民主党の小沢一郎幹事長は2日午後、党本部で記者会見し、夏の参院選の第2次公認候補9人(選挙区8人、比例代表1人)と推薦候補1人を発表した。これで同党の公認候補は計96人、推薦候補は3人となった。
 改選数2の「2人区」では、福島、茨城、長野、静岡、京都の5選挙区で2人目の候補を決定。これにより、12ある2人区のうち、2人目の候補が決まっていないのは、国民新党が擁立を見送る方向の広島選挙区だけとなった。同党は今後、広島のほか、東京(改選数5)の3人目、大阪(同3)の2人目の候補を調整。山口、愛媛、宮崎、沖縄(各同1)でも人選を急ぐ。
 小沢氏は、2人区での複数擁立に異論が出ていることについて「無風、無競争の状態が続いているので、しんどいという抵抗が多いのは事実だ」とする一方、「競い合えば(総得票が)倍になるとは言わなくても、間違いなく5割増しにはなる」と強調した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ケアマネが介護保険書類を紛失―東京都板橋区(医療介護CBニュース)
<高校生>日本は教科書好き…体験・発言は苦手です(毎日新聞)
未承認薬・適応外薬の開発要望評価が難航(医療介護CBニュース)
秋葉原 防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台(毎日新聞)
<NHK>「みんなのうた」に不適切映像 画像を修正へ(毎日新聞)