鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)は1日、強風で3月10日に折れた大銀杏(いちょう)の残った根の部分から、新芽が生えていることが確認されたと発表した。

 八幡宮によると、1センチに満たない青色の芽が吹き出しているという。3月16日に倒れた大銀杏の幹を本殿に続く石段脇に植え付け、同18日には、幹や残った根の部分の再生を願う神事が行われた。境内に設置した記帳台には1日までに、2万5000人が記帳しているという。【吉野正浩】

【関連ニュース】
鶴岡八幡宮:大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待
鶴岡八幡宮:「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開
鶴岡八幡宮:大銀杏の植え付け作業終わる
鶴岡八幡宮:大銀杏、無事に育って 一般公開--神奈川・鎌倉
鶴岡八幡宮:大銀杏の植え付け完了--神奈川・鎌倉

<わいせつ行為>男子バレー部監督が男子部員に 奈良県立高(毎日新聞)
参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」(産経新聞)
<交通事故>トラック横転し道路ふさぐ 15キロ渋滞 兵庫(毎日新聞)
<民主>2次公認・推薦候補を発表(毎日新聞)
<名張市長選>亀井氏が3選 三重(毎日新聞)