シルクロードや仏教を題材とした絵で知られ、昨年12月に脳梗塞(こうそく)のため亡くなった日本画家、平山郁夫さん(享年79)のお別れの会が2日、東京都内で営まれた。美術界、政財界などから2千人以上が参列し、巨匠との最後の別れを惜しんだ。

 祭壇には白い花が敷き詰められ、文化勲章なども飾られた。遺影の下には、シルクロード上の太陽と月を描いた平山さんの絵を利用した2枚のびょうぶも立てかけられ、会場に幻想的な雰囲気を与えていた。

 弔辞に立った日本美術院の松尾敏男理事長は「平山先生は生涯を通じてシルクロードという言葉を定着させ、一般の人に日本文化の原点を考えるきっかけを作った。絵画がこんな啓発力を持ったのはかつてないことだった」と故人の業績をしのんだ。

 平山さんは数多くの作品を発表する一方、世界の文化遺産保護にも尽力。東京芸術大の学長も務めた。平山さんの影響力を象徴するように、献花待ちの列は会場の外にまで伸び、時折、穏やかな表情を浮かべる平山さんの遺影を見上げ、目元をぬぐう参列者の姿も見られた。

【関連記事】
画家、故平山郁夫氏に従三位 シルクロード、文化財保護などで
【週末に想う】大壁画に浮かぶ平山画伯の思い
和歌山・九度山町で平山郁夫さんの供養会
「ユネスコは友人失った」 平山氏死去で談話
平山郁夫氏死去 「原点は瀬戸内の風景」 故郷・尾道に美術館

センバツ 入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
埼玉県警巡査長を逮捕=女子中生にわいせつ行為-神奈川県警(時事通信)
横浜事件・元被告の遺族へ補償交付…地裁決定(読売新聞)
<MMRワクチン>自閉症との関連なし 英誌が論文取り下げ(毎日新聞)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)