2007年02月15日

国際収支、巨額の黒字で貧乏人が湧いてくる・・バカ政府の経済政策

おはようございます。

 昨日、春一番の風が吹いてから寒くなりました。今日も、寒い。まあ、これが普通なのかもしれませんが。今日は家庭の生ゴミ、軟質プラスティックごみを出す日です。我が地区は早朝6時半までに出せなどと言うので、早起きでした。軟質プラスティックごみは多い。何でも、ビニールで包装していますから。

 俗世の話

 経済諮問会議で太田という大臣が、中小企業の生産性を上げて、所得を高めるという、いわゆる上げ潮路線を述べていたそうです。

 中小企業は生産性が低いから、所得が低い?大企業は生産性が高いから所得が高い?違うのでは?一見もっともらしいことを述べているけど、本当は分配の問題なのでしょう。中小企業は大企業の下請けですから、大企業は優位な立場を利用して、中小企業をぶっ叩いているのが実情でしょう。

 テレビ界は異常に給与が高いけど、生産性が高いから?違うでしょう。参入の壁が高いからでしょう。さらに、そこで働く人も、試験で入社するわけでもないでしょう。さまざまな有力者の子弟がコネ入社しているのですから。高橋英樹の娘など、どこから見ても可愛くないけど。みのの息子もTBSに入社するのか?

 かくのごとく、すべてコネなのです。新聞業界も、もちろん、再販制のカルテルで守られているから給与が高い。生産性のせいではない。もちろん、そのせいでテレビの制作下請けとか、新聞販売所はDQN給与だけど。テレビの製作下請けなど年収が3,400万円らしいが、時給なら、最低賃金を下回るのだろうか?時給500円台かもしれない。

 少子化で年金制度が危うい?よくも国民を騙す方法をいくらでも思いつくものだ。日本の国際収支は10兆ドルも黒字なのである。現在の為替相場なら121兆円もの金が海外から日本に流入していることになる。年収600万円ぐらいの公務員なら200万人ぐらい雇えるお金である。

 200万円ぐらいの年金受給者なら、600万人養える。こんな巨額のお金が毎年、流入している。それで、財政が大赤字で、年金が危うい?阿呆か?

 太田なんて、ぼんくら経済学者らしい。問題は生産性ではなく、分配にあるのだ。何が失敗したか?それは負担できる階層から、取るべき税を取らず、負担できない階層から税をとるからである。

 金持ちの所得税を減らして、金持ちにお金を遣わせ、それで景気をよくしようと思ったのであろうがぼんくらな心理学である。金持ちは、金が増えることが、最高の喜びなのだ。だから減税分を溜め込んだだけである。彼らは、死後の喜び、すなはちタナトスの喜びこそ最高だと思っているのである。

 私の周りにもいる。自分はお茶漬けを食べ、上下あわせて2000円ぐらいの服を着て、孫や子のため溜め込むのが。

 累進課税を、元の状態に戻せばよいのである。地方税と合わせて80%ぐらい取ればよい。さらに相続税も強化すればよい。

 その増税分を福祉に遣えばよい。貧乏人は、当然、貯めたりせず、全部、遣うから、経済は活気づくのである。

 生活保護の老齢加算分を減らす?なんて、せこい政府だろう。金持ちから分捕ってくればよいだけである。まあ、自民は金持ちの味方だから。公明は、貧乏人ばかりなのに、層化の幹部に騙されて、あんな極悪な顔をした連中に引き摺られている。

 そもそも年収200万円ぐらいで、30万円も国保税をとるのがばかげている。国民年金が支払えないのも当然だろう。

 層化の信者も、自分達が痛められるのに、自公政権を支持している。本当にマゾヒストだ。ネットウヨと同じ。マゾがたくさんいる時代である。

 奴隷商人、今は、いくらでもいるみたい。特に、理系ボケの技術者をくいものにしているのが。そんな世界から足を洗えばよい。図面を書いているより、瓶を洗うほうがもうかる時代なのだ。

 奴隷商人に囚われた人に再起の道があると訴えたい。

 新しくリカバリー(再起)と名づけた事業を考えている。構想がまとまれば、ここにも書きたい。

 hirot58987hiyoshimisuka@yahoo.co.jp 私のメールアドレス、メールしてください。
h0ay8etm at 09:53│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数