2007年01月09日

久しぶりの投稿・・縄文の信仰でバイアグラなど不要

 随分、久しぶりの投稿です。いろいろ忙しかったから。

 さて、ブログ題目とはややずれて行きます。


 昨日は、早朝、地元の神社へ参拝を兼ねてのウォーキング。二人で。およそ、4000歩です。この神社にも脇社があります。荒神さんと御鉾さん。そして名もない小さな祠の神々。この小さな祠の神々こそが縄文以来の基底にある信仰でしょう。

 明治政府は神社を併合して、本来の縄文の信仰を、かなり破壊したのです。南方熊楠たちは猛烈に反対したのに。

 三重や和歌山では10分の1ぐらいまで併合したのです。そして官幣社、国弊社などには財政支援をして神官を官僚化して思想の統制を図ったのです。

 だから、そういう洗練された神社よりも、小さな祠の神々のほうに、縄文の精霊の力は存在するのです。産土の神さんでも、本殿の後ろにある小さな祠には、男性のシンボルを表現する石像があります。撫でてきました。我が○○○よ、雄雄しくそそり立てと願って。家内も撫でていましたね。何、願ったのかな?

 疑い深い近代人は、自我意識が強いですから、そんなわけないだろうと疑うのです。でも効くものです。フフ。
 50代や60代の洟垂れ小僧で、そそり立たないなんて、阿呆らしい。それ以前の歳からED?死ねや。バイアグラなんぞより、撫で撫で。

 さて、俗世の話。

 私は、あまり見ないけど、田○とかいうテレビ芸人のサンプロという番組。あれは、まさに洗脳番組田○は覚えめでたく、あんな番組の司会をして大いに稼いでいるが、実際は、アメリカへのおべんちゃらばかり。

 陪審員制度も、郵政民営化もみんな、アメリカが要求している年次報告書の通り。ネットウヨたちは文化大革命の頃の紅衛兵のごとく熱中して、民営化に疑問を持つ政治家、学者たちを袋叩きにした。

 竹○などがNHKの民営化を主張するのも、民放と同様に、広告で縛るため。それが証拠に層化は必要もないのにテレビで広告している。民放を縛るために決まっている。層化の会員しか読まない潮の広告を大手新聞に出すのも、広告で言論を縛るため。

 鬱病に陥る人が多ければ、世界的な製薬会社が大儲け。仕事のし過ぎで、立たない男性が多くなればバイアグラが売れて、やはり、製薬会社が大儲け。ファイザーて、どこの会社か?

 もともと、人々が生計を立てる経済の場を、金儲けの才能ばかりあって倫理心のない連中の投機の場にしたのが新自由主義という化け物。こういう連中の最高の儲けの場が戦争。対テロ戦争をやるはずだ


 鬱病もEDも国際企業にとっては、儲けるための材料に過ぎない。増えてくれたほうがよいわけだ。おまけに、一時的にしか効き目がない。リピーターとなって、なんども、製薬会社を潤す。

 ゆったり働き、女房の料理や、可愛い点を褒め、そして、和やかに過ごせば、当然、天を突くようになる。それでならないなら、神社で、撫でながら精霊にお願いすればよい。バイアグラなど不要である
h0ay8etm at 09:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数