自民党の大島幹事長は29日、青森市での会合で、小沢民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で「起訴相当」という検察審査会の議決が出たことについて、「この問題をすべての案件の前提として国会運営にあたらないといけない」と述べ、連休明け以降の国会で審議拒否も辞さない姿勢を示した。

 大島氏は会合後、記者団に、「(与野党の)国会対策委員長会談で予算委員会の開催を求める。(小沢氏の)証人喚問(の扱い)を明確にすることがあらゆることの前提だ」と語った。

ロバート・ダウニー・Jr、アルフォンソ・キュアロン監督のSF映画へ出演か?
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず(産経新聞)
米加州工場の慰労金交渉妥結=トヨタと労組、閉鎖へ前進
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
<ハッブル宇宙望遠鏡>星の誕生現場の写真公開 20年記念(毎日新聞)