2012年11月17日

ピンホールカメラは分からない

カメラがデジタル化されてから、小型のレンズで撮影することが可能になり、スパイカメラと呼ばれるものが市場に出回るようになりました。自動車の鍵のような形のものや、腕時計に仕込まれているもの、ボールペンに仕込まれているものなど、気付かないように細工が施されています。これらは重要な会議の時に「言った」「言わない」というトラブルを防止するために証拠映像を撮影するのに大活躍します。しかもハイビジョン画質のものまで売られているので、会社で立身出世しようとしている人の中にはこんなツールを持っている人も少なからずいるでしょう。ただ、使い方を誤ると、当然ながら後ろに手が回ります。



h18ks86o at 15:37│ 兵庫 デリヘル