10日に新党「たちあがれ日本」を結成する平沼赳夫元経済産業相は9日午前、夏の参院選について、石原慎太郎東京都知事は出馬しないことを明らかにした。

 平沼氏は、石原知事の任期が来年3月まであることに加え、「市場の問題や銀行の問題とか、いろいろあるから」と述べ、築地市場移転や新銀行東京への対応を抱えていることを理由に挙げた。

 また、山田宏東京都杉並区長らが来週にも結成する新党との連携は「まだ全然、接触がないから何とも言えない」としつつも、将来の可能性には含みを持たせた。都内で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
“シルバー新党”早くも暗雲 政策で深いミゾ、健康不安も
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
新党を動かしたのは邦夫氏、そして石原知事 きっかけは…
亀井氏、相次ぐ新党の動きは「不安定な政治の象徴」
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

平野官房長官、移設案を提示=沖縄知事は拒否明言-普天間(時事通信)
<富岡市長選>新人の岡野氏が初当選 群馬(毎日新聞)
衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)
石原知事、参院選出馬を一時検討=「たちあがれ」の目玉として(時事通信)