厚生労働省は3月18日、「医道審議会理学療法士作業療法士分科会理学療法士作業療法士倫理部会」の答申を踏まえ、理学療法士4人の行政処分を決めた。処分の内訳は、免許取り消しが1人、名称使用停止が3人。処分は4月1日に発効する。

 免許取り消し処分を受けたのは、金光隆理学療法士(準強制わいせつ)。

 このほか名称使用停止処分の内訳は、3か月が2人、1か月が1人だった。


【関連記事】
医師ら41人の行政処分を公表―厚労省
看護職33人の行政処分を公表-厚労省
医師ら50人の行政処分を公表―厚労省
刑事処分の「後追い」でない行政処分システムを-医療事故で日医
医療事故の法的責任、行政処分のあり方含め検討を-医療安全推進シンポ

「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
「非核二・五原則化」模索の実態が明らかに(産経新聞)
芸能人ID流出の元社員、公共無線LAN悪用か(読売新聞)
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕-福岡(時事通信)
【新・関西笑談】最高のウイスキーを求めて(5)(産経新聞)