国土交通省近畿運輸局は10日、大阪府内で「初乗り500円」のワンコインタクシーを運行する大阪市と堺市の法人2社に対し、運賃の認可申請を却下した。タクシー適正化・活性化法が施行された昨年10月以来、法人タクシーで初めて値上げを求められた。

 申請が認められなかったのは、ワンコインタクシー敷津(大阪市浪速区、36台)と新金岡交通(堺市北区、41台)。近畿運輸局は、ワンコインタクシー敷津に対して「運転手の増員などで営業コストが膨らんでおり、初乗り500円では安全投資に必要な利潤を確保できない」と指摘。初乗り運賃は590円が妥当と通知した。

 新金岡交通に対しては、同社が運送収入を水増しした書類を提出していたため、「申請内容が真正なものと認められない」として却下した。

 ワンコインタクシーを巡っては、個人営業の8業者が昨年11月、初乗り運賃を550~660円に上げるよう近畿運輸局に指示された。【鳴海崇】

【関連ニュース】
SFJ:1000円タクシーで下関名物「ふく」を 北九州空港から送迎サービス
タクシー:乗務員の年齢制限 事故防止、待遇改善へ
なるほドリ:ワンコインタクシーはなくなるの? /大阪
路線バス:新潟駅-古町間、100円化試行へ 新潟市長が表明 /新潟
情報誌:うどんやお薦め観光地…さぬきの魅力満載 香川県人会発行、100円 /大阪

逃亡の会計士、韓国から移送され逮捕 GWG企業買収の脱税容疑(産経新聞)
首相動静(2月11日)(時事通信)
<自殺>山形の市議、前日に県警聴取(毎日新聞)
里山の開発許可下りず損害、名古屋市を提訴(読売新聞)
網走監獄 設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)