収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ

会社の収益を圧迫しかねない物流コスト。会社の中で目に見えづらい物流コストを可視化し、今日からでも改善できるポイントをやさしく解説します。一緒に物流改善に取り組み、物流改善のプロとして収益向上に貢献しましょう。

物流商品

喜ばれる物流の創造 ハンガー物流という発想

私たちの生活は物流によってどれほど豊かになっているか、大抵の方は気づいていないと思います。一昔前はテレビや雑誌などの一部で行われていた通信販売が一般的となり、その利便性を私たちは享受しています。

スマートフォンやPCで意図も手軽に発注でき、翌日には自宅に商品が届きます。この通信販売で購入するものが街でも手に入る一般商品であるところが特徴です。

一方で各地の名産品も通信販売で手軽に手に入るようになりました。これによって私たち消費者も嬉しいのですが、生産者側もローカル営業から一気に全国営業に飛躍することができたのです。お互いWin-Winの状況が確立できたわけです。

この通信販売に代表される生活を豊かにする物流商品が消費者に喜ばれるようになってきたのです。

靴の宅配型修理も嬉しい物流商品です。この商品の強みは「無料」で引き取りと宅配を行ってくれることでしょう。

先日この商品を知らない人に配送料をいくらまでだったら払ってこの商品を利用したいか聞いたところ、250円なら、という答が返ってきました。それを最初から無料にしたところがこの商品の強みだといえるでしょう。

ハンガー物流も小売店にとってみると嬉しい物流商品です。ハンガー物流とは、衣類をハンガーに掛けたまま倉庫に保管し、オーダーに基づいてハンガーのままトラックで輸送し小売店まで届ける物流です。

今までは衣類の物流といえば服を折り畳んで段ボール箱に詰めて運ぶということが当たり前でした。この方式の場合、服に付いた皺を小売店で取らなければならなかったのです。

折り畳んで段ボール箱で運ぶということは「物流の論理」に過ぎません。服に皺を発生させるということは、物流品質の問題でもあります。厳しい見方をすれば、手軽に物流コストを下げるために商品にダメージを与えていた、と言えそうです。

小売店で皺とり工数を無くすことができたとともに、ハンガー台車で店舗内を移動することで商品がお客様の目に触れ、売上につながるといった副産物もあったと聞いています。

次回に続きます。


【物流セミナー情報】

1.大阪でトラック輸送の効率化のセミナーを実施します!

  「トラック輸送の効率化 輸送の見直し&輸送コスト削減
   〜物流コストの60%を占める輸送費にメスを入れる!〜」

 2019年7月23日(火) 10:00〜17:00
 大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.opmia.or.jp/seminar/5027

2.東京で物流IEをテーマとしたセミナーを実施します!

  「物流IEで現場改善体験講座」

 2019年7月24日(水)10:00〜17:00
 イー・ロジット東京セミナールーム

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.e-logit.com/seminar/20190724k.php

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 

喜ばれる物流サービス(2) 今までの仕事の延長線上にチャンスあり

価格だけで選ばれる仕事は少々むなしさを感じざるを得ません。やはりその会社だからこそやって欲しい、その物流商品だから買いたいという評価はいただきたいものです。

そのためには単純な運送では難しいので一工夫が求められます。その工夫はお客様との会話の中から見つけていくしかありません。

顧客のところに行きづらい、お客様と話をすることは苦痛といっている限りは利益率の高い仕事は見つからないでしょう。

そうはいっても実際には難しいという人のために、今回は少しヒントを示してきたいと思います。

まず今までの仕事の延長線上にチャンスあり、という視点で見てみるとよいと思います。たとえば運送を行っているのであれば、その前に「荷揃え」という業務があります。

そして配車を行うための「荷量計算」という仕事があります。このような仕事を運送にプラスアルファで提案してみてはいかがでしょうか。

さらに荷量計算を行うためのデータ整備などを請け負ってみることも一つです。荷主会社は物流をマネジメントできるスタッフは多く抱えていません。

そのため物流に必要な最低限のデータすら整備できていない会社がたくさんあるのです。荷姿の縦・横・高さ寸法、そして荷姿重量などを作成してあげることは喜ばれること間違いありません。

さらに運送が終わった後の工程もじっくりと見てみます。そうすると、届いた荷物を仕分けたり棚入れを行ったりしていることに気づくでしょう。

ですからこのような構内物流業務を請け負うことを提案してみるのです。特別な技術が必要な仕事ではありませんから、すぐにでも対応が可能なはずです。

もちろんセットで在庫管理業務を請け負うことも考えてみるとよいのではないでしょうか。

以上に示した業務すら請け負っていない会社が大半ですから、提案してみる価値は大きいと思います。特に物流マネジメント関連業務はよい価格で受注できる可能性が高いと思われます。

ポイントは他社と少しでも差別化できる点です。何も背伸びしなくても差別化できる点などいくらでも見つかるでしょう。

ではもっと価格も利益もよい業務をどのように見つけたらよいでしょうか。これは運送の前後工程だけではなく、その会社のサプライチェーン全体を俯瞰してみると見えてきます。

次回に続きます。


■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 1月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第16回 工場物流効率化の進め方(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

FC2ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ブログランキング

利益率を確保する物流会社の取組 利益の出る会社と出ない会社

我が国の物流会社の利益率は2%前後だと言われています。他産業に比べて決して高い率だとは言えません。なぜこのような率になっているのでしょうか。

一方で6%以上の利益率を稼ぎ出している会社もあります。この違いはどこにあるのでしょうか。その理由の一つに取り組む仕事の違いが挙げられます。

前回もお話させていただきました通り、コモディティ化された物流商品では他社と違いが出ないため価格競争になります。顧客からすれば差が無いのであれば最安値で提供してくれる会社に発注するのは当然のことでしょう。

比較的利益率の高い会社はコモディティ商品以外の物流を実施しています。例えば物流コストというよりも品質を重視する荷主の仕事です。

その典型が精密機械といった極めて高い水準の輸送品質を求める荷主の仕事です。こういった荷主は物流品質の高い会社からサービスを提供してもらいます。

求める物流品質レベルが高度なため、それに対応可能な物流会社だけが取引先となります。そうなるとどこでもできる仕事ではなくなるため、それができる会社は高い値で売れることになるのです。

またリバース物流のようにあまり他社がやっていない物流を進んで実施するような会社も比較的高利益を享受しているようです。

つまり他社より一歩進んだ工夫やちょっとした努力、そして柔軟な発想を持った会社が利益を出せるということでしょう。

よく燃料費が上がったものの荷主からその分回収できないとか、荷主の無理難題を引き受けるために収益が上がらないなどといった「泣き言」ばかりの物流会社の話を聞くことがあります。

気持ちはわからないではありませんが、それを言ったところで解決にはなりません。経済状況などの条件はどこの会社でも同じです。

泣き言をいうくらいなら荷主と交渉する、新たな仕事を取りに出かける、他社と差がつく儲かる物流商品を生み出すといった前向きな取り組みに時間とエネルギーを割いた方がよろしいかと思います。

さてここで言う「他社と差がつく儲かる物流商品」ですが、その範囲は今までの仕事の領域から一歩外に出たところにあると考えられないでしょうか。

つまり物流商品と言いつつも、実態は物流である必要はないということです。

次回に続きます。


★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略〜荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社〜』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!〜荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ブログランキング

物流の効用を強調する(3) 消費者の夢をかなえる物流商品

物流はコストとして見られがちです。そのため、物流はムダでありそれをそぎ落としていこうというアクションにつながっているのです。

しかし物流コストを下げるだけが物流改善ではありません。むしろ物流でコストをかけ、他で効率化を図った方が会社としてメリットがあることもあるのです。

たとえば最近の通信販売では物流でコストをかけてリードタイムを短縮し、顧客サービスを高めることで売り上げを伸ばしている会社があります。

この背景にはこういった手法をとった方が会社収益上メリットがあるという判断があったのでしょう。同じような事例はいくつもあるはずです。

「あなたが好きな場所で、好きな時間に受け取ることができます!」というようなサービスを考えたら多くの消費者は肯定的に受け止め、そのサービスを使ってみたいと考えるでしょう。

要は物流としてはこういった販売促進に貢献できる商品をいかに低コストで提供できるか、ということが課題となるのでしょう。

何も消費者の大多数が「配送料無料」でなければだめだと思っているわけではありません。配送料が適正であればその分を負担しても良いと考えているのです。

通信販売の利用者は「即日配送」や「翌日配送」以上に、「受け取りたい時」に届けて欲しいと考えているのです。

こういった顧客の真のニーズを把握することでコストのかかる過剰なサービスを回避することができるでしょう。

物流は工夫次第では消費者の夢を膨らますことができます。消費者の夢とは「物流によってもたらされる」効用なのです。その一例が「好きな時に手に入る」ということなのです。

その物流サービスで顧客が喜ぶのかどうか、逆に言えば喜ばれるためにどのような物流をやったら良いのか、ということを常に考えていきましょう。

繰り返しになりますが、物流商品のコモディティ商品化だけは避けましょう。付加価値を生んで収益につながる商品を提供していくのです。


★物流インターネットセミナーを始めました!★

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
ダイジェスト版を以下からご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略〜荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社〜』
ダイジェスト版を以下からご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!〜荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
ダイジェスト版を以下からご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ブログランキング

物流の効用を強調する(2) コモディティ商品化は避けよう

荷主から見て物流商品に大きな差はないと思われているとしたら、その物流商品はコモディティ化してしまっていると言えるでしょう。こうなってしまうと残念ながら荷主から見れば「一番安い物流会社に発注しよう」ということになるのです。

コモディティ化された物流商品には次のようなものが挙げられます。
・ 点から点への輸送
・ 単純な倉庫保管
・ 単純なフォークリフト作業

これを荷主に思わず買いたいと思わせる仕掛けが必要です。それが物流の効用なのです。たとえば先ほどの例を「買いたい商品」に変えるためには次のようなことを考える必要があります。

・ 複数拠点を巡回しながら輸送することで、常時高積載率を保ち大幅な輸送コスト低減に貢献する
・ 常に一定在庫量を保つために発注業務まで受託し、高品質な在庫管理業務を行う
・ フォークリフトを使ってJIT供給を行うことで、生産をコントロールする

いかがでしょうか。こうなってくると荷主に一定の便益をもたらしますので、喜んでもらえるだけではなく、それ相応の対価を得ることも可能となるのです。

このように顧客に明らかな効用をもたらす商品が収益性の良い商品になります。顧客にとってもぜひ買いたいと思える商品になることでしょう。

物流商品のコモディティ化だけは避けたいものです。もちろん、低付加価値商品でも顧客から求められれば対応しなければなりません。

しかしそこにちょっとだけでも付加価値、すなわち顧客にとっての効用を付けることが重要になってくるのです。

・ 自社に任せてもらえれば在庫精度が向上する
・ 出荷ミスが大幅に解消される
・ 顧客への配送リードタイムが1日縮まり顧客満足度が高まる

このような付加価値をつけるように心がけるようにしましょう。

次回に続きます。


★物流インターネットセミナーを始めました!★

『中小物流会社のための事業拡大戦略〜荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社〜』
ダイジェスト版を以下からご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!〜荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
ダイジェスト版を以下からご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
ダイジェスト版を以下からご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

人気ブログランキングへ
にほんブログ村
ブログランキング
メルマガも合わせてどうぞ
物流人財育成
効果的な物流セミナーはココがお薦め!!
常に最新情報をチェックしましょう!!


国際物流総合研究所
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

Kein

さまざまな業種が集まっています
にほんブログ村 企業ブログへ
コンサルタントをお探しなら・・・
経営を学べます
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ぜひお読みください!
Archives
QRコード
QRコード
書籍探しなら・・・
  • ライブドアブログ