環境省は29日、新潟県佐渡市で放鳥したトキ30羽(1羽は直後に保護)のうち、佐渡で営巣していた1組のつがいが産卵した可能性が高いと発表した。トキの自然界での産卵は1979年に佐渡で確認されて以来、国内では31年ぶり。有精卵であれば約1カ月でふ化するという。

【写真特集】トキ、放鳥から半年…7羽、たくましく越冬(09年3月)

 同省によると、このつがいは08年に1次放鳥された3歳の雄と、09年の2次放鳥の1歳の雌。28日朝から一日中、雄と雌が交代で巣に残り、座り込んでいる様子が確認されたという。同省の笹渕紘平自然保護官は「卵の有無は目視で確認できていないが、産卵した可能性が高いと考えられる」と話した。

 また、同省は、佐渡で新たに1組のつがいが営巣する様子が28日に確認されたと発表した。雄が雌の背中に乗って、くちばしを合わせるなどの求愛行動「擬交尾」も数回観察されているという。営巣が確認されたのは3組目。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
【写真特集】毎日動物園・鳥類別館
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
トキ:石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育
トキ:2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待

<郵政改革>亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
懲戒処分は757人=09年の国家公務員-人事院(時事通信)
横路衆院議長が左足骨折で入院(産経新聞)
<東京7歳児死亡>傷害致死罪に訴因変更請求 東京地検(毎日新聞)
「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)