがある経験者です。

もし生産を知らない人が物流だけの狭い視点で話をするとピントがボケて本質をとらえられなくなってしまいます。

「私は生産を知らないから」という言い訳は物流では通用しません。もちろん、いわれたオペレーションをやるだけであればこの限りではありませんが、それでは物流マネジメントを行っているとはいえません。

次回に続きます。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 名古屋で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最終工程を徹底改善!
    梱包品質・出荷生産性向上の鉄板法則【演習付き】」

  2023年 1月 26日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6184

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流小改善を積み上げよう(3) 物流改善日を設ける

輸送改善であれば輸送用荷姿の改善が効果的です。比較的取り組みやすいので、小さな改善をいくつも見つけ出し、実行することが可能です。

それは容器への収納数の増加です。あと1個入れられないか、と考えながら実行すると実際には2個積み増しすることができることが多々あります。

まず物流担当者で1日「輸送荷姿改善日」を設けてみてはいかがでしょうか。そして工場や倉庫の中で巡回しながら荷姿をチェックしていきます。

この時には実際に容器の中にモノを並べながら実施します。そうすることで現実性がグッと高まるのです。

もちろん、製品に与える品質は最重要ですから品質管理担当者も同行させるとよいかもしれません。

容器の収納数が増えることで、1箱あたりの輸送コストが低減できます。容器数が少なくて済みますので、保管場の効率化にも貢献します。

もう1つ、荷姿改善の延長で荷姿の簡略化が挙げられます。容器の中の間仕切りや緩衝材は品質を考慮しての設定だと思います。

しかし実際には過剰梱包になっている可能性があります。この緩衝材などを外すことで荷姿コスト低減につながります。

できれば「輸送荷姿改善日」に収納数の視点と緩衝材の視点の2つの視点で改善ネタを探していくとよろしいのではないでしょうか。

荷姿に限らず、小改善ネタを探すためには「複数人数による巡回方式」が効果的です。モノの置き方に特化して巡回することもやってみるとよいでしょう。

あまり時間をかけず、その場で解決策を検討し、実施してしまうくらいの勢いで活動しましょう。小さな改善のポイントはスピードにあります。

いかがでしょうか。積極的な活動が物流小改善を促進します。明日にでも現場を巡回してみましょう。そして固定観念にとらわれずに3現主義でアイデア出しを行います。

明日にも効果のある改善が1つでも2つでも実施できれば儲けものですね。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 名古屋で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最終工程を徹底改善!
    梱包品質・出荷生産性向上の鉄板法則【演習付き】」

  2023年 1月 26日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6184

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流小改善を積み上げよう(2) 基本を身につける

初めから大きな効果を狙おうとする必要は全くありません。目の前の小さな問題を解消するという意識で物流改善に取り組みましょう。

物流倉庫でモノを出庫する際に、「モノを探す」「迷う」という動作がどれくらいあるか把握されていますでしょうか。

会社によって差はありますが、出庫作業時間の15%くらいが「探す」「迷う」行為です。これはまったく付加価値を生まない動作なので、無くさなければなりません。

モノの置場を明確化することから改善すれば、結果的に大きな効果が得られますので。

やはり基本が大切ですよね。その観点では物流業では5Sから始めることをお勧めします。「倉庫の床に線を引く」という取り組みはいかがでしょうか。

棚に表示を付ける、という改善も基本です。倉庫の中に住所を定めます。あるゾーンは「丁目」、通路ごとに「番地」を定め、棚間口に「号」を付けます。

これで倉庫の中の「位置情報」が確立されます。そして特定の間口と保管物を紐づけします。この管理を行うことで、「庫内を探し回る」という行為はほとんど無くなると思われます。

間口の中のモノを取り出しやすいように並べる、という行為も物流小改善と言えます。並べるのはもしかしたら手間かもしれません。

しかし出庫作業者の生産性と品質の確保の観点から、モノは並べた方がよいという判断に至るかもしれません。

倉庫内で「ルールを定める」ことも重要です。作業者によって仕事のやり方が異なることは望ましくありません。

まず「モノの置き方のルール」からスタートしましょう。そして「表示のつけ方」についても。

フォークリフトの置場を定め線で囲む、製品の入った容器を平置きするためにレーンを定めて線を引く。

そして置場を明確化するために表示を付ける、このような基本的な改善から着手するとよいと思います。物流作業も「基本」が大切です。その基本を「形(かた)」とします。

そして作業者にはまず「形」を身につけさせるのです。それができていない物流現場はまさに「形無し」です。気を付けたいものですね。

次回に続きます。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 名古屋で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

  「工場の最終工程を徹底改善!
    梱包品質・出荷生産性向上の鉄板法則【演習付き】」

  2023年 1月 26日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6184

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流小改善を積み上げよう 改善スピードが重要

改善に取り組む際に大きい小さいはあまり関係ないと思います。問題があったらすぐに改善して修正する。大きさよりもスピードが重要な気がします。

物流改善に着手したことがないという会社の方もいらっしゃるかもしれません。だから何から手を付けたらよいのかわからないと。

物流は一般的な理解として「モノを動かす行為」ととらえられています。メーカーの生産現場ではワークを取るという行為は最小の物流です。

たとえその運搬距離が50cmであったとしても改善の余地はあり、と考えるべきでしょう。それを10cm縮めることも立派な改善です。

よく工場の中で「供給改善」が行われていますが、これも重要な物流改善です。生産工程にモノを届ける行為の改善ですが、生産作業者がいかに楽に作業できるかが一番の狙いです。

そのために取り出しやすい荷姿を作って工程まで運搬していく作業を物流担当者が行うことになります。

まさに質の高い物流改善と言えるでしょう。なぜなら物流のサービス水準が向上するための改善だからです。

単純に物流コストを下げるための改善もあります。どちらかというとこちらの改善アイテムの方が多いのかもしれません。

でも先ほどの事例は生産工程に対する物流サービスを向上し、生産工程の効率を上げることが狙いです。物流担当者の負担は高まるかもしれませんが、顧客(本件では生産工程)の負担が下がりますので望ましい改善と言えます。

物流そのものの改善では運搬距離の短縮や保管作業の効率向上などがよく行われていると思われます。このような改善は設備改善を伴わないものがほとんどですから、比較的早期に着手できるアイテムです。

レイアウト変更やモノの置場の変更などがありますが、特に置場を変えることはそれほど難しくありません。

今目の前で置き方に疑問があれば、すぐに動かしてみましょう。そして新たな配置の下で仕事をし、不都合があればまた変更すればよいだけの話です。

次回に続きます。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 名古屋で梱包・出荷改善のセミナーを実施します!

「工場の最終工程を徹底改善!
梱包品質・出荷生産性向上の鉄板法則【演習付き】」

  2023年 1月 26日(木) 10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6184

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流について学ぶには(3) 物流セミナーに参加する

物流について手っ取り早く学ぶ方法として外部教育の受講が挙げられます。物流に関するセミナーはあまり多くないかもしれませんが、まめにホームページをチェックしてれば目的に合致する講座が見つかる可能性があります。

セミナーは講師がじっくりとカリキュラムを練って作り上げられたものです。中にははずれのセミナーもあるかもしれませんが、短時間で知識を吸収できる手段であることは間違いありません。

セミナーでは資料を入手することができますが、本を読むよりもわかりやすいのではないでしょうか。配布された資料にどんどん書き込んでいくことで自分自身のオリジナルテキストを作成することができます。

セミナーの目的は会社に帰ってから学んだことを再現することです。多くのケースでセミナーに出席して終わり、ということがあります。

それでは学んだことは一週間もすると忘れてしまいます。それでは出席した意味がないので注意が必要です。

もう一つセミナーの良い点があります。それはセミナーの場で人脈を築けることです。講師とつながることで後日疑問点を聞くことができます。

他の受講生との人脈を築くこともできます。なかなか競合他社とのつながりは作りづらいかもしれません。でもセミナーではそれが可能です。

むしろ積極的に人脈を作るべきではないでしょうか。この人脈が後々生きてくることは間違いありません。

講師と同様に何か聞きたいことがあった場合に気軽にメールや電話できる相手を作っておくことです。これは大変価値のあることだと思います。

他の受講生に学ぶ点も出てくることでしょう。物流知識のみならず、マネジメント手法や部下の育成など意見交換することを通してタダで学べてしまうかもしれません。

また、お互いの会社を見せ合うことにもつながるでしょう。それを通して3現主義で物流を学ぶことにつながります。

いかがでしょうか。物流は書籍で学ぶ、現場で学ぶ、そしてセミナーで学ぶ。いくつもの選択肢はあります。大切なことは「学習」に取り組むということです。

ぜひ明日からでも学習に取り組み始めましょう。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流について学ぶには(2) 3現主義に基づく取り組み

物流を書籍から学ぶことについては前回お話させていただきました。物流には特殊な用語がたくさんありますから、まずはこれらについて馴染んでおくには書籍で十分でしょう。

一方で実際の物流について理解するためには文字からだけでは十分とは言えません。やはり物流自体を肌で感じることも必要です。

前回お話した、手元にある商品がどのような過程を経て届いたのかについて思いを巡らすことは一つの方法です。

でもやはりリアルな物流を自分の目で見ることが理解への最大の近道と言えるでしょう。

たとえば事務所に届いた段ボール箱を見てみましょう。封の仕方はどうなっていて中身の梱包方法はどうなっているか、こういった普段気にしないような点に注目してみます。

そうすると段ボール箱が板紙と波紙からできていることや、商品を保護するための梱包資材がどのようなものかがわかってきます。

これらが生きた物流の勉強になるわけです。

自社の倉庫に出かけて行ってみましょう。モノの保管スペースと通路等の保管以外のスペースの比率はどうなっているか。

積み重ねの高さは天井高に比べてどこまで有効に使われているか。モノの置き方は素人にもわかりやすくなっているか。ゴミや埃はないか。

このような視点で眺めてみましょう。3現主義に基づく取り組みです。そうすると、自分だったらこのような置き方をするのに、実際はそうなっていない、という疑問点も沸くかもしれませんよね。

物流のテキストで見た物流5機能についてそれぞれ一回でもよいので自分の目で見てみましょう。そして疑問を持ちましょう。

物流の担当者は何気なく従来からやり続けている仕事が正しいと思い込んでいます。でも皆さんが疑問に思ったことが改善につながる可能性があります。

このように一度は自分の目で見ることです。意外と自分のそばに物流が存在していることに驚くかもしれません。

そうすることで実際の物流について親近感も沸き、物流を現実的に学べることにもなるでしょう。

次回に続きます。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

物流について学ぶには ロジスティクス管理3級を学ぶ

物流に関心を寄せる重要性につきましては今までお話させていただきました通りです。なかなか物流を知る機会は少ないかもしれません。でも今手元にある商品を見て、それがどのような過程を通って手元まで届いたのかを想像するだけでも物流についての興味につながると思います。

さて、筆者もセミナーで質問を受けることが多いのですが、どのような書物を読めば物流の基本を知ることができるのかは興味あるところでしょう。

これはなかなか回答に窮するのです。これと言ってずばり当てはまる本が見当たらないというのが実際のところかもしれません。

やはり日本には物流やロジスティクスといったものが学問として体系だって確立されていないことが大きいからでしょう。

物流はサプライチェーンマネジメントの一環として存在するものですから、サプライチェーンマネジメントについて知ることが第一だと思います。

サプライチェーン全体は学べないものの、物流管理について概略学ぼうとするのであれば、ロジスティクス管理3級のテキストが適当かもしれません。

このロジスティクス管理3級とはビジネスキャリア検定試験の1科目です。ロジスティクス管理と共にロジスティクスオペレーションという科目もあります。

前社はどちらかというと物流を使う側の立場で、後者は物流を提供する側の立場でまとめられています。物流をアウトソースしている立場であれば前者のテキストを読まれると良いと思います。

物流5機能とは何か、物流をデザインするときのポイントや物流コストの構成など、非常に基本的なことを学ぶことができます。

会社の中で物流部門に異動になった方や、物流子会社に出向された方など、あまり物流になじみのない方は物流の基本から知識として吸収していくことをお勧めします。

できれば理解度を確認するためにビジネスキャリア試験そのものにもチャレンジするとよいのではないでしょうか。

合格すればそれが今後の業務へのモチベーションにつながるかもしれません。

次回に続きます。


【最新物流セミナー情報】

□ オンラインで構内物流のセミナーを実施します!

  「3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方」

  2022年 11月 14日(月)10:00〜17:00

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/6044

□ オンラインで工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   〜生産ラインの効率を引き出す物流改善!〜」
  
  令和4年12月1日(木) 10:00〜16:30

  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.tmainc.co.jp/seminar/view/562

□ 梱包品質と出荷生産性向上のためのセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底的に改善せよ!
    梱包品質と出荷生産性を劇的に向上する秘訣」

  2022年12月13日(火)10:00〜17:00
  
  詳細は以下からお願いいたします。
  https://www.j-ie.com/seminar/koukai_kouza/CP53/

□ 気軽に物流を学びたい方のためのオンデマンド・セミナー

 (1)「工場の生産性が劇的に向上する!!「工場内物流の基礎知識」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/16753
 
 (2)「たったの90分で物流改善ノウハウが身につく!!
   「サプライチェーンの全体像と効率化の取組」」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/15993

 (3)「輸送改善の基礎知識」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17918

 (4)「目からウロコの調達物流改善」
  https://www.monodukuri.com/seminars/detail/17921

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
メルマガも合わせてどうぞ
物流人財育成
効果的な物流セミナーはココがお薦め!!
常に最新情報をチェックしましょう!!


国際物流総合研究所
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

Kein

さまざまな業種が集まっています
にほんブログ村 企業ブログへ
コンサルタントをお探しなら・・・
経営を学べます
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ぜひお読みください!
Archives
QRコード
QRコード
書籍探しなら・・・
  • ライブドアブログ