15日午前5時35分ごろ、名古屋市西区枇杷島町の名鉄名古屋本線の庄内川橋梁(きょうりょう)下の県道で、同区に住む自営業の男性(38)が乗用車で通りかかったところ、線路の枕木を固定するための犬くぎが落下してフロントガラスに刺さった。車は衝撃でガードレールに衝突し、男性は左脇腹に軽い打撲を負った。愛知県警西署が落下原因などを調べている。

 同署によると、犬くぎは幅1.7~4センチ、重さ311グラム。胴部の長さ13.5センチ部分がフロントガラスを突き抜け、平らな頭部で止まった。道路から橋梁までは高さ4.7メートル。男性は自宅に戻る途中だった。

 名鉄によると、落下したくぎは枕木を固定していたのが抜け落ちたものではなく、何らかの原因で線路敷地内にあったとみられる。【中村かさね】

<通常国会>18日から150日間 「政治とカネ」野党追及(毎日新聞)
<訃報>前川誠郎さん89歳=元国立西洋美術館長、美術史家(毎日新聞)
<ハイチ大地震>日本政府、500万ドルの緊急無償資金協力(毎日新聞)
寒さに負けず真剣勝負! ワカサギの氷上穴釣り解禁(産経新聞)
将棋 久保、的確に寄せ先勝 王将戦第1局(毎日新聞)