鳩山由紀夫首相は19日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意の事情聴取に応じる方針を固めたことについて「(聴取を)受けるか受けないかという話は、小沢幹事長ご自身が判断されることだ」と述べた。

【関連ニュース】
小沢氏聴取要請:首相「必要に応じ自身で判断を」
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
名護市長選:首相、移設検討への影響の可能性認める
小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)
南青山の食堂店長強殺、無職男に逮捕状(読売新聞)
海保ヘリが飛行中に部品を脱落…海上か(読売新聞)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)